Readmore...
ふぃる
社会人として働きながらおすすめ映画や映画のロケ地などを紹介しています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

自然災害などがテーマのパニック映画5選!アルマゲドンみたいな作品も

・自然災害の映画を観たい!
・パニック映画が好き
・迫力のある映像を観たい

そんなあなたにおすすめの自然災害をテーマとした映画を5作品選びました。教訓にしなければいけない映画や、エンタメとして楽しめる映画などを紹介します。

簡単な自己紹介
  • 20代後半社会人男
  • 好きなジャンルはSF・アクション
  • 詐欺・泥棒系やギャンブル系も
  • 非日常を映画で味わいたい

記事を見るにあたっての参考にしていただけたらなと思います。

Contents

おすすめ映画5選!

デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー 公式Facebook
公開日2004年6月5日
監督ローランド・エメリッヒ
興行収入5.52億ドル
上映時間124分

2004年公開の映画。1996年公開のウィル・スミス主演の映画『インディペンデンス・デイ』の監督を務めたローランド・エメリッヒがメガホンを取っています。

映画には日本が雹に襲われるシーンもあるのですが、その雹は発砲スチロールで作られたそうです。てか災害映画割と日本が登場するな…ジオストームも日本出てきたし…

劇中では日本でもリメイクされた織田裕二と中島裕翔主演のドラマ「SUITS/スーツ」の本家アメリカ版でルイスを演じたリック・ホフマンがちょい役で出演していました。

どこで出ていたかも併せて見るとより楽しめるかもしれません。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

Fukushima50

Fukushima50 公式Twitter
公開日2020年3月6日
監督若松節朗
興行収入8.8億円
上映時間122分

2020年公開の映画。2011年3月11日に発生した東日本大震災から今年で9年が経ちます。復興オリンピックと位置付けられている2020年に、改めて当時の状況などを再現した、実話に基づくストーリー。

映像がリアルに描かれており、臨場感が凄かったです。テレビ越しに見ている映像とはわけが違います。あの日現場で何が起こっていたのか。その様子を映画という形で体験することができます。

今年(2020年)で震災から7年が経ちますが、今では震災の日以外は、話題になることが少ない為、気に留めない方も多いかもしれません。《震災を忘れてはならない》と耳にしますが、忘れないことがすべてではないと思います。

大事なのは経験を未来に向けてどう活かすか。その為の教訓として、しっかりと胸に刻むんでいただきたい。そういう思いで観てもらいたい映画。

しかし映画の内容に批判の声もあり、実際に被災した方々にとっては、こんな生易しいものじゃない。事実とは異なった演出、いいように脚色されている。そういう意見もあるかもしれません。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

コンテイジョン

コンテイジョン 公式Facebook
公開日2011年11月12日
監督スティーヴン・ソダーバーグ
興行収入1.36億ドル
上映時間106分

2011年公開の映画。2020年に流行した新型コロナウイルスの状況に似ていると、再注目を集めている今作。

さらにマッド・デイモンやケイト・ウィンスレットなど主要キャストの5人が、新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼び掛けています。

2020年に大流行した新型コロナウイルス。世界中の人々が感染し2020年3月現在で約70万人以上の人々が感染しているとの報告が。今だからこそみるべき映画だと思います

この騒動の中、とても似ている映画があると聞きつけ、鑑賞しました。本当に今の現状とそっくりで、まさに新型コロナウイルスの映画を観ていると思うくらい、似ています。

映画自体はストーリーの浮き沈みがなく、淡々と進んで行きます。その静けさが逆に怖さを演出している部分も。

作中では感染してから一気に症状が出始め、死亡してしまうケースが多くあります。咳や発熱を訴え、苦しみながら死んでゆく。そんな映像を目の当たりにすると、嫌でも感染した時の恐ろしさを知る事に。

実際に僕の住んでいる近くでも、感染者が出たというニュースが報道されており、自分は大丈夫だろと思っていたら痛い目に遭うかもしれません。気を付けろという教訓にもなるかも。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

ジオストーム

ジオストーム 公式Facebook
公開日2018年1月19日
監督ディーン・デヴリン
興行収入2.21億ドル
上映時間109分

2018年公開の映画。天候を管理する宇宙衛星が暴走し、地球に災害をもたらすといった内容の作品。主演は『エンド・オブ』シリーズなどのジェラルド・バトラー。

監督は『インディペンデンス・デイ』の製作を担当したディーン・デヴリンです。

ストーリーは割と王道ですが、全体の構成としてはどことなく『アルマゲドン』に似ているような気がします。まあ個人的にはアルマゲドン好きなので良いんですけどね。

吹替で鑑賞したのですが、意外にもそこまで悪くない感じがしました。特にブルゾンちえみは言われなければたぶん気づかなかったでしょう。

銀座も登場しますが、外国の日本に対するイメージってあんな感じなんですかね?

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

ディープ・インパクト

BS日テレ 公式Twitter
公開日1998年6月20日
監督ミミ・レダー
興行収入3.49億ドル
上映時間121分

1998年公開の映画。彗星が地球に落ちるのを防ぐ為に彗星を爆発して地球への追突を食い止めるという、どこかで聞いた事のある内容。スティーブン・スピルバーグが製作に参加しています。

ただ似ていますがアルマゲドンとはまた違った展開。同じくらい面白いし、泣かせてくれます。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』の主人公であるイライジャ・ウッドの若かりし頃や、モーガン・フリーマンなどキャストも豪華。イライジャ・ウッドの吹替は石田彰です。

感動したい気分の方には本当におすすめしたい作品。特に最後の家族との会話のシーンはまじで泣けます。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

おまけ

アルマゲドン

こちらは《感動する映画》で紹介している作品。災害映画の金字塔と言っても過言ではないくらい有名な映画ですし、個人的に大好きな映画でもあります。観たことがない方は一度観ていただきたいです。

君の名は

こちらは《旅に出たくなる映画》で紹介している作品。基本はタイムトラベル映画の立ち位置だと思いますが、意外にも彗星が落下するという点は災害映画という見方もあります。まあ規模が小さいですけどね。

関連記事

あなたは今どんな気分ですか?

旅に出たくなる映画が観たいな…
平日の夜に観れる映画ないかな…
雨だから雨にちなんだ作品を観たい

それぞれの気分やシチュエーションに合わせたおすすめ映画を紹介しています。
詳しくはこちらから

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる