Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

どんでん返しが凄い映画5選!あなたは必ず騙されます!驚きの展開が好きな人に

・どんでん返しで驚きたい
・見終わった後に考察したい
・たまには騙されたい

そんな方におすすめのどんでん返しが凄い映画を5作品選びました。まじで驚かされますし、初見は絶対騙されます。これだから映画はやめられないですよね。

簡単な自己紹介
  • 20代後半社会人男
  • 好きなジャンルはSF・アクション
  • 詐欺・泥棒系やギャンブル系も
  • 非日常を映画で味わいたい

記事を見るにあたっての参考にしていただけたらなと思います。

Contents

おすすめ映画5選!

コンフィデンスマンJP ロマンス編

コンフィデンスマンJP 公式Twitter
公開日2019年5月17日
監督田中亮
興行収入29.7億円
上映時間116分

2019年公開の映画。2018年に放送されたドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版1作目であり、ドラマに引き続き長澤まさみや東出昌大、小日向文世が出演しています。

ドラマの騙し合いがさらにパワーアップ。舞台も海外へと進出しスケールもでかくなっています。豪華なキャストの騙し合いは観ていて楽しい。

三浦春馬も出演しており、彼の雄姿を観る事ができます。主題歌のOfficial髭男dismも最高。Pretenderはまじで2019年一番聴いた曲だと思います。

今作の続編である『プリンセス編』がありますが、どんでん返しという観点から言うと、1作目の衝撃は忘れられません。何の情報もなく観て正解でした。まじでびっくりしますよ。

絶対に騙される事間違いなしです。かなりおすすめの作品です。

みんなの感想はこちら(Filmarks)

プレステージ

FOD 公式Twitter
公開日2007年6月9日
監督クリストファー・ノーラン
興行収入1.09億ドル
上映時間130分

2007年公開のサスペンス映画。『インセプション』や『ダークナイト』シリーズでお馴染みクリストファー・ノーラン監督の作品であり、ヒュー・ジャックマンやクリスチャン・ベイルなどが出演。

その主演の二人がマジシャンを演じ、お互い切磋琢磨しながら成功しようと突き進んでいくストーリー。まあ切磋琢磨と言うよりは憎み合ってる感じです。

まじで最後は驚きましたし、どっちなのか分かりません。全てが騙されているかのような感覚。映画を観終わった後にはいろいろ考えさせられますし、伏線も気づくと思います。

難しい映画を作ってきたノーラン監督ならではの感じが好きです。彼の作品が好きなら絶対ハマると思いますし、キャストも知っている人が多く出ているので、騙されたと思って見て下さい。てかもう騙されてるか…

みんなの感想はこちら(Filmarks)

ファイトクラブ

映画.com 公式Twitter
公開日1999年12月11日
監督デヴィッド・フィンチャー
興行収入1.00億ドル
上映時間139分

1999年公開の映画。鬼才デヴィッド・フィンチャーが監督を務め、若かりし頃のブラッド・ピットなどが出演。映画ファンの間では好きな人が多いみたいです。

ブラッド・ピットとエドワード・ノートンが殴り合いの場所であるファイト・クラブを設立する…という物語なのですが、徐々に展開が変わっていき、気づいたらまさかの驚きです。

最後のシーンはなかなかの見もの。ファンがつくのにも納得です。どんでん返し以外にもストーリー自体を楽しむことも出来ますし、ゴミ溜めのような雰囲気も好きです。

ブラピも若いし、ヘレナ・ボナム=カーターもヘレナ・ボナム=カーターだし、ジャレット・レトは可哀想な顔してるし…そういったキャストにも注目です。

みんなの感想はこちら(Filmarks)

ピエロがお前を嘲笑う

ピエロがお前を嘲笑う 公式Twitter
公開日2015年9月12日
監督バラン・ボー・オダー
興行収入ーーーー
上映時間106分

2015年公開のドイツ映画。天才ハッカーが起こした事件の顛末を回想を踏まえながら進んでいくストーリーになっており、ハリウッドでのリメイクも決まっています。

途中いろんな伏線がありながら、最後の展開には驚きました。ネットの世界に見立ててお互いが話すシーンなんかは、映画の特色が出ていて面白い演出です。

ドイツ映画という事でそこまで注目されていませんでしたが、内容がしっかりしていれば、みんな見ますし、広まるのも時間の問題です。

キャストも一人も知らない人でしたが、とにかく映画自体が面白いので、全然問題ありません。どんでん返しには驚きますし、最後まで観ると途中のシーンに意味が出てくると感じるはず。

ドイツ映画ですが、おすすめの作品。

みんなの感想はこちら(Filmarks)

ユージュアル・サスぺクツ

ユージュアル・サスぺクツ 公式Facebook
公開日1996年4月13日
監督ブライアン・シンガー
興行収入0.23億ドル
上映時間106分

1996年公開の映画。『ボヘミアン・ラプソディ』などの監督であるブライアン・シンガーが手掛けるサスペンスストーリーになっており、アカデミー賞では脚本賞を受賞しました。

途中までは普通なのですが、蓋を開けてみればまじかよと思うくらい、最後のネタ明かしには度肝を抜かれます。秀逸ですしあそこまで出来るのは普通に凄い。

登場人物も最初は誰が誰だか分かりずらいですが、一度覚えれば問題なし。こちらも回想スタイルで進んでいくので、時系列が混ざりますが、こちらもほぼ問題ないでしょう。

一体どうやったこんな脚本を考えるのか。思いつきそうで思いつかないですよ。それだけ驚かされますし、古い映画だと思わずに一回観てください。そんなに古さも感じないですから。

みんなの感想はこちら(Filmarks)

おまけ

マルホランド・ドライブ

こちらは《難解な映画》で紹介している作品。デヴィッド・リンチ監督の作品で、まじで意味がわからん内容。考えすぎればすぎるほどハマっていく事間違いなし。最後の展開は見逃さないで下さい。そして考察を見て下さい。

HELLO WORLD

こちらは《時間が短い映画》で紹介している作品。浜辺美波と北村匠海共演のアニメーション映画です。SF感がたまらなく、若干難しい内容ではありますが、面白いのでおすすめ。最後のシーンはきっと驚きます。

関連記事

あなたは今どんな気分ですか?

旅に出たくなる映画が観たいな…
平日の夜に観れる映画ないかな…
雨だから雨にちなんだ作品を観たい

それぞれの気分やシチュエーションに合わせたおすすめ映画を紹介しています。
詳しくはこちらから

コメント

コメントする

Contents
閉じる