Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

『君の名は』感想・評価【後半ネタバレ解説】ただの入れ替わる映画だと思ったら大間違い!

君の名は 公式Twitter

2016年8月26日公開の映画『君の名は』

大ヒットを記録し、邦画歴代興行収入では2位にランクインしました。

RADWIMPSの歌も人気となり、もはや知らない人はいない人気作品になった『君の名は』について解説していこうと思います。

Contents

評価

4.4

評価基準について

こだわりが伝わってくる最高の映画です。天気の子と合わせて見るとより一層楽しめると思います。

あらすじ

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。

町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気づく。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す

君の名は 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:新海誠
  • 音楽:RADWIMPS

キャスト

立花瀧
神木隆之介
主人公
宮水三葉
上白石萌音
ヒロイン
宮水四葉
谷花音
三葉の妹
宮水一葉
市原悦子
三葉の祖母
宮水俊樹
てらそままさき
三葉の父
宮水二葉
大原さやか
三葉の母
勅使河原克彦
成田凌
三葉の同級生
名取紗耶香
悠木碧
三葉の同級生
ユキちゃん先生
花澤香菜
先生
奥寺ミキ
長澤まさみ
瀧のバイト先の先輩
藤井司
島崎信長
瀧の同級生、メガネ
高木真太
石川界人
瀧の同級生
瀧の父
井上和彦
瀧の父
勅使河原の父
茶風林
勅使河原の父
勅使河原の母
かとう有花
勅使河原の母

※三葉のクラスメイトの3人組やラーメン屋の店主などは、エンドロールには名前がありませんでした。

映画を観るなら…

映画『君の名は』は以下の動画配信サービスで配信されています。

感想・解説

良かった・面白かった点

今作は、正直劇場で公開されたときは、あまり注目していませんでした。たぶんそういう人は多かったのではないでしょうか。劇場では見ませんでした。しかし・・・

なぜ劇場で見なかったのか、非常に後悔しています。

めちゃくちゃいい映画ですね。

これだけ大ヒットして社会現象になったのも納得するくらい、いい映画でした。

最初はただの入れ替わる映画なのかなと思っていましたが、そんな甘い考えは捨てたほうがいいです。新海監督さすがとしか言いようがありません。

そしてRADWIMPS最高!!今まで特に熱心にRADの歌を聴いていたわけではないですが、「君の名は」の劇中歌は死ぬほど聞きましたね。本当に甲乙つけがたい、どれも素晴らしい曲ばかりです。

特にイントロ、映画の最初に流れる「夢灯篭」は、私たちを映画の世界に一気に引き込んでくれる曲で、短いですけど印象的な曲です。

瀧(神木隆之介)と三葉(上白石萌音)が同時にセリフを言って、その後に「夢灯篭」が流れるシーンは、何回でも見られます。

RADの野田さんの、最初の歌詞の前の、息を吸う所からもう歌は始まっていると思います。最高です。

個性豊かなキャスト

主人公の立花瀧ですが、最初「瀧」が苗字だと思ってて、名前だとは思わなかったので、知ったときは少し驚きました。

まあネームプレートとかにも「立花」と書いてあったので、しっかり見てろよと言われても仕方ないですね。

それにしても「瀧」演じる神木隆之介さん。声の演技うまいですね。

特に入れ替わってる時の、女の子っぽいセリフとか、仕草がすごくうまいです。何回か「ひやぁっ」と言うセリフがありますが、再限度がすごくて、もうほとんど女子です

あとは三葉も女の子らしくて、とても可愛いです。

いつも学校では、テッシー(成田凌)とさやちん(悠木碧)と一緒にいます。入れ替わっている時の記憶がないので、二人からは「昨日変だったよ」とか言われます。

田舎にいるのが嫌で、東京に憧れています。四葉(谷花音)に「口噛み酒を売って、東京行の資金にしたら?」と言われます。

その時に「酒税法違反!」というセリフがありますが、恥ずかしがってる感じがいいです(笑)

映像のこだわり

新海監督の作品は、やはり映像にすごくこだわっていると思います。

まず、扉が開閉するシーン、独特の画角でとても面白いです。普段あんなところから見ることはないので、斬新だなと思いました。

それとタイムラプス映像が所々使われていました。最初の歌のシーンや、糸守湖や、東京の風景などでも使われていて、普通とは違う感じで、映像にメリハリがでていて、良かったです。

途中、宮水神社の御神体の所へ行くシーンは、紅葉がきれいで、幻想的です。

その帰りにおばあちゃんが言ったセリフがとても印象に残っています。

御神体に行った時には、三葉と瀧は入れ替わっていました。

その時おばあちゃんが、「結び」の話をします。時間の流れ、ねじれたり、絡まったりなど・・その帰り道におばあちゃんが三葉に

「おや、三葉。あんた今、夢を見とるな」

そこで場面は切り替わります。おばあちゃんは気づいていたみたいです。

御神体や口噛み酒は、物語の後半で、とても重要な役割を果たします。

あとは、瀧と三葉がそれぞれ涙を流すシーンがあります。

「天気の子」でも須賀さんが涙を流すシーンがあります。本来涙が流れるときではない場面なので、何か深い意味があるのかもしれません。

劇中歌について

劇中歌4曲はもちろんどれもいいですが、BGMもすべてRADWIMPSが手掛けているので、映画全体で統一感があって、まとまっている感じがします。

劇中歌

  • 夢灯篭
  • 前前前世
  • スパークル
  • なんでもないや

どれも素晴らしい曲で、ほぼ毎日聴いていました。

特に好きなBGMは、糸守を救うために三葉、テッシー、さやちんの3人で作戦会議をする時に流れる軽快なリズムのメロディです。

なんとも言えないわくわく感があって、好きです。

もちろん「スパークル」や「なんでもないや」が流れるシーンはどれも最高です。

三葉と瀧が、かたわれ時に出会って、お互いの名前を忘れないようにと、瀧が三葉の手のひらに文字を書きます。その後、二人は別々になってしまい、だんだんと記憶が薄れてきます。

そして三葉が、町長を説得する為に走って町役場まで向かいますが、途中で転んでしまいます。その時に手のひらを開いたら・・

「すきだ」

と書いてありました。そのあとすぐに流れた「スパークル」はもうタイミングが良すぎて、感動しました。

ロケ地について

「君の名は」や「天気の子」もそうですけど、実際にある場所がロケに使われたりしています。なので聖地巡礼に行ったりなど、観光する人が増えているみたいです。

特にラストの階段のシーンは、階段の所に行きつくまでの経路を検証している人もいるらしいので、印象に残っている場面ですよね。

瀧と奥寺先輩(長澤まさみ)と司(島﨑信長)が、三葉を探しに飛騨まで行くシーンがあります。

なかなか見つからず、手掛かりも得られないまま、高山ラーメンを三人で食べます。

その時、驚愕の事実を知ることになるのです。

それにしても高山ラーメン美味しそうですね。実際に販売もしていたみたいです。


あとは、どうでもいいですが、瀧のバイト先のレストランで、クレーマーの男2人組がいました。

文句言ってる人じゃない、もう一人の人が、テッシーに似てる(笑)大人になったテッシーって感じです。

コメント

コメントする

Contents
閉じる