Readmore...
ふぃる
社会人として働きながらおすすめ映画の紹介などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『ゼロ・グラビティ』あらすじネタバレ解説!ひたすら宇宙空間の映像を感じる

ゼロ・グラビティ 公式Facebook

2013年12月13日公開の『ゼロ・グラビティ

ジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロック主演のSFヒューマン映画。事故により宇宙に放りさだれた彼らが地球に還る為に奮闘するストーリー。まじでほぼ宇宙です。

本記事はあらすじやおすすめポイント、ネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

メディカル・エンジニアであるライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)のサポートのもと、地球の上空60万メートルの無重力空間<ゼロ・グラビティ>で、データ通信システムの故障の原因を探っていた。その時、ヒューストンから「作業中止!至急シャトルへ戻り、地球へ帰還しろ!」という緊迫した命令が届く。破壊された人工衛星の破片(スペース・デブリ)が別の衛星に衝突して新たなデブリが発生し、彼らのいる方向へ猛烈な速さで迫っているというのだ。ストーンの酸素はほぼゼロとなり、意識が遠のいていく。果たしてふたりは生きて地球へ帰り、再びその足で大地を踏むことができるのか──?

ゼロ・グラビティ 公式サイト

おすすめポイント

キャプション
  1. 宇宙空間の映像美
  2. シンプルな構成
  3. 時間が短くおすすめ

感想・解説(ネタバレあり)

良かった点・気になった点

始まりから終わりまでずっと宇宙空間。そしてずっとサンドラ・ブロック。ほぼほぼ彼女一人だけで物語が進んでいきます。

まあ厳密に言うと最後は地球に着きましたが、本当にシンプルな展開で、宇宙空間に吸い込まれるような感覚。宇宙の壮大さや綺麗さは素晴らしく、映像美だけでもかなりこだわって作られていました。

ヘルメットに反射する映像も宇宙ステーションが映っていましたし、ほとんど真っ暗な映像なので、部屋を暗くして観たいですね。夜に観たら本当に映画の世界に入りこめると思います。

宇宙からオーロラも見れたので、まじで映像に関しては群を抜いて素晴らしいです。

映画冒頭でいきなり宇宙のシーンから始まり、キャストはサンドラ。ブロックとジョージ・クルーニーだけ。もう一人最初にいましたが、すぐにフェードアウト。

そしてジョージ・クルーニーもフェードアウト。まさかのサンドラ・ブロック一人で約8割ほどのシーンが進みます。彼女と宇宙だけで展開が進みます。

今までこんなにキャストが少ない映画を観たことがありませんし、ストーリーも遭難した彼らが地球に還るというお話。一切難しい内容ではありません。

そのシンプルさがある事で、宇宙と言う空間に集中できますし、宇宙でのパニックさがより伝わってきます。

途中宇宙の遥か彼方に消えてしまったジョージ・クルーニーが戻ってきた時は、やっぱりこういう展開になるのかと思いましたが、まさかの幻覚。というか彼のおかげでサンドラ・ブロックは生きられたといってもいいでしょう。

その為ジョージ・クルーニーの出演は3割くらいといったところでしょうか。なかなか贅沢な使い方をしますね。

それに加え、ちょいと残酷なシーンも。別に全然見れますが、最初の衛星の破片が飛んできて、船がバラバラになった時に、死んだ仲間の顔がくりぬかれているシーンがありました。

ちょっと怖かったですが、逆に宇宙だとあんな感じになるのかなと勉強になりました。何の勉強か分かりませんが。その後も死体が船を彷徨っていたりと…若干ホラー的な部分もありましたが、一瞬なのでほとんど影響はないと思います。

そして私が感じたことの一つに《音楽が印象的》ということ。

劇中ずっと変なぶつぶつ音みたいな音楽が流れており、なんだか恐怖感を煽っているような不気味さ。あれだけ流れていると印象に残りますし、意図的にしたようにも思えます。

まあどの作品も音楽が良いと、素晴らしいものになりますからね。実際に第86回アカデミー賞では作曲賞・音響編集賞・録音賞などを受賞しており、世界的にも認められています。

他にも監督賞など…その年のアカデミー賞を7部門受賞しており、各方面からも絶賛の声が上がっています。もちろん面白かったかどうかは映画を観た人が決める事ですが、少なくとも世間からは認められているようですね。

最後の終わり方も良い。無事に着陸したサンドラ・ブロックは這いつくばりながら陸へ向かいます。宇宙空間はずっと重力がなかったので、重力がある事に喜びを感じている様子です。

その時の立ち上がったシーンはタイトルの《ゼロ・グラビティ》つまり重力が無いのとは逆の重力を感じることができる場面になっており、この演出は好きです。

個人的には映像美とシンプルなストーリーで見やすく、さらに時間も短いので(上映時間は91分)非常に気軽に観れる映画だと思います。平日の夜とかにも観れそうですね。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

関連記事

あなたは今どんな気分ですか?

旅に出たくなる映画が観たいな…
平日の夜に観れる映画ないかな…
雨だから雨にちなんだ作品を観たい

それぞれの気分やシチュエーションに合わせたおすすめ映画を紹介しています。
詳しくはこちらから

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる