Readmore...
ふぃる
社会人として働きながらおすすめ映画や映画のロケ地などを紹介しています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

青春を感じられるおすすめ映画5選!学園ものや少年時代の懐かしさをあなたに

・あの頃に戻りたい
・青春を感じたい
・学生時代っていいよね

そんなあなたにおすすめの青春を感じられる映画を5作品選びました。子供の頃から高校生まで、あなたの青春を思い出してください。

簡単な自己紹介
  • 20代後半社会人男
  • 好きなジャンルはSF・アクション
  • 詐欺・泥棒系やギャンブル系も
  • 非日常を映画で味わいたい

記事を見るにあたっての参考にしていただけたらなと思います。

Contents

おすすめ映画5選!

ちはやふる

ちはやふる 公式Twitter
公開日2016年3月19日
監督小泉徳宏
興行収入16.3億円
上映時間111分

2016年公開の映画。今作は二部作連続公開になっており一作目が『ちはやふる-上の句-』二作目が『ちはやふる-下の句-』。そして2018年に『ちはやふる-結び-』が公開されました。

原作は末次由紀先生の人気漫画「ちはやふる」。かるた部に青春をかけた男女の熱いスポーツを描いたストーリーになっています。

三作通じても普通に面白い。どれも同じくらい熱い戦いが繰り広げられますし、百人一首にも興味が湧いてくる人もいるかもしれません。僕も影響されやすいタイプですからね。

漫画をしっかりと再現しつつ世界観を崩さないでうまくまとめていると感じました。青春×スポーツが好きな方にはおすすめできる作品になっています。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

青空エール

青空エール 公式Twitter
公開日2016年8月20日
監督三木孝浩
興行収入12.5億円
上映時間126分

2016年公開の青春映画。河原和音先生の漫画「青空エール」の実写化作品になります。主演は土屋太鳳と竹内涼真。その他にも葉山奨之や松井愛莉などが出演しています。

今作は吹奏楽部所属の土屋太鳳と野球部のキャッチャーである竹内涼真の青春模様を描くストーリーになっており、野球のシーンなどもあります。

主題歌はGReeeeNの妹分?であるwhiteeeenが担当。GReeeeNの代表曲である「キセキ」のwhiteeeenバージョンになっており、高校野球といえばキセキみたいな感じにしたかったのかも。

本家GReeeeNのキセキはドラマ「ルーキーズ」の主題歌でしたからね。

青春とスポーツを掛け合わせた見ごたえのある作品になっています。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー 公式Facebook
公開日1987年4月18日
監督ロブ・ライナー
興行収入0.52億ドル
上映時間89分

1987年公開の映画。青春映画の金字塔とも呼ばれている有名作。映画『ジョーカー』の主人公のホアキン・フェニックスの兄であるリバー・フェニックスや、「24」シリーズのキーファー・サザーランドなどが出演。

死体を探しに線路上を歩いていくのですが、何で線路を歩いているか知らない人も多いのではないでしょう。

なかなか古い映画ですが、今見ても面白さに変わりはなく、色褪せません。少年たちが喧嘩をしたり、ふざけ合いながら進んでいく姿は、昔を思い出す人もいるかもしれません。

普通にタバコも吸ってるし、何だか時代を感じます。時間も約90分と短く、シンプルで観やすい映画になっています。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

セブンティーン・アゲイン

セブンティーン・アゲイン 公式Facebook
公開日2009年5月16日
監督バー・スティアーズ
興行収入1.39億ドル
上映時間102分

2009年公開の映画。『グレイテスト・ショーマン』や『ハイスクール・ミュージカル』でおなじみザック・エフロンが主演を務めています。

37歳のおじさんが栄光の高校生活へ戻り、やり直すという青春タイムスリップ映画。自分の息子や娘と同じ学校に通ったり、息子の友人として妻と仲良くなったり…設定が奇妙で面白いです。

青春を感じられる内容と、ザックエフロンのバスケ選手の設定はまるで『ハイスクール・ミュージカル』を観ているみたいな感覚。たぶん途中から観たらどっちかわからないかも。

コメディ的要素もあり、観ていて飽きないです。途中ライト・セーバーでの戦いもあるので、スター・ウォーズが好きな人は是非見て下さい。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

虹色デイズ

虹色デイズ 公式Twitter
公開日2018年7月6日
監督飯塚健
興行収入1.1億円
上映時間109分

2018年公開の映画。水野美波先生の漫画「虹色デイズ」の実写化作品になります。主人公四人は俳優の中川大志や横浜流星、高杉真宙やGENERATIONSの佐野玲於が演じています。

キャストが豪華ですし、イケメンが勢揃いしており、目の保養になりますね。学生時代の男四人の青春模様を描いており、学生のノリが半端ない。

主題歌は降谷建志の「ワンダーラスト」ですが、挿入歌として四曲が使用されています。

  1. フジファブリック「虹」「バウムクーヘン」
  2. 阿部真央「17歳の唄」
  3. Leola「群青」
  4. SUPER BEAVER「your song」

爽快な楽曲もあり、映像とマッチしています。そして今作は原作とは比較的違う部分もあり、ファンの人はどう感じるかわかりませんが、設定を借りた別の映画だと思って見れば問題ないかと。

原作を知らない私は普通に楽しめましたけどね。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

おまけ

君の膵臓をたべたい

こちらは《感動する映画》で紹介している作品。浜辺美波と北村匠が共演する実写化作品です。感動もしますし、浜辺美波の無邪気さが最高です。学生の話がメインなので青春を感じられるはず。

ハイスクール・ミュージカル

こちらは《卒業シーズンに観たい映画》で紹介している作品。ザック・エフロンが主演のミュージカル映画。若いザック・エフロンがイケメンですし、アメリカの学園ものはいろんな意味で青春。

関連記事

あなたは今どんな気分ですか?

旅に出たくなる映画が観たいな…
平日の夜に観れる映画ないかな…
雨だから雨にちなんだ作品を観たい

それぞれの気分やシチュエーションに合わせたおすすめ映画を紹介しています。
詳しくはこちらから

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる