Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『ウォールフラワー』あらすじネタバレなし感想!青春が感じられる作品だけど…

ウォールフラワー 公式Facebook

2013年11月23日公開の『ウォールフラワー

今作の監督であるスティーブン・チョボスキーの小説を原作とした青春映画。著書は「2009年度最も推奨する本」で3位に選ばれました。エズラ・ミラーやエマ・ワトソンなども出演。

記事前半はネタバレなしであらすじ映画に対する評価感想などを解説。後半はおすすめポイントやキャストについて紹介

Contents

あらすじ

1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリック(エズラ・ミラー)とサム(エマ・ワトソン)兄妹との出会いによってすっかり様変わりする。チャーリーは初めて知る友情の素晴らしさや、初恋の胸のときめきに有頂天になっていたが……。

Yahoo!映画

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 明るい雰囲気の青春
  2. エズラ・ミラーがいいキャラ
  3. 少し違った青春ストーリー

みんなの感想はこちら(Filmarks)

感想・解説(ネタバレなし)

3.8

評価基準について

良かった点・気になった点

これぞ王道の青春映画と言わんばかりな映画。いろんな学生時代の思い出が詰まったような感じです。友人と出会い、仲間と共にいろんなことを経験していく。

本当に羨ましい内容ですが、全部そうじゃありません。後半は意外な展開になっていきますし、前半は明るいですが、後半からは深い部分まで掘り下げて物語が進んでいきます。

学園生活の醍醐味である友達と馬鹿騒ぎしたり、パーティーを開いたり、ダンスをしたり(これはアメリカだけか)、恋をしたりと…ゆったりとしながらも落ち着きながら観れます。

ストーリーは友達のいない主人公が上級生の兄弟と出会い、絆を深めていくという内容ですが、友達を作るのって大変ですし緊張しますよね。私も高校生活最初は人見知りで苦労したのを思い出しました。

この手の青春映画は誰もが懐かしいと思えたり、現役の高校生も見ていてあるある!と思えるような展開になる事が多く、何か突出した凄いシーンがあるわけではないですが、ついつい見入っちゃうんですよね。

非日常というよりは日常感を描いているので、そういう映画が好きな人にはおすすめです。

性的なシーンもまあありますが、別に普通に観れます。気まずくはならないと思います。それよりも劇中で彼女以外の人とその彼女がいる中でキスをするシーンがありますが、そっちの方がよっぽど気まずいです。

その辺にも注目して見ていただけたらなと思います。

しかし付き合ってからめっちゃ電話してきたり、苦痛に感じるシーンは共感しました。でもこれってしょうがないと思うので、うまくやっていくしかないですね。話し合った方が良いです。

見どころを紹介

青春の詰まった内容

先程も言いましたが、とにかく青春。特に仲が良いグループが出来ると、本当に楽しいですよね。その中でもいろんな経験や楽しい事・苦しい事があると思いますが、それも青春のひとつです。

エズラ・ミラーの明るいキャラ

様々なキャストがいる中で魅力的なのがエズラ・ミラー。彼の終始明るい姿は元気を貰えますし、彼に彼なりの苦しみなどもあり、その部分も彼を好きになる要素だと思います。

ジャスティス・リーグでは比較的明るめなキャラ。ファンタスティック・ビーストでは暗い雰囲気のキャラ。どちらとも似つかないような感じなので、彼のいろんな表情も見れます。

もちろんエマ・ワトソンも可愛いですよ。ハーマイオニーの時からはだいぶ成長していますよ。

ただの青春映画ではない

今作はただの明るい青春映画ではなく、少し主人公の心の様相を違った角度で表現しています。叔母さんの過去も出てきたりと、少しややこしく感じる人もいるかもしれませんが、そこま難しく考えなくて大丈夫。

むしろわかんなかったらわかんなかったで問題ありません。

それでも十分に楽しめる作品になっていると思います。まあ深く考えればいろんな考えが浮かんでくるとは思いますが。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:スティーブン・チョボスキー
  • 原作:スティーブン・チョボスキー「ウォールフラワー」

キャスト

チャーリー
ローガン・ラーマン
高校一年生
友達がいない
サム
エマ・ワトソン
最上級生
パトリックの妹
パトリック
エズラ・ミラー
最上級生
サムの義理の兄
メアリー・エリザベス
メイ・ホイットマン
最上級生
チャーリーの恋人
アンダーソン先生
ポール・ラッド
国語の先生
いい人
キャンディス
ニーナ・ドブレフ
最上級生
チャーリーの姉
ブラッド
ジョニー・シモンズ
パトリックの
恋人
アリス
エリン・ウィルヘルミ
金髪の
女の子
チャーリーの母親
ケイト・ウォルシュ
チャーリーの
母親
チャーリーの父親
ディラン・マクダーモット
チャーリーの
父親
ヘレン叔母さん
メラニー・リンスキー
ヘレン叔母さん
すでに他界してる
バートン医師
ジョーン・キューザック
チャーリーの
主治医

キャストについて

主人公のチャーリーを演じたのはローガン・ラーマン。彼はアメリカの俳優で『パーシー・ジャクソン』シリーズで主演のパーシー・ジャクソン役を演じています。

チャーリーの友人であるサムを演じたのはエマ・ワトソン。彼女はイギリスの女優でみなさんご存じ『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニー役を演じています。

他にも『美女と野獣』や『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/私の若草物語』などに出演。

サムの義理の兄を演じたのはエズラ・ミラー。彼はアメリカの俳優で『ジャスティス・リーグ』のフラッシュ役が有名。他にも『ファンタスティックビースト』シリーズではクリーデンスを演じています。

国語のアンダーソン先生を演じたのはポール・ラッド。彼はアメリカの俳優で『アントマン』シリーズのアントマン役が有名です。他にも『ナイト・ミュージアム』や『ゴーストバスターズ/アフターライフ』などに出演。

チャーリーの叔母さんを演じたのはメラニー・リンスキー。彼女はアメリカの女優で『マイレージ、マイライフ』などに出演しています。

チャーリーの主治医であるバートン医師を演じたのはジョーン・キューザック。彼女はアメリカの女優で『トイ・ストーリー』シリーズのステッキを持った可愛い女性ジェシーの声を担当。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる