Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『それでも恋するバルセロナ』あらすじ後半ネタバレ感想!情熱的な恋愛と観光名所

TELECINE

2009年6月27日公開の映画『それでも恋するバルセロナ

映画『ミッドナイト・イン・パリ』などのウディ・アレン監督作品で、スカーレット・ヨハンソンやレベッカ・ホール、ペネロペ・クルスなどが出演しています。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを離れ、ひと夏をバルセロナで過ごすことに。ある日、2人はセクシーな画家、フアン・アントニオと出会う。クリスティーナが一目で恋に落ちる一方で、ヴィッキーも少しずつ、戸惑いながらも彼に惹かれていく―。ヴィッキーの悩みとは裏腹に、順調につき合いだしたクリスティーナとフアン・アントニオ。そこにフアン・アントニオの元妻、美しく、激しいマリア・エレーナまで現れて……。惹かれあう4人の関係は予想不可能な怒涛の展開へ。

それでも恋するバルセロナ 作品情報

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 複雑で情熱的な恋愛模様
  2. バルセロナの観光名所
  3. 最後はまさかの展開

感想・解説(ネタバレあり)

3.8

評価基準について

良かった点・気になった点

スカーレット・ヨハンソンやペネロペ・クルスなど豪華なキャストが出ていたにも関わらず、今までこの映画のぞ存在を知りませんでした。

しかし鑑賞してみると、バルセロナの美しい風景や、そこで繰り広げられる恋模様。バルセロナという情熱に溢れた街だからこその恋愛などを堪能する事ができます。

しかし思った感じの展開とは違く、最後の方は驚きの連続。別に悪い意味ではなく、普通に驚いただけです。それでもそんな展開になる?というくらいいろりろ仕掛けてきましたね。

ウディ・アレン監督作品は他にも見てきましたが、やっぱり彼の作風が出ていますし、恋愛映画だけど少し王道ではない感じが魅力の一つだと思います。

まあでも情熱的な恋模様を描いているので、激しいキスシーンなどもあります。別に普通に観てられますが、一緒に観る人との関係性によっては気まずいかも。

でももう観るんだったら家で観ると思いますし、そうなればいささ変な雰囲気にはならないでしょう。恋人同士で観る事が多いでしょうから。

そして恋愛の関係性がまた恐ろしい。バルセロナに観光しに来たクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)。二人は恋愛観は違いますが一人の男を好きになります。

その人物がアントニオ(ハビエル・バルデム)。最初はアントニオとクリスティーナが良い感じになりますが、いろいろあってヴィッキーとアントニオも体の関係に。もちろんクリスティーナとアントニオも。

まあそこまでは別に驚く事ではないです。しかし中盤くらいでアントニオの元妻であるマリア(ペネロペ・クルス)が登場。彼女とクリスティーナとアントニオの三人で一つの家に住むことに。

まあマリアが厄介で、自殺を図ろうとしたり、恋人を殺そうとしたり…手の付けられない女性。しかし三人で過ごす事で彼女も安定していきます。

しかしここで衝撃の展開が。親密になりすぎたのか…クリスティーナとマリアがまさかのキス。まじでか?と思いましたが、その後なんやかんやで恋人同士に。

しかもそれをアントニオは知っているので、アントニオとクリスティーナとマリアの三人がそれぞれ恋人同士になるという奇想天外な展開に。まじでこれには驚きましたね。

昨今は男女関係にもいろんな形があり、多様性なのはとてもいい事ですが、三人それぞれという関係はいいのでしょうか?まあそれで調和が取れてるならいいのかもしれませんが…。

それに加え、ヴィッキーとクリスティーナが滞在させてもらっていたヴィッキーの親戚の女性が、夫の共同経営者と不倫に近いような事をしていたり、最終的にはヴィッキーとアントニオが良い感じになり…

そこにやってきたマリアに銃で撃たれそうになったりと…そういった複雑な恋愛も楽しむことが出来る映画になっています。

そしてやっぱりバルセロナという街の魅力が存分に発揮されています。

サグラダ・ファミリアやグエル公園、カサ・バトリョなど、ガウディ建築を楽しめるので、建築好きやガウディが好きな人にもおすすめ。

僕もアントニオ・ガウディの建築は大好きで、一生に一度は生でサグラダ・ファミリアを見たいと思っています。2026年に完成予定らしいので、いずれ見にければと。難しそうですが。

そして音楽も印象的でバルセロナっぽい?音楽が時折流れるので、観光気分に浸ることができますし、映画の世界観にも引き込まれます。

そういった観光的な部分やバルセロナの風景、そして奥深い情熱的な恋愛を楽しめる映画になっていると感じました。終始ナレーションでストーリーが進んでいく感じも好きです。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:ウディ・アレン

キャスト

フアン・アントニオ
ハビエル・バルデム
画家
ダンディ
ヴィッキー
レベッカ・ホール
クリスティーナの親友
婚約してる
クリスティーナ
スカーレット・ヨハンソン
ヴィッキーの親友
明るい性格
マリア・エレーナ
ペネロペ・クルス
アントニオの元妻
ジュディ・ナッシュ
パトリシア・クラークソン
ヴィッキーの親戚
屋敷を貸す
マーク・ナッシュ
ケヴィン・ダン
ジュディの夫
ダグ
クリス・メッシーナ
ヴィッキーの
婚約者
ナレーター
クリストファー・エヴァン
・ウェルチ
ナレーター

キャストについて

アントニオを演じたのはハビエル・バルデム。彼はスペインの俳優で『007/スカイフォール』『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『DUNE/デューン 砂の惑星』などに出演。

クリスティーナの親友ヴィッキーを演じたのはレベッカ・ホール。彼女はイギリスの女優で『プレステージ』『アイアンマン3』『ゴジラvsコング』などに出演。

2020年公開の映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』にも出ており、今作と同じくウディ・アレン監督作品です。

ヴィッキーの親友クリスティーナを演じたのはスカーレット・ヨハンソン。彼女はアメリカの女優で『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役が有名ではないでしょうか。

他にも『her/世界でひとつの彼女』『LUCY/ルーシー』『マリッジ・ストーリー』『ジョジョ・ラビット』などにも出演。

ヴィッキーの親戚の女性ジュディを演じたのはパトリシア・クラークソン。彼女はアメリカの女優で『ジュマンジ』『グリーンマイル』『メイズランナー』シリーズなどに出演。

アントニオの元妻であるマリアを演じたのはペネロペ・クルス。彼女はスペインの女優で『パイレーツ・オブ・カリビアン/命の泉』『オリエント急行殺人事件』などに出演。

今作で夫婦役を演じたハビエル・バルデムとは共演後に結婚しています。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる