Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

『とんかつDJアゲ太郎』感想・解説【ネタバレなし】最高にアガる挿入歌も紹介

とんかつDJアゲ太郎 公式Twitter

2020年10月30日公開の映画『とんかつDJアゲ太郎

北村匠海主演のとんかつとDJを組み合わせたコメディ映画。あの伊藤健太郎と伊勢谷友介も出演しており、無事に公開が迎えられた事にほっとしています。

記事前半はネタバレなしで映画に対する評価感想などを解説。後半はおすすめポイントやあらすじキャストについて紹介

Contents

評価

4.0

評価基準について

思ってた以上にテンションがアガる楽しい映画になっています。クラブに行きたくなるような心が躍るシーンもたくさんあり、おすすめです。

感想・解説

映画自体はコメディ感が程よく入っており、まじでテンションがアガります。

挿入歌はどれも良いですし、知らない曲もありますが、なんだかフロアにいると踊りたくなるような曲ばっか。最後のシーンでは鳥肌が立ちました。

劇場でも気づいたらリズムを刻んでいるくらい、気分が良くなります。クラブにも行ったことがなく、踊ったりすることのない私でもクラブに行ってみたいなと若干感じました。

まあ劇場にあまり人がいなかったので、周りを気にせずリズムを刻めたのかもしれません。

初週の土曜日の昼くらいに行ったのですが、ほとんどお客さんはいませんでした。というか僕だけでした。

やはり伊藤健太郎や伊勢谷友介の件が響いてるのかもしれません。

しかし映画に罪はないと思いますし、映画自体はまじで楽しめるので、本当に見に行って欲しい

コメディ感も強く、三代目道玄坂ブラザーズと名乗る、主人公含め5人が集まるともうはちゃめちゃ。途中で急にYouTube始めたり、人気YouTuberとコラボしたりと…

前半は明るい雰囲気で進んでいきます。

途中アゲ太郎(北村匠海)が屋敷(伊藤健太郎)に向かって「俺とんかつDJなんでよ」と普通に言っていたのは笑いました。

ナチュラルにぼけてる様な会話が多いので、そこも楽しめる要素の一つ。

そして苑子(山本舞香)がアゲ太郎に向かって「猫動画みたい」と言っていたシーンで北村匠海が「猫!?」と言うのですが、これは完全にDISH//の猫にかけていますね。絶対に。

そして後半にかけて、映画っぽくいろんな複雑な感情が出てくるシリアスめな展開も。まあこの演出は必要ですよね。そんな簡単にうまくいくはずがない。

からの最後のDJのシーンは盛り上がりましたね。なぜあいつらが参加しているのは謎ですが、少しは役に立っていました。

屋敷のDJもかっこいいんですよね。一気にフロアの雰囲気を変えるというか、とにかくかっこいい。

本当にラストのシーンは鳥肌が立つくらい好き。

やはり心が揺さぶられるような映画は高評価を付けてしまうんですよね。いろいろありましたが、ひとまずそれは置いといて劇場で最高に盛り上がってもらいたいです。

みんなの声

おすすめポイント
  1. テンションがアガる展開
  2. コメディ感が面白い
  3. 最後のDJシーン

あらすじ

とんかつ屋3代目の跡取り息子・アゲ太郎。とんかつもフロアもアゲられる男「とんかつDJ」を目指そうとする! すべては一目惚れした苑子ちゃんの心を射止めるために。でも、豚肉にも、DJ機材にも触ったことがないアゲ太郎。いい加減な性格のDJオイリーに弟子入りしたり、大人気DJ屋敷を勝手にライバル視しちゃったり、ノーテンキなアゲ太郎の道のりは、一に勢い、二に勘違い、三に運命の出会い!?と大ハプニングだらけ!

果たして「とんかつ DJ」として頂点を目指せるのか――!?ジューシーなとんかつを揚げる音とフロアを熱狂の渦に巻き込むビートが見事に融合! これまで体感&音感したことのない、満腹絶倒コメディがここに爆誕!!

とんかつDJアゲ太郎 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:二宮健
  • 原作:イーピャオ・小山ゆうじろう「とんかつDJアゲ太郎」
  • 主題歌:ブルーノ・マーズ「ラナウェイ・ベイビー」

キャスト

勝又揚太郎
北村匠海
とんかつ屋「しぶかつ」
三代目跡取り
服部苑子
山本舞香
スタイリスト見習い
アゲ太郎の憧れ
屋敷蔵人
伊藤健太郎
IT企業社長
DJと二つの顔を持つ
尾入伊織
伊勢谷友介
DJオイリー
いいかげん
室満夫
加藤諒
円山旅館の三代目
道玄坂ブラザーズ
夏目球児
浅香航大
東横ネオン電飾三代目
道玄坂ブラザーズ
白井錠助
栗原類
道玄坂薬局三代目
道玄坂ブラザーズ
平積タカシ
前原滉
宇田川ブックセンター
三代目道玄坂ブラザーズ
勝又ころも
池間夏美
アゲ太郎の妹
よく働く
勝又かつ代
片岡礼子
アゲ太郎の母親
影で応援する
勝又揚作
ブラザートム
アゲ太郎の父親
厳格

新田真剣佑
屋敷と
一緒にいた男

伊藤沙織
屋敷と
一緒にいた女
司会者
パパイヤ鈴木
DJコンテストの
司会者
フワちゃん
フワちゃん
人気
YouTuber

出演作

伊藤健太郎

主題歌

今作の主題歌はブルーノ・マーズの「ラナウェイ・ベイビー」

映画と同じくテンションの上がるような曲です。

挿入歌を紹介

ここからは若干のネタバレを含みますのでご了承ください。

Nina Kraviz/Ghetto Kraviz

アゲ太郎が初めてクラブに来た時流れていた曲。落ち着いた感じの曲です。

Jackson Sisters/I Believe In Miracles

初めてクラブに来た時こちらも先程同様クラブに来た時に流れていた曲。アップテンポの曲です。

Gonna Make You Sweet/C+C Music Factory

みなさん一度は聞いたことある曲ですよね。高音が凄いです。

Maroon5/Suger

世界的有名なアーティストMaroon5。日本でもテレビ番組のテーマソングなどに起用されている曲もあります。

The Knack/My Sharona

この曲に聞き覚えが無いですが?テレビ番組「アメトーク」のテーマソング?として使用。

Star Guitar/The Chemical Brothers

EDM調の曲。徐々にテンションがアガります。

Belinda Carlisle/Heaven Is A Place On Earth

多くのCMやテレビで使われているので、聴いた時これか~と思った方も多いのではないでしょうか。最後のシーンで流れた時は最高でした。

The Naked And Famous/Higher

エンディングで流れました。シンプルで落ち着いた曲です。

Juicy&Crispy

こちらは映画オリジナルサウンドトラック。映画の中でも印象的な曲として使用されていました。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる