Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『天外者』ネタバレ感想解説!三浦春馬の主演作で五代友厚を演じる!凄い人だね

天外者 公式Twitter

2020年12月11日公開の映画『天外者

三浦春馬主演の歴史映画。武士の魂と商人としての才覚を発揮し、激動の幕末と明治初期を生き抜いた男《五代友厚》の人生を描いた作品です。作品名は《てんがらもん》と読みます。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若き二人の青年武士が全速力で駆け抜ける ——

五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据える二人の人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国かー。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった ——

天外者 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 三浦春馬の熱演
  2. 五代友厚の激動の人生
  3. 大河ドラマのような感じ

感想・解説(ネタバレあり)

3.8

評価基準について

良かった点・気になった点

この映画で三浦春馬が演じている五代友厚。見ている内に凄い人なんだなと理解できるようになり、それを全力で演じた三浦春馬だからこそ、ここまで良い物語になったのだと思います。

彼の演技は本当に真摯で真っすぐ、役に対する情熱が半端ないです。時には監督に「ここのシーンはこうした方が良い」と提言するくらい、役を理解しようとしていたらしいです。

彼がいない事は本当に悔やまれる事ですが、彼の名に恥じない様な映画に仕上がったんじゃないかと思います。

劇場には年配の方から若い女性までたくさんいましたが、やはり女性の割合が多かった気がします。三浦春馬のファンの方々が多く見に来られたのかもしれません。

映画自体は五代友厚の生涯にスポットを当てているので、三浦春馬を存分に見る事ができますし、悪い意味ではなく淡々と進んでいく様は、本当に五代友厚の事を世間に知ってもらいたいという気持ちがこめられていると感じます

登場人物もそんなに多くないので、スッキリした印象。

それに加え今作は、大河ドラマをみているような感じでした。音楽の使い方や、まじめでふざけた部分があんまりない所などは、エンターテインメントと言うよりはドキュメントのような雰囲気。

大河ドラマの壮大さに似たような映画だったと思います。

主演の三浦春馬の脇を固めるキャストには坂本龍馬役で三浦翔平。伊藤博文役で森永悠希。そして岩崎弥太郎には西川貴教と、比較的歴史ものの印象が無い人たちですが、普通に良かったっと思います。

三浦翔平はうまく坂本龍馬を演じていたと思います。ゲラゲラ笑う所とかの演技も似ているなと思う部分が

そういった仲間に支えられながらこの映画を作り上げていったスタッフやキャスト、そして三浦春馬には、感謝したいと思います。

長崎での修行

時は長崎。若き五代才助(のちの五代友厚)は、何やら誰かに追いかけられています。一緒に走っているのは誰だ?など疑問が多いですが、これは後程わかります。

オープニングに後のシーンを一部持ってくるというのは良くある手法ですよね。海軍の伝習所で学ぶ五代。そこには坂本龍馬や勝海舟(丸山智己)の姿もあります。

勝海舟は出番が少なかったです。おそらくこのシーンにしか出演していないと思います。

ちなみに長崎にある海軍伝習所とは、江戸幕府が作った海軍士官を養成する為の機関であり、第一期生として勝海舟や五代友厚らが学んだ場所でもあります。

その後武士に追われる事に。一緒に走っていたのは坂本龍馬。最初三浦翔平が演じていたとはわかりませんでした。追い詰められ絶体絶命の危機。しかし五代が剣を取り、敵を撃退していきます。彼の殺陣を見れるのは貴重だと思います。

しなやかな動きで敵を倒す姿。かっこよかったですね。

それにしても五代は剣を鞘から抜けないように紐できつく縛っていましたが、人を殺すことにためらいを感じている様子。理由は違えど、その姿は『るろうに剣心』の緋村剣心を彷彿とさせます。まあ剣心は逆刃刀ですけどね。

そんなことはさておき、逃げている途中でぶつかった男こそ後の初代内閣総理大臣である伊藤博文です。五代が走っている時に伊藤にぶつかり壊れてしまったと主張。

しかし意図も簡単に直してしまった彼に尊敬の念を抱き、以降仲が良くなります。そうして坂本龍馬や岩崎弥太郎らと出会い日本の未来の為に進んでいくのです。

薩摩に帰還

時は進み一年後。伝習所で学んだ五代は薩摩に帰還。そこで藩主である島津久光(徳重聡)から命を受けます。それは《蒸気船を購入する事》。海外から学ぶことの重要性を痛感するのです。

冒頭の橋の上で五代が出会った女性で、遊郭で働いているはるに再会。はるの学びたいという思いに感銘を受けた五代は、彼女の為にと書物を用意したり、次第に仲が深まってきます。

彼女は貧しい百姓の出ですが、誰でも夢を見て生きていける世の中を望んでおり、その時五代が「俺がそんな国を作ってやる」と言うシーンは感動しましたね。三浦春馬だからでしょうか。かっこよく見えるのは。

そんな中薩摩である事件が起き、イギリス人が薩摩藩士に殺されます。

これはみなさん歴史の授業でも学んだ《生麦事件》ですね。

名前の印象が強いので覚えている人もいるのではないでしょうか。イギリス側は激怒。横浜港から軍艦で薩摩にやってきます。その時捕虜としてイギリス側に捕らえられた内の一人が五代だったのです。

五代はイギリス側と交渉し、言葉巧みに相手側を説得。薩摩への攻撃をやめさせます。

てかイギリス軍の司令官の人、再現VTRとかで良く見る人じゃん!と思いました。アンビリーバボーでよく見かけますよね。

そして五代が捕らえられた事を知ったはる(森川葵)は自分を犠牲にし、五代を解放させます。五代は捕虜として捕まった事で、悪評が流れ世間から身を隠すことに。

なんとか長崎に帰還し、はるの元を訪ねるとそこにははるはいませんでした。彼女は五代を助けた引き換えに、イギリスに行ってしまったのです。そうとは知らず悲しみにふける五代。

しかしへこたれているだけでは駄目だと、自ら上申書を藩に提出。国力の向上を訴えました。後にイギリスに留学する事になります。留学する前に鹿児島の実家に帰ってくるのですが、すでに父は他界。

そして命を狙う輩まで屋敷に侵入してきます。そこで五代は紐で縛って抜けない刀のさやを破壊。剣で自分のまげ(ちょんまげ)を切り落とし、それを胸ポケットにしまいます。

後で胸ポケットの掃除大変そうですけどね。

その行動には彼の信念と覚悟が込められているのだと思います。

イギリスへ行く前五代と龍馬が二人で船の上で語り合うのですが、本当に三浦春馬と三浦翔平が素で話してる感じがして、すごく良かったシーンの一つ。まあCG感は否めなかったですが…

イギリスへ留学

こうして髪形は現代風になった五代は、イギリスに留学。多くの事を学びます。しかし髪形が変わるだけでこうも印象が変わるとは。イギリスでの五代はスーツも相まってか、今の日本でも通用するくらい、普通の男性になっていました。

そこではるらしき人物を見かけるのですが別人。聞いた話によると彼女はイギリスではなく日本にいるとの情報が。日本に帰る五代。そして案内されたのはベッドに寝かされているはるの姿が。ようやく再開する事ができましたね。

しかし彼女は病気でしょうか。ほとんど元気はありません。

五代は昔はると話した《海が見たい》というセリフを思い出し、海を見に行く事に。彼女は冒頭で橋の上で死のうとしていた事を告白。命の恩人である五代に感謝していました。

そしてようやく海を見れたと思いましたが、そこには五代の背中で息絶えるはるが。何とも悲しい展開。

この時代の恋愛って儚く感じるんですよね。一途な部分に惹かれるのかもしれませんが。劇中の中でも印象が深いシーンの一つです。そして物語は明治へと進んでいきます。

そういえば坂本龍馬は途中で暗殺されるので、もう三浦翔平は出てきません。暗殺されるのは決まっているのでしょうがないですけどね。

時代は明治へ

明治では政府に雇われ参与職外国事務掛という職に就いています。後の妻である豊子と出会い、日本を《東洋のマンチェスター》にする為、尽力を重ねます。

マンチェスターはイギリスにある都市。サッカークラブのマンチェスター・ユナイテッドが有名ですよね。

そんな事はさておき、彼は日本を守る為に、アメリカの鉄道事業やフランスの通信事業などを断り、自らの国で進める事を決断。いつまでも鴨になってては困るという決意の表れでもあります。

そんな中五代の母親が倒れたという知らせが入り、急いで駆けつけますが、すでに帰らぬ人に。くしくもその日は大阪港が開港する日でもあったのです。間に合わなかった五代ですが、部屋に置いてある地球儀を見て、何やら思う所が。

その地球儀は昔五代の父が作れと上から命令されていた時に、五代が勝手に作ったもの。その時から彼の才能が発揮されていました。母親はその地球儀をずっと大切にしていたのです

そして物語はクライマックス。五代が大阪の商人をまとめる組織みたいなものの就任式に参加。五代がリーダーになるのですが、商人からは大反発。とにかく文句を言われます。本当にガヤがうるさかったです。

しかし彼はそこで立派なスピーチを披露。昔の自分に自信のある彼らしさが戻ってきました。それも岩崎弥太郎が吹っ掛けたおかげですね。

演説中は血を吐くシーンも。吐くというよりは、咳したら血が少し出てきた程度なので、別に絵的には全然普通に見れます。

しかし彼は49歳という若さでこの世を去ります。死因は糖尿病ですが、血を吐いた事とは関係あるかわかりません。映画では死因については語られませんでしたから。

それにしても最後のシーンは良いですね。葬式やお通夜にも一人も来ないと嘆いていた五代家ですが、伊藤博文がやってきた後、外を見ると家の前から行列が。

約4500人が五代の為を思って参列。その日の大阪の機能は一時停止したそうです。

彼が自分を犠牲にしてまで日本の為に尽力した為、借金だけが残ったというエピソードまであり、いかに彼が素晴らしい人物かがわかります。最後には彼の言葉…

地位か、名誉か、金か。いや、大切なのは目的だ

という言葉で締めくくられており、日本産業の礎を築いた彼を知る事が出来て、本当に良かったと思っています。

五代友厚とは?

劇中で登場する五代友厚ですが、彼は一体どんな人物なのでしょうか?まあ彼の人生は今まで書いてきた内容で、ほぼ間違いなく解説できると思いますが、捕捉で説明しようと思います。

彼は薩摩藩出身。今で言う鹿児島県鹿児島市。1836年に生まれ、糖尿病で49歳の若さで亡くなっています。

明治政府の役人になってからは大阪を発展させる為、造幣寮(現・造幣局)を誘致したり、紡績業・鉱山業などに尽力。

さらに大阪財界人の田中市兵衛らとともに大阪株式取引所(現在のは大阪証券取引所)や大阪商法会議所(現在は大阪商工会議所)、さらには大阪商業講習所(現在の大阪市立大学)や阪堺鉄道(現在の南海電気鉄道)を設立しました。

五代友厚の最初の自邸跡は、現在の大阪市西区靱本町にある《大阪化学技術館》になっており、中之島にある新自邸は《日本銀行大阪支店》に。

ここまで凄い事をしてる人を今まで知らなかったなんて。なんだかもったいない気分です。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:田中光敏
  • 脚本:小松江里子

キャスト

五代友厚
三浦春馬
主人公
大阪経済の父
坂本龍馬
三浦翔平
土佐藩士
五代の友人
岩崎弥太郎
西川貴教
土佐藩士
実業家
伊藤博文
森永悠希
長州藩
明治政府役人
はる
森川葵
遊女
五代の恋人
五代やす
筒井真理子
友厚の母親
五代豊子
蓮佛美沙子
友厚の妻
五代秀暁
生瀬勝久
友厚の父親
五代徳夫
内田朝陽
五代の兄
大久保利通
迫田孝也
明治政府役人
元薩摩藩
徳山
六角慎司
友厚を狙う
勝海舟
丸山智己
長崎伝習所に
いた人物
島津久光
徳重聡
薩摩藩藩主
友厚の君主
料亭女将
かたせ梨乃
はるが働く
店の女将
舟木
田上晃吉
島津斉彬
榎木孝明
薩摩藩元藩主
久光の先代
きく
八木優希
はるのお店の
遊女
トーマス・グラバー
ロバート・アンダーソン
イギリス人
貿易商
西郷隆盛
宅間孝行
薩摩藩士

出演作

生瀬勝久
榎木孝明

コメント

コメントする

Contents
閉じる