Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

映画『STAND BY ME ドラえもん』無料視聴・ネタバレ感想解説!まじで泣ける

ドラえもん 公式Twitter

2014年8月8日公開の映画『STAND BY ME ドラえもん

ドラえもん映画では初の3DCG作品。大ヒットを記録し興行収入は83.8億円。日本アカデミー賞「最優秀アニメーション作品」に選ばれました。

記事前半は作品を無料で視聴する方法、おすすめポイントやあらすじ・キャストについて紹介。後半はネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説

Contents

公式フル動画配信サービス一覧

配信状況無料期間
Netflix××
Amazon Prime×30日間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
FOD PREMIUM×2週間
dTV×31日間
Disney+×31日間
TSUTAYA TV/
DISCAS

(レンタル)
30日間
music.jp×30日間

配信状況により無料でない場合があります。

〇は無料配信。△はポイント購入・レンタル。

TSUTAYA TV/DISCAS

TSUTAYA TV 公式サイト

映画『STAND BY ME ドラえもん』の視聴はTSUTAYA TV/DISCASがおすすめ

映画『STAND BY ME ドラえもん』はTSUTAYA DISCASの宅配定額サービスでDVDをレンタルする形になります。

動画配信サービスではなくDVDを再生するのが注意する点です。

動画配信プランと宅配定額サービスがセットになった、おすすめの動画配信サービスです。

TSUTAYA TV/DISCASのメリット・デメリット
  • 選べる料金プラン
  • 毎月1100P貰える
  • 旧作DVD借り放題
  • 返却期限なし
  • ダウンロード△同時視聴×
  • 新作・準新作8枚まで
  • 無料期間新作×

TSUTAYA TV/DISCASのメリット・デメリットに関してはこちらの記事で解説。無料登録後も会員として楽しむ為の参考にしていただけたらなと思います。

月額2658円で人生を楽しくしよう!

あらすじ

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。そこで聞かされたのは、のび太とその子孫たちの未来。のび太は会社に就職出来ず、自分で会社を作るも倒産。莫大な借金を残し、子孫達を困らせているという。そんなのび太の未来を変えるため、 お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、 乗り気ではない。

そこでセワシはドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、 のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。嫌々ながらも、のび太と暮らすことになったドラえもんだったが、次第に仲良くなる二人。そして、のび太の幸せのため、クラスメイトのしずかちゃんとの結婚を目指すことになる。果たして、のび太は幸せな未来を手に入れることが出来るのか。そして、ドラえもんは22世紀に帰ることが出来るのかー。

STAND BY ME ドラえもん 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:八木竜一
  • 脚本・共同監督:山崎貴
  • 原作:藤子・F・不二雄「ドラえもん」
  • 主題歌:秦基博「ひまわりの約束」

キャスト

ドラえもん
水田わさび
21世紀の未来から来た
猫型ロボット
野比のび太
大原めぐみ/妻夫木聡
のび太
源静香
かかずゆみ
しずかちゃん
剛田武
木村昴
ジャイアン
骨川スネ夫
関智一
スネ夫
セワシ
松本さち
のび太のひ孫
未来からやってくる
野比玉子
三石琴乃
のび太の
母親
野比のび助
松本保典
のび太の
父親
しずかパパ
田原アルノ
しずかちゃんの
パパ
ジャイアンママ
竹内都子
ジャイアンの
ママ
ジャイ子
山崎バニラ
ジャイアンの
先生
高木渉
のび太の
クラスの先生

出演作

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 3DCGのドラえもん
  2. 感動するシーン
  3. korosukeの文字

感想・解説(ネタバレあり)

3.9

評価基準について

今までのドラえもん映画とは違う3DCGでの作品で、アニメと実写の間くらいのビジュアルに最初は慣れませんでしたが、やっぱりドラえもんはいいですね。

原作をいろいろ組み合わせた内容になっており、ドラえもんが帰ってしまうシーンがある話もあるのですが、まじで感動します。

少し大人の雰囲気が漂う幅広い世代で楽しめる映画になっています。

映画館で友達と見た記憶があるのですが、はっきりと覚えているのどは、友達にバレないように号泣していたこと。まぁ友達にはバレていましたが。というか友達も泣いていましたが…

本当に涙が止まらず、泣かせにきてることは承知していましたが、わかっていても泣いてしまう。

心や感情が揺さぶられる映画は、内容に関わらず良い作品だと思っています。まぁ内容が悪いわけではないですけどね。

最初の方でのび太がタケコプターで空を飛ぶシーンは、アトラクションに乗ってるような気分になりましたし、相変わらず寝癖が付いてたり、ランドセルがしまってないのび太も、いつものドラえもんらしさを感じます。

未来の世界はTOYOTAやPanasonicの看板があるので、ちゃっかり宣伝しちゃってます。

そして皆さん気づいたでしょうか。未来ののび太が結婚式の日を間違えてスネ夫と電話してる時に、後ろに写っているビルに「korosuke」と書いてあります。

キテレツ大百科のコロ助の事だと思われます。原作者はドラえもんと同じ藤子・F・不二雄先生ですからね。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる