Readmore...
ふぃる
社会人として働きながらおすすめ映画の紹介などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『ソウルフルワールド』あらすじネタバレ解説!ハートフルなジョーと22番の物語

ディズニープラス 公式Twitter

2020年12月25日公開の『ソウルフルワールド

元々映画館での公開予定でしたが新型コロナウイルスの影響もあり、ディズニープラスでの配信という形になりました。ソウル(魂)になった主人公と22番と呼ばれるソウルの冒険物語。

本記事はあらすじやおすすめポイント、ネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

ニューヨークに住むジョー・ガードナーは、ジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師。ある日、ついに憧れのジャズ・クラブで演奏するチャンスを手に入れた直後に、運悪くマンホールへ落下してしまう。彼が迷いこんだのはソウル(─魂─)たちが暮らす世界で、彼自身もソウルの姿に…。そこは、ソウルたちが生まれる前に、どんな性格や興味を持つかを決める場所。でも、22番と呼ばれるソウルだけは、人間の世界が大嫌いで、何の興味も見つけられないまま、もう何百年もこの世界にいた。まるで人生の迷子のように生きる目的をみつけられない22番と、夢を叶えるために何としても地上に戻りたいジョー。正反対の二人の出会いは、奇跡に満ちた冒険の始まりだった…。

ソウルフルワールド 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 感動するストーリー
  2. ソウルの可愛い姿
  3. 瑛人の劇中でのシーン

感想・解説(ネタバレあり)

良かった点・気になった点

これを劇場で見れないなんてもったいない!そう思えるほどのハートフルな素晴らしい内容だったと思います。

所々で音楽の演奏シーンや主人公のジョーがピアノを弾くシーンはなんだか感動するというか、胸にぐっとくるようなシーンになっており、映画を要所要所で盛り上がていました。

映像も綺麗ながら、ソウル(魂)姿の主人公と22番は今まで見たことないような映像が斬新で良かったのと、線画で描かれた先生たちも面白かったです。

やっぱりピクサーは外れがないですね。ストーリーも展開もしっかりと作りこまれており、さらに飽きさせることない設定や映像など…良い評価になるのは当然って感じです。

人生の素晴らしさや絆だったり…そういった部分も描いており、楽しめる映画になっています。

ネットのレビューもちらっと目にしますが、やはり高評価が多く、多くの人に知ってもらいたい気もしますが、ディズニープラス限定の配信ですと限られてきますよね。

劇場で見ると臨場感があり、家で見るのとでは少し印象も違ってきますが、もし映画館で見てたらもっと良い映画だと感じていたかもしれません。まあしょうがないですけどね。

私は日本語吹替を見たのですが、主演のジョーを演じた浜野謙太や22番役の川栄李奈は声優が上手く、ストーリー上違和感なく進んでいきます。もちろん吹替にも一定のレベルを超えないと選ばれないと思いますが…

ジョーは浜野謙太にぴったり。てか彼はピクサーのそういったキャラはどれでもいけそうな気がします。そのくらい全てにおいて完成度が高い作品になっていると感じました。

ピアニストを目指すジョー

オープニングのシンデレラ城のシーンはやはりアレンジされており、ジャズっぽい感じになっていました。近年はここをアレンジするのが主流になっていますね。

主人公のジョーは音楽の非常勤講師として働いており生徒に音楽を教えています。ある時正規で教師に採用させるという通達が。もちろんそれは喜ばしいことですが、彼にはジャズピアニストとしての夢を捨てきれません

母親からは夢を捨て正規で働くように強く言われます。ある日元生徒のカーリーから演奏会をすると言われ彼の元に飛んでいきます。そこにはサックス奏者の女性が。バンドに欠員が出たとの事で急遽助っ人として呼ばれたのです。

ジョーのピアノを弾く姿は見入ってしまいますし、なかなかディズニー映画でこんなマジでピアノを聴くシーンもないので、印象に残るシーンの一つです。その演奏がバンドのメンバーに響いたのか、演奏会に出る事になります。

飛んで喜ぶジョー。彼の夢に一歩近づいたのです。しかしそんな世の中上手くいきません。映画ですからね。歩いていた時にうっかりマンホールに落ち、気づくと真っ暗闇の知らない世界に。

姿かたちも変わっていますが、自分は気づいていない様子。ここから一刻も早く出たいのであの世とは逆方向に走り出しますが、そこには大量のソウル(魂)が。

三途の川的な所から落ちてしまったジョーは不思議な世界に迷い込みます。落ちている途中の映像はかなり不思議な感じがして好きです。

22番との出会い

気づくとそこには小さなソウルが集まってきています。線画みたいな先生がいろいろと教えてくれます。ここは生まれる前の世界。ユーセミナーと呼ばれており、ジョーは死んではいなく複雑な存在とのこと。

ユーセミナ―というのは、まだ名前のないソウルたちが講習を受ける場所。きらめきを探す事を目的としており、22番はなかなか自分のやりたい事を見つけられません。

そこを管理する人たちから「ソウルが一つ足りない。数が合わない」と怪しまれます。ジョーが逃げ出した事で数が合わなくなっていたのです。

ソウルの世界では個性が手動で作られ、その後生命が誕生します。大きな穴から落ちるとそこには地球があり、みんなそこに向かっていますが、ジョーだけは何度も戻され地球には行けません。

それにしてもソウルを計算する時電卓みたいなやつでやってますが、本当にあれで計算できてるんですかね。

膨大な資料からいなくなったソウルが誰なのか探そうとします。その頃ジョーはなにやらセミナーの映像を見ており、ソウルには性格なども含め一つ足りないものがあり、人生のきらめきというものを見つける事で、完全体として人生をスタートする事が出来ます。

ジョーは音楽のきらめきを自分に取り入れる事で、現世でジャズピアニストとしての才能を見出し、活躍するように仕向ける企みをします。前のソウルが人間として生まれる中ジョーの番がやってきます。

彼のきらめきは22番のソウル。しかし22番はなかなか地上に行こうとしません。

無理やり22番と共に行動しますが、地上に行きたくない22番はわざと嫌われる行動し、ずっとここに留まっていたのです。

しかし彼は別の人物の名札を付けているため、知らん博士の人生を見せられますが、ジョーは本当の自分の正体を22番に打ち明け、さらに変な装置に手をかざすことで、その人の本当の人生が映し出されます。

そこで22番も博士じゃないと知り、いろんな昔の出来事が映像として流れてます。ちょっと恥ずかしいことや、ジャズをやっている場面も。しかしそこにはジョーも知らない自分の映像が。

それは彼のこれからの人生。悲しく一人で過ごして死んでいきました。どうにかしたいジョーは22番と協力し、きらめきを探そうとします。

現世に戻るジョー

二人は万物の殿堂という場所に行き、いろいろと見て回りますがなかなかピンと来るものはありません。時間切れと先生に言われ、二人は逃げようとします。秘密の抜け道を知っている22番はジョーを案内。

現世でみじめだったジョーが、現世に戻りたがってる事が不思議でならないと彼に興味を持ち始めたのです。抜け道の先は肉体と精神の間。そこは無我の境地で、ゾーンに入っている場所でもあります。

そんな人たちにイタズラするのが22番の楽しみらしく、何とも言えない趣味ですね。

すると突然大きな船がやってきて、22番の知り合いで変な杖を持った爺さんみたいなソウルが現れます。ジョーを元に戻してくれると言い、一瞬ですけど人間に戻ります。

しかしジョーは特殊。迷いこんだので魂と体が切り離されたソウルを元に戻したことはないですが、繋がりの薄い場所ならいけるかも…との事で別の場所で戻る為に瞑想をします。そこは病院。

ジョーは生死を彷徨っていました。繋がりが薄いとはそういう事だったんですね。

押されるジョー。現世に戻って喜ぶかと思いきや…まさかの猫に。しかも22番がジョーになっていました。ちょっと面白いシーンですね。入れ替わりは映画でよくある展開。

しかし22番は現世に行く事を望んでいなかったので、一歩も動かないと駄々をこねます。しかし歩き方がわからないジョー(22番)はめちゃくちゃ変な歩き方をしてます。

問題を解決する為ニューヨークの七番街にいるムーンウィンドに会いに行きます。

途中ピザを食うジョー(22番)ですが、ピザの味に衝撃を覚え、やる気を取り戻します。早速ムーンウィンドに会います。彼はソウルを元に戻す方法としてもう一度体と魂の繋がりが薄い場所で入れ替わるように指示。

時間は6時半。ジャズの演奏会は7時なのでぎりぎりですが、やるしかありません。

ジョーのアパートに戻った二人ですが、元生徒のカーリーから電話が。ジャズのメンバーの女性とジョーが遭遇した際に、彼のみずばらしい姿に心配し、別の人物を助っ人として呼ぶことに。どうしようか悩むジョー。

そこに生徒がやってきてジョー(22番は)彼女と会話し、演奏を聴いて音楽をやめようとしていた彼女は話を聞いてもらったのか、立ち直り音楽を続ける事に。それに興味を持った22番はいろいろと体験してみようと心に決めるのです。

しかし初っ端からバリカンに失敗し、床屋に行く事になります。

ジョーはそこで人生とは何なのか?などを周りの人に話をし、文句を言ってた人とも意気投合しちゃいます。ジョーへ追手が来ている事も知らずに…。

元に戻るはずが…

落ちた帽子を取る為かがむジョーですが、うっかりスーツの股の部分を割いてしまいます。困ったジョーは仕立て屋を探しますが、彼の母親には頼めないと…別の仕立て屋に向かいます。

母親はジャズを仕事にする事に反対しており、嫌みを言われるのを避ける為でもあります。

てか向かっている途中で地下鉄に売れないミュージシャンがいるのですが、日本語吹替版は瑛人が歌っています。

声で気づいた人も多かったのではないでしょうか。まさかの瑛人。結構いい歌です。香水がヒットしてからちょこちょこテレビでも見るようになり、生き残る為に頑張っていますね。

その後仕立て屋に入るのですが、看板の文字が日本語になっているのは若干の違和感を覚えます。まあわかりやすくする為にはしょうがないですけどね。

中には母親が。バレていました。やっぱりそこで言い争いになります。必死の説得で何とジョーの父親のスーツを着られることに。きっと熱意が届いたのでしょう。

うきうき気分の二人。もうすぐ帰る時間なので、準備をしようとしますが、現世でいろんな体験をした事で、少し名残惜しい気持ちが生まれてきました。

生きる情熱などを知ったジョー(22番)は生きる意味を見つける為そこから逃亡します。

追いかける猫(ジョー)ですが、そこにあの追手が。追手の策略によりソウルは切り離され、ユーセミナーに戻されてしまいます。

22番もバッジが通行証に変わり、きらめきを見つける事に成功。なんともいたたまれない気持ちですね。

ジョーと22番の絆

二人は喧嘩したまま離れ離れに。22番はバッジを捨ていつもの場所に戻り、ジョーはきらめきを見つけ現世に戻り、演奏会に参加。素晴らしい演奏で見事ジャズとしての人生をスタートさせます。

しかし22番の事や自分はこれでいいのか?など様々な葛藤が頭をよぎり、22番の思い出の品(飴やピザなど)と共にピアノを弾きます。そこで思い出すのです。

昔の自分のや生き生きと過ごす姿を。そのシーンはとても穏やかで何だかうるっとくるシーンです。

それと同時に22番の声が聞こえてきたりと…ゾーンに入り込みます。ゾーンに入り込み、ムーンウィンドと共に迷子になった22番を探しに出発。しかし22番は自我を失い、暴れだします。

怪物となって逃げだす22番ですが、何とジョーを飲み込みます。そこでは22番に対して罵倒する人間の姿が。もちろんジョーが22番に対して文句を言っている場面も。

22番が人間になりたくない理由は、これらが原因の一つでした。

きらめきとは生きる意味ではなく、生きる準備が出来た時に生まれるもの。それを理解した22番は元の姿に戻り、通行証を胸に付けます。お別れは辛いですね。

一緒に地球に向かうジョーと22番。途中までしか行けないジョーはそこで22番とお別れ。自分の運命を受け入れます。しかし先生たちの計らいで現世に戻れることに。

22番と出会い、いろんな経験を経て人生の大切さを学んだジョー。その顔は希望に満ち溢れているような清々しい顔でした。

エンドクレジットシーン

エンドロールが終わった後、ジョーたちを探していた先生が「映画は終わった。早く帰って!」と言うシーンがあるのですが、今作は映画館での上映ではなく配信という形なので、なんだかシュールな映像でもありますね。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

関連記事

あなたは今どんな気分ですか?

旅に出たくなる映画が観たいな…
平日の夜に観れる映画ないかな…
雨だから雨にちなんだ作品を観たい

それぞれの気分やシチュエーションに合わせたおすすめ映画を紹介しています。
詳しくはこちらから

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる