Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『シングストリート 未来へのうた』あらすじ後半ネタバレ感想!歌のシーンは好き

シング・ストリート 未来へのうた 公式Twitter

2016年7月9日公開の『シング・ストリート 未来へのうた

アイルランドの音楽青春映画。一目惚れした女の子を振り向かせる為にバンドを組むといったストーリーになっており、監督のジョン・カーニーの自伝的作品でもあります。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった――。

シング・ストリート 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 青春を感じさせるストーリー
  2. 音楽の良さ
  3. 80年代の再現度

感想・解説(ネタバレあり)

4.0

評価基準について

良かった点・気になった点

一目惚れした女の子を振り向かせるためにバンドを組むといったストーリーですが、その中でも青春を凄く感じられる映画。

音楽がとても良く、主人公の成長と共に歌も生き生きとしていく感じがします。気のせいか歌も後半になるに連れて上手くなっているような気が…まぁ気のせいかもしれませんが。

最初は青春的な要素に力を入れている映画かなと思ったのですが、観ていくうちに、どの曲も歌いたくなるくらいな歌です。それに加えて80年代の再現度が凄い。まぁあんま80年代わかりませんが…

服装や街並、不良の感じ、タバコを平気で吸っている所。MVも80年代の雰囲気が漂っているので、世代の人には昔を思い出せるような映画。

さらに家族の問題も描いており、アイルランドでは離婚が認められない時代だったそう。子供も大変ですよね。兄もかっこよく、助けに来てくれたシーンは好きです。

今作は監督のジョン・カーニーの自伝的な作品で、実際にシングストリートの高校に行ってたらしいです。どこまで実話かはわかりませんが、本当だったらかなり青春ですよね。

そんな青春や音楽の良さを感じられる映画になっています。それにしてもうさぎは可愛いな…

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:ジョン・カーニー

キャスト

コナー
フェルディア・
ウォルシュ=ピーロ
バンドの
ボーカル・主人公
ラフィーナ
ルーシー・ボイントン
モデル
ヒロイン
ブレンダン
ジャック・レイナー
コナーの兄
ロックの師匠
ロバート
エイダン・ギレン
コナーの父親
建築家
ペニー
マリア・ドイル・ケネディ
コナーの母親
アン
ケリー・ソーントン
コナーの姉
ダーレン
ベン・キャロラン
バンドのマネージャー
兼カメラマン
エイモン
マーク・マッケンナ
バンドの
ギター担当
ンギグ
パーシー・チャンブルカ
黒人・バンドの
キーボード担当
ラリー
コナー・ハミルトン
バンドの
ドラム担当
ギャリ―
カール・ライス
バンドの
ベース担当
バリー
イアン・ケニー
いじめっ子
バンドのローディ
バクスター
ドン・ウィチャリー
シングストリートの
校長
ミス・ダン
リディア・マクギネス
学校の
美術担当

キャストについて

ラフィーナを演じたのはルーシー・ボイントン。彼女はイギリスの女優で『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディの恋人・友人役を演じています。

そしてコナーの父親であるロバートを演じたエイダン・ギレンも『ボヘミアン・ラプソディ』のジョン・リード役で出演。

他にも『メイズ・ランナー』などにも出演しています。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる