Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ感想解説!バラバラの場面はちょっとグロい

さんかく窓の外側は夜 公式Twitter

2021年1月22日公開の映画『さんかく窓の外側は夜

漫画が原作の実写化作品で岡田将生や志尊淳などが出演。霊が視える男と霊を祓える男がコンビを組み、事件を解決していくストーリーになっています。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

書店で働く三角康介(志尊淳)は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人(岡田将生)が現れる。「僕といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と共に除霊作業の仕事をすることに。そんな中、二人は刑事・半澤(滝藤賢一)から、一年前に起きた未解決殺人事件の捜査協力を持ちかけられる。調査を進める冷川と三角は、

やがて自殺した犯人の霊と出会う。冷川が三角に触れると、犯行時の状況がフラッシュバックのように浮かび上がり、恨みがましい犯人の声が響く――「ヒウラエリカに…だまされた…」犯人の霊を通して視た情報を元に、真相へと近づいていくふたりの前に現れたのは、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)。〈ヒウラエリカ〉とは何者なのか?

連続殺人事件との関係は――?死者からのメッセージの謎を解き明かそうとする二人は、やがて自身の運命をも左右する、驚愕の真実にたどり着く…。

さんかく窓の外側は夜 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 岡田将生と志尊淳のタッグ
  2. 謎の多いストーリー
  3. ちょっとグロいシーンも?

感想・解説(ネタバレあり)

3.8

評価基準について

良かった点・気になった点

予告でずっと見ていたので、観に行こうとは決めていましたが、ちょっとグロ系やホラー系がまじってるのではないかと思いながらもおそるおそる観ましたが…

やっぱりグロ系は少しありました。ホラー的な要素も若干あったかな程度で気にしなくていいと思います。

私はグロ系とホラー系が苦手なので明らかにそのような雰囲気を醸し出してる映画は見ないのですが、今作はダークなサスペンス的映画だったので普通に見れました。

しかし序盤でのバラバラ殺人事件は少し目と耳を塞ぎたくなりました。三人の女性の遺体のパーツをそれぞれ繋ぎ合わせて一人の人間にするとう残虐な事件。

さらに切断している時の音。ちょっとリアルでその辺のシーンはやばかったです。まあ序盤を過ぎればグロい場面はほとんど無かったので良かったですが。

グロいのが苦手な人はちょっと見るのを控えた方がいいかもしれません。

ストーリーに関しては主演の二人である岡田将生と志尊淳がいちゃついてる感じなので、二人が好きな方はおすすめ。いちゃついてるってのは少しいい過ぎましたね。

実際は岡田将生が志尊淳に触れないとはっきりと霊が視えないので、そういう感じになっています。

登場人物も少なく、ストーリーもシンプルなので、観やすい反面、淡々と進んでいく感じでした。別に悪いわけではないですが、好き嫌いが分かれるかも。

岡田将生や志尊淳が時折両者の過去に入り込む場面が何度かあるので、その辺が少し理解しずらい所かもしれませんが、別に問題はないと思います。説明が少ない分、ミステリアスな雰囲気を醸し出したかったのかもしれません。

呪いを祓うという点で浮かんできたのは、大ヒット漫画「呪術廻戦」。2020年からアニメも放送しており盛り上がりを見せていますよね。両方とも同時期にやっているので、何か運命的なものを感じます。

視える男と祓える男

オープニングは三角(志尊淳)の過去のシーンから始まります、まだこの時点では何のこっちゃ分かりません。ちなみに《さんかく》ではなく《みかど》と読みます。

三角は昔から霊が視える能力を持っており、普段は眼鏡を掛けて視えないようにしています。しかしそこに霊がいるなどの恐怖は感じ取れるらしく、いそうだと思ったら眼鏡をずらし、霊を確認したりしています。

そんなある日一人の男が三角も元を訪ねます。てか三角のバイト先の本屋ですけどね。男の名は冷川(岡田将生)。彼は霊を祓える能力を持っており、霊が視える三角を助手にしたいと思っていました。

実際に三角に触ると霊がはっきりと視えます。今まではぼんやりとしか見えなかったので、三角がいれば仕事が捗る。というわけで三角を助手に誘い、除霊の仕事を共にやっていくのです。

仕事をやるに当たって三角と冷川は契約を結ぶのですが、なぜか焼き肉のタレで母音を押すというわけわからん感じになっており、ちょっとふざけてきました。

その時三角の腰が痛むのですが、後の伏線?になってきますので、覚えておいてください。しかしバラバラ死体の映像の直後に焼き肉の映像を流すという構図はとんでもねえなと感じました。

オープニング曲

てか今作はオープニングテーマがあり、映像自体は血が流れていたりと残虐ですが、あのシーンは後の事件に繋がって来る内容になっています。誰が歌ってるのかと思いましたが、やっぱりずっと真夜中でいいのに。でした。

曲名は「過眠」。まあ主題歌も歌っているので自然な流れですが…。

ちなみに主題歌は「暗く黒く」。最近映画の主題歌も多くなり、これから期待したいですね。

バラバラ事件

二人の元に刑事である半澤(滝藤賢一)がやってきます。冷川と繋がりがあるらしく、事件の調査を依頼。

それは先程も言いました女性の連続殺人事件で、遺体の一部が見つかっていないので、それを探して欲しいという内容でした。犯人は捕まりましたが拘留所で自殺。

遺体の隠し場所を自供しましたが、一部は頑なに口を閉ざした為、行方がわからず終いです。さっそく三角と冷川は犯人の自宅に行き、そこで犯人の霊を視ます。

冷川は霊の過去を見る事が出来る為、その記憶の映像を元に事件現場を探すのですが、殺してる場面がなかなかリアルで恐ろしい。廃墟の映像が出たので、そこに向かうとやっぱりそこにバラバラの死体が。

いや厳密にはバラバラではなく、それぞれのパーツが繋ぎ合わされていました。なんという光景でしょうか。これは教育に良くないですね。そこでも犯人の霊がいるのですが、何やら声が聞こえてきます。それは…

ヒウラエリカに騙された

ヒウラエリカとは一体誰なのでしょうか?

ヒウラエリカ

その頃どこかの道で一人の高校生が、通りかかった女性に道を聞いています。すると謎の声が聞こえ、道を聞かれた女性はすぐに車道の方に進んでいき、トラックに跳ねられ死亡。いきなりの展開でびっくりしたのと…

その轢かれた女性がまさかの北川景子。急に無駄づかいしてきたな。結局そのシーンしか出てきてないので、本当にカメオ出演的な感じでしたが、最近は役者の無駄遣いが増えてきている気がします。個人的には好きでいいんですけどね。

そして道を聞いた女子高生こそヒウラエリカ(非浦英莉可)であり、謎の声は彼女が発していたものです。心の声を映画を見ている人にわかりやすいように具現化した感じでしょうか。

彼女は呪いをかける事が出来る人間で、先程のバラバラ殺人事件も彼女が犯人を操っていました。呪いをかけるには穢れがいる。おそらく死体の様なもの指すのだと思われますが。

彼女はバラバラ殺人事件の遺体が置いてあった廃墟に向かいますが、すでに遺体は処理され跡形もなくなっていました。地面に手をかざすと記憶?残像?みたいなのが見え、先程冷川や三角が来た時のシーンが流れます。

それに驚いた彼女は、その人物を探すのですが、穢れが無くなればまた新たに穢れを作る可能性があり、それは事件が起こる可能性を示唆していました。そうならない為にも冷川と三角は非浦(平手友梨奈)の行方を追うのです。

新たな事件

またもや警察の半澤から依頼が。今度はとある場所で多くの人が行方不明になる事件が発生しており、おそらくそれも呪いの仕業。三人は現場に向かいますが、とてもヤバそうな場所です。

冷川や三角もただならぬ場所だと察しており、特に三角はその場所に耐える事が出来ず気を失います。その時非浦の霊的な存在が「あなた誰?」と言っていたシーンは一体何なんでしょうね。

あれは実物じゃないですよね?そんな能力もあるの?その辺の説明は特にしてくれませんでした。

気絶した三角を連れて事務所に戻る冷川。三角は夢の中で過去に記憶を見ており、映画冒頭で流れたシーンですね。霊が視えるという能力もありいじめられていた三角。

橋の下に霊がおり、忠告しても聞く耳を持たないイジメっ子の一人は霊のいる場所に行くのですが、その直後いじめっ子の姿はなく、忽然と消えてしまいました。おそらく溺れたのだと思いますが、幼い三角は驚き、その場から逃げ去ります。

この場面はこの後も何度も出てきます

眠りから覚めた三角でしたが、冷川は呪いを祓うビジネスを思いつき、呪いを産み出しそれを祓うという事を画策しますが、当然三角からは反対。人間としてはやる事が卑怯ですよね。二人は言い合いのケンカになり、三角は事務所を辞めます。

縛られてる

公園で一人考えている三角。そこに突然日浦がやってきてきます。彼女は13人もの人を呪っており、その中には北川景子もいます。被害者の接点はなく、呪いじゃ事件として立件できないです。

彼女は三角に対し「縛られてる」という謎の発言をします。それは三角の過去の映像の中に冷川がいたからです。この縛りは契約の時に交わされ、腰の部分に三角のマークが浮かんでいました。

契約の時に腰が痛んだのはこの縛りが発生したからだと思います。腰の痛みの伏線がここで回収されましたね。

呪いは返って来る

契約の件で疑問を感じている三角。冷川の過去を見た時も小さな部屋に彼が佇んでおり、冷川自身も自分が何だか分からない様子。

実は彼は15年前に起きた宗教団体の人間が謎の死を遂げる事件の生き残りであり、教祖様と呼ばれ信者を治療したりしていました。死体だらけの現場の映像はオープニングで流れた映像と同じ。

ろくな教育も受けず育ってきたので、世間一般の常識はあまり通用しません。それを知った三角は少し反省し、再度冷川の元に戻ろうとします。

その頃半澤は上司の元へ妻と向かっている最中に非浦を発見。彼女を例の失踪事件の現場の前で捕まえ問いただしますが、彼女は北川景子にやったみたいに、半澤を呪おうとします。しかし呪えず困惑する非浦。

なぜなら半澤は信じる気持ちをもっていなかったからです。信じる心を持っていないと呪う事は出来ません。

すると非浦は近くにいた半澤の妻を呪います。彼女は半澤の信じているものなので。彼女は目から血を出し植物状態みたいに動かなくなります。まったく恐ろしいなこいつは。しかし人を呪えば必ず自分に返って来るもの。

呪術廻戦の狗巻先輩が呪言の強弱で自分にもダメージが来るのと一緒ですね。たぶん…。

非浦は耳から血を出し意識が朦朧に。彼女のボディーガードである逆木が冷川と三角を拉致。非浦を治すよう指示します。一度は拒否する冷川ですが、三角は半澤の奥さんを非浦が直せると思い、非浦を救うよう説得。

無事に彼女は助かりますが、半澤の奥さんを直すのは無理だと。なぜなら奥さんを呪う時に例の失踪事件の現場のエネルギーを使った為、制御しきれずあの場所を破壊しない限り直すことは不可能です。

どうしても半澤の奥さんを救いたい三角は、一人負のエネルギーが集まる場所へ向かうのです。

ビルに乗り込む

早速一人で乗り込もうとする三角ですが、そこに非浦がやってきます。彼女は助けられた事と、わざと呪いの時に名を名乗りみんなに存在を知られたかったからだと言います。彼女も寂しかったんですね。

だからと言って人を殺してはいけませんよ。何だかすんなり仲間になりましたが、ジャンプ漫画的様子を取り入れてきましたね。

ビルに乗り込む二人ですが、中には恐ろしい場所が。呪いの集合体みたいな紐が絡んでいる場所があります。入るには道を開かなければならず、非浦は自らを犠牲にして呪いを取り込み、道を開きます。

中に入る三角ですが、呪いに耐えられず倒れます。その時過去の映像が流れ、おなじみ川でいじめられているシーン。逃げる子供の三角を大人の三角が止めます。逃げるなと。そして呪いに向き合えと。

その後冷川が登場。助けに来てくれました。さすがに彼が登場しないと話が進みませんからね。そこで呪いの中心にある謎の物体を手に取る三角。すると突然冷川の顔から血が流れ、まるで呪いにかかったような感じに。

そこで冷川の過去に入るのですが、そこですべての真相が明らかになります。てか非浦が呪いに取り込まれそうな時の映像完全に《ヴェノム》じゃん!と思いました。

マーベルファンはそう思った人がいるかもしれません。

冷川の過去

昔の冷川は母親とも離れ離れになり、一人寂しく教祖様としての働きをこなしてきました。不満がたまっている彼はある男に対し「呪ってやる」と発言。

すると周りの男や女が次々に呪われ、それが施設全体に広がり、人間同士の殺し合いが始まりました。15年前の事件の真相はこれだったんですね。驚く冷川。自分が事件を引き起こしたことにショックを受けます。

冷川が子供の頃に大事にしていたスコープが先程呪いの真ん中で引っ掛かっていたものになります。

母親が目の前で殺されたショックでスコープを落とし、それを側近の男が拾っていったので、それを今回の呪いに利用したのかもしれません。

冷川の中に入り子供の頃の冷川に出会う三角。彼は子供の頃の冷川に感謝を述べ、気づいたら眠りから覚めていました。現実に戻ってきたのですね。冷川も何事もなくて良かったです。

この辺は若干説明が少ないので、よくわからない部分もありますが、そういうスタンスでやっているのだと思います。

最後はまさかの…

無事に事件も解決し、半澤の奥さんもすっかり元気に。三角は母親に自分の能力を明かしますが、母親はかなりあっけらかんな様子で特に驚きもしません。なんていい母親なんだ。

三角も自分一人で抱えてきたものを伝える事が出来て清々しい気持ちに。

冷川も三角との契約書を破り、縛りを解きます。非浦も元気になり学校生活を送っています。みんなハッピーエンドで良かったですね。しかし最後に恐ろしい事態が。

ハッピーエンドで終わるかと思ったらまさかの非浦の腕に呪いが…そこで映画は終了します。

最後に驚きの展開を挟んできましたね、。そういうシーンはよくありがちですが、好きなのでどんどんやってください。ハッピーエンドで終わらないのも今作らしいですね。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:森ガキ侑大
  • 脚本:相沢友子
  • 原作:ヤマシタトモコ/さんかく窓の外側は夜
  • 主題歌:ずっと真夜中でいいのに。/暗く黒く

キャスト

冷川理人
岡田将生
凄腕の霊媒師
警察にも協力する
三角康介
志尊淳
書店員
霊が視える
日浦英莉可
平手友梨奈
呪いを操る力を
持つ女子高生
半澤日路輝
滝藤賢一
刑事
冷川に仕事を依頼する
半澤冴子
桜井ユキ
半澤の妻
非浦松男
マキタスポーツ
非浦の父親
宗教団体に所属
逆木一臣
新納慎也
非浦の
ボディガード
三角則子
和久井映見
三角の母親
石黒哲哉
筒井道隆
宗教団体の教祖
怪しい人物
女性
北川景子
非浦に
呪われた女性

出演作

コメント

コメントする

Contents
閉じる