Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

映画『約束のネバーランド』ネタバレ感想解説!渡辺直美の演技のインパクトが凄い

約束のネバーランド 公式Twitter

2020年12月18日公開の『約束のネバーランド

ジャンプで連載されている大人気漫画『約束のネバーランド』の実写化作品。浜辺美波ら若いキャストが出演しており、鬼が登場します。鬼滅の刃といい鬼が多いな…

記事前半はおすすめポイントやあらすじ・キャストについて紹介。後半はネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説

Contents

あらすじ

幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院、「グレイス=フィールドハウス」。そこで暮らす孤児たちは、母親代わりでみんなから“ママ”と呼ばれている、イザベラ(北川景子)のもと、里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。

エマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人も、いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていた。“その日”がくるまでは……。

里親が見つかり、孤児院を笑顔で後にするコニーを見送ったエマとノーマンは、彼女が肌身離さず抱きしめていた人形が、食堂に落ちているのを偶然見つける。忘れ物の人形を届けるため、決して近づいてはいけないと、ママから教わっていた「門」に向かった2人がそこで目にしたのは、無残にも命を奪われ、食料として出荷されるコニーの姿だった。

そう……、みんなが「楽園だと信じていた孤児院」は、実は「鬼に献上する食用児を育てる農園」で、さらには母親のように慕っていたママは、「最上級の食用児を育てる飼育監」だったのだ。全てが偽りだったと気がついた3人は、 孤児たち全員を引き連れた、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる…。

約束のネバーランド 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:平川雄一郎
  • 原作:白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」
  • 主題歌:ずっと真夜中でいいのに。「正しくなれない」

キャスト

エマ
浜辺美波
最年長
元気いっぱい
ノーマン
板垣李光人
最年長
頭がキレる
レイ
城桧吏
最年長
冷静沈着
ドン
山時聡真
年長組
パワフル
ギルダ
安藤美優
年長組
眼鏡をしている
フィル
森優理斗
4歳
ちょっと頭がいい
コニー
浅田芭路
初日に
里親に出された
ラニオン
木村皐誠
ロケットを
飛ばしていた
トーマ
溝口元太
ロケットを
飛ばしていた
クローネ
渡辺直美
新しく来た
ママ
イザベラ
北川景子
第3プラントの
ママ

出演作

城桧吏
  • となりの怪物くん
渡辺直美
安藤美優

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 三人の絆
  2. 渡辺直美のインパクト
  3. シークレットゲストも登場

感想・解説(ネタバレあり)

4.0

評価基準について

良かった点・気になった点

漫画の実写化という事で少し心配な所はありましたが、予想以上の出来で良かったと思います

原作を割と忠実に再現しながらも、ちょこちょこ変更していたので、特に最後のシーンは驚きました。最初はほとんど忠実だったので、このまま忠実に行くのかなと思われましたが…

まあでも変に変えなくて、無難に良かったです。

エマやノーマン、レイの三人の絆や心の様相をしっかりと描いており、ちょっと感動するシーンも。さらにサスペンス調のストーリーなので、要所要所で不安感を煽るような場面もありました。

その辺の感情的な部分もしっかりとあったので、良い作品に仕上がったと思います。

そして主演のエマを演じた浜辺美波はもちろん、キャストの演技も良かった。ノーマン役を演じた板垣李光人は、ノーマンの穏やかな感じをちゃんと表現していましたし、レイ役の城桧吏も若干のクセはありますが…後半の方は慣れてきて、なんだかレイっぽく感じてきました。

そして一番目立っていたのがクローネ役の渡辺直美。

キャストの中でもインパクトが強く、まあ元々原作でもインパクトはありましたが、それを超えるような独特のアレンジを加えた演技でした。

ちょっと笑かしてくるような部分もあり、サスペンス的なちょっと重い空気の中で、彼女のユーモアがうまく混ざっていて、良いバランスだと思いました。

北川景子のママも迫真の演技で、顔が怖い。子供達も可愛くて特にコニーとフィルはお気に入りなので、見てもらいたい部分の一つでもあります。

余談ですが私のブログでの名前を《ふぃる》にしているのは、フィルムのふぃると、約束のネバーランドのふぃるから取ったいっても過言ではありません。ふぃるは可愛いんですよ。

そんな子供達や主役の三人、そしてストーリーも原作をうまく生かしており、さらに途中で公式発表されていないキャストも登場。まじでびっくりしましたね。原作を知ってる方はびっくりされたと思います。

そういう面も含め、実写化の中では成功と言ってもいいでしょう。

秘密を知る

グレイスフィールドハウスという孤児院で暮らすエマや子供達。朝みんなでご飯を食べ、勉強して、遊んで…多くの子供達がごく普通の生活を楽しんでいました。子供たちは里親が見つかると孤児院を出なければならない。

お別れはとても寂しいですね。今日は6歳のコニーが出発する日。別れを惜しみながらも里親の元へ旅立ちます。

しかしコニーがずっと持っていたうさぎのぬいぐるみであるリトルバーニーが食堂の机の上に置いてある事に気づいたエマ(浜辺美波)とノーマン(板垣李光人)は急いでコニーの元へ届けます。

しかし農園のきまりで冊の外には出てはいけません。後で怒られるのを覚悟で冊の外にある門へ急ぐ二人。そこで目にしたのはなんと…コニーの無惨な亡骸。胸にバラが突き刺さっています。このシーンは比較的原作を再現していますね

まあまあグロい感じだったので映画ではどうなるかと思っていましたが、ちゃんとやってくれました。ありがとうございます。

まさかのコニーが亡くなっている事に驚いく二人ですが、そこに見たこともない鬼が現れます。とっさの事だったので車の下に隠れる二人。そこでママが鬼と話していて、自分たちは鬼の食幼児として育てられている事を知ります。

とんでもねえですな。そして鬼が何やら異変に気づき、車の下を覗くと…そこには誰もいませんでした。リトルバーニーを置き去りにしたのでママから疑われるグレイスフィールドの子供達。

そして衝撃に事実を知ったエマとノーマンは、グレイスフィールドハウスから脱獄する事を決めるのです。

ここまではほぼ原作通りって感じですが、出荷の年齢が原作の12歳から16歳に変更されています。確かに浜辺美波が12歳の設定はかなり無理がありますよね。いや行けるか…?

モールス符号

脱獄の準備の為、まずは冊の外がどうなっているかを探りに行きます。冊の外には巨大な塀があり、それを登った先は崖になっています。まずは塀を登る為にロープ作りから始めます。

しかしママもリトルバーニーの件で誰が門まで来たかを探ろうとしているので、エマを怪しみます。エマに「昨日門に行った?」と聞きますが、エマは「行ってないよ!」と嘘を気づかれないように元気に答えます。

てかその時のママ(北川景子)の顔が怖い。北川景子は結構顔の演技が強いんですよね。

まあそれが持ち味でもあるのですが。その後エマとノーマンは脱獄計画をレイに話します。するとレイはかなりあっけらかんな様子で特に驚きもしません。

なぜならエマとノーマンを門へ行くように仕向けたのはレイなのですから。詳しくは後程。そして鬼の事について図書館的な所で調べる三人でしたが、そこにフィルが来て何冊かのフクロウが描かれている本をエマ達に見せます。

何やらフクロウの絵の周りに線が書いてあり、それはモールス符号。モールス符号の原理は分かりませんが、そこには…

モールス符号
  • ダウト(疑え)
  • ラン(逃げる)
  • デンジャー(危険)
  • トゥルース(真実)
  • ファーム(農園)

などの意味があります。原作では他にも怪物や収穫などが書かれており、外の世界にいるミネルヴァからのメッセージだと考えます。それにしてもフィルは頭がキレますね。そこが若干怪しい部分でもあるのですが…

渡辺直美のクローネ

そんなこんなでいろいろ調べていたら、まさかの新しいママが登場。そう!シスター・クローネ(渡辺直美)です。彼女はイザベラ(北川景子)に呼ばれてきた女性で、エマ達の監視役を任されたのです。

早速クローネはみんなの事を知ろうと鬼ごっこに参加。体格に似合わずどんどんと子供たちを捕まえていきます。途中エマが捕まるシーンがあるのですが、クローネが門の件を知っている様子。

びっくりするエマですが、後にクローネはエマ達に協力する事になります。それにしてもノーマンとレイは鬼ごっこが強い。シスターでも全然歯が立ちません。そして渡辺直美のユーモアが凄い。彼女が一番輝いていたシーンです

その後ドンとギルダにあの日門で見たことを話します。驚いていた二人ですが、ママの事が大好きなエマが嘘を言うはずがないと、渋々受け入れます。その時のギルダの演技は良かった。迫真の演技で、将来立派な女優になると僕は思いますよ。

内通者は…

そして内通者がいるという件。言い忘れてましたが、ママの行動といい迅速な対応といい、内通者がいる事を疑うエマ達。ノーマンがロープの隠し場所をドンとギルダに伝えます。しかもそれぞれ別の場所を。

どちらかに伝えた場所からなくなっていたらその人が内通者だと。そして内通者は何と…レイでした。

まさかのレイ。でも原作を知っているので、特に驚きはしませんでした。レイはママのスパイとして情報などを流していたのですが、それと同時に脱獄の為に必要な物を得る為にママも騙していたのです。二重スパイみたいな感じです。

すべては脱獄の為に。こうしてママをに内通者だと思わせ、利用しようとするのです。しかし所々で挟んでくる三人の絆を確かめるちょっと感動するシーンは好きです。三人で外の世界に行こうと決意します。

その後情報を集める為にクローネの元を訪ねるエマ達五人。原作ではエマとノーマンしか行かなかったので、ここが少し違う所。人間と鬼の住む世界は違う。

お互い殺さない約束で、鬼の世界に食幼児を残して消えた。耳に発信機が埋め込まれてるといった情報を手に入れますが、その情報を聞いた時、耳も全く触らなかったエマ達に疑問を抱き、発信機を壊す何かを作ってるんじゃないかと疑われます。

それを上に提出すれば脱獄の確固たる証拠になるからです。早速ガサ入れをするクローネですが、エマ達もバカじゃありません。一度確認したぶたのぬいぐるみの中に発信機を壊す機械を隠しますが、クローネはさらに一枚上手でした。

ぬいぐるみを発見し、中を調べようとしますがイザベラがやってきます。どうやら本部からの通達のようです。そこには《クローネを第四プラントのママに任命する》といった内容が書かれていました。

これは喜べるものではなく、イザベラが仕組んだ罠。クローネは邪魔者として排除されます。

そして最後は鬼に…。ハウスを出る前にノーマンにペンを渡しており、報いる為とはいえ、協力してくれて最後はいい奴でしたね。しかしグランマが登場するとは。しかもこれまた公式では発表されてなかった三田佳子。ちょこちょこ驚かせてくれますね。

まさかのあの人が登場

ママを見張る隙に壁の下見をするエマとノーマン。レイはママを引きつけますが、作戦がバレていたのか部屋に閉じ込められます。そしてエマとノーマンはママに見つかり、本音で話をします。

逃げようとするエマの足を折り、脱獄をさせないようにするママ。そして極めつけは…ノーマンの出荷。

しかも明日。やはりママは手を打ってきました。絶望感に見舞われるエマ達でしたが、なんとかノーマンだけは逃がそうと、森の中に隠れるように指示。

しかしノーマンは自分が逃げたらエマやレイが出荷されてしまう可能性があると言い…普通に帰ってきます。どうしようもない現実。三人で抱き合ってお別れを言うシーンは、なんだか切なくて胸が苦しくなります。

ノーマンとママが一緒に門をくぐるとそこには…知らない男の人が。これはまじで驚き。三田佳子に続き松坂桃李が出演するなんて。しかもピーター・ラートリー役。

個人的に驚いた事は、ノーマン役の板垣李光人を見ていて、松坂桃李に似てるな~と思っていた矢先に松坂桃李が登場した事。一人だけ変な所で驚いていますね。

しかもこれは原作では脱獄した後の回想エピソードとして描かれており、実際は9巻まで登場しません。ちなみに脱獄編は単行本の5巻くらいまでです。これはかなりアニメ勢にとってもネタバレになると思います。

しかし劇中ではほとんど彼についての説明はなかったので、仮に続編があるとしたらの伏線としてひっぱりたいと考えているのではないでしょうか。一体彼はどんな男なのか。

彼は先程モールス符号を書いて図書館に寄贈していたウィリアム・ミネルヴァ(本名はジェイムズ・ラートリー)の弟。食幼児を救おうとしていたミネルヴァと違って、ピーターは食幼児が人間の世界に来ることを拒んでいました。

ノーマンが出荷される際に登場し、別のプラント《ラムダ7214》へ送ります。つまりノーマンは死んでいません。映画でも鬼にやられる直前で映像が変わったので、わからなくする事で次にひっぱりたいのかも。

確かに続編のラストシーンで、実はノーマン生きてました映像が流れたら、原作を知らない人は興奮しそうですよね。てかまじで続編やってほしいな…。

レイの誕生日

話はそれましたが、ノーマンがいなくなってから約2ヶ月。エマは一切のやる気を無くし、レイもまた考えることをやめ、完全に諦めムード。ママも反乱してこないエマ達に勝利を確信している様子。そして明日はレイの誕生日です。

つまり彼が出荷される日です。食堂で会話をするレイとエマ。しかし二人は諦めていませんでした。レイは自分を犠牲にしてエマを脱獄させようと試みます。

そしてレイは食堂にガソリンを撒き、自分もガソリンを浴び、マッチに火を付けます。その頃様子がおかしいことに気づいたママが食堂に入ると、そこは火の海。泣き崩れるエマ。レイが燃えてしまったのです。

必死に消火するママですが、危ないからとエマをどけようとしますが、そこにはエマの姿はありません。何かに気づくママ。それは子供達を避難させた時に靴を履いていた事。つまりこれは作戦でした

レイは燃えたふりをして発信機を壊し、さらにエマも同様発信機を壊して消火の最中に逃げていたのです。

原作ではエマの耳が廊下に落ちているのですが、そこは映画。なあなあにしました。エマの耳がどうなったかはちゃんと描かれていません。さすがに耳が落ちてたらちょっと嫌ですよね。

本部に報告するママ。しかしエマ達は本部へと繋がる橋ではなく、断崖絶壁の崖から脱獄する計画を立てていました。しかもこれはノーマンが残していったメモの内容。こうして対岸にロープを張り、ハンガーを使って渡っていく子供達。

ハウスには4歳以下の小さな子供たちを残していきました。出荷は6歳になってからなので、その間の2年で迎えに来る算段。そしてエマ以外渡り切ったその時…ママが現れます。

これは原作と大きく異なる点。原作ではママが来たのはみんなが逃げ切った後。アレンジを加えてきましたね。

ママとエマが会話をします。レスリーについての会話もここで。原作ではママの回想でしたからね。そしてレイの本当のママがイザベラという事実も明かされます。

エマはママに「私たちを育てたのはこの壁を越えてくれる為なんでしょ?」などと言います。ママはエマがロープを使って対岸に渡ろうとしたら切ると脅してきますが…切れず。

やはり心のどこかにこの世界に対する不満があったのかも。こうしてグレイスフィールドハウスから子供たちが脱獄する事に成功。外の世界は一体どうなっているやら。

首元の数字は?ペンは?

今作ではほとんど語られなかった数字の謎やペンについて。知らない方は気になったかもしれませんので、紹介させていただきます。まず首元の数字ですが、あれは子供の認識番号です。5桁の数字になっており…

・エマ…63194
・ノーマン…22194
・レイ…81194

この数字はある法則性があり、この数字を逆から読むとエマは《49136》ノーマンは《49122》レイは《49118》つまり生まれた順番の数字なのです。単純ですが逆から読むことで意味を持つ数字になります。

この中ではレイが一番先に生まれていますね。

そしてペン。今作では別に知る必要もないですが、これは昔クローネが鬼と対等の立場の人間の男性が落としたペンを拾って持っていたもの。後にノーマンに預け、今はエマが持っています。

劇中でも最後にホログラムが出てきましたが、原作では分解すると中に《B06-32》と書かれており、グレイスフィールドハウスを起点とした時に前半の数字は南北、後半の数字は東西を表していると推測し、そこに向かう展開になります。

その後も別の数字が出てきたりしますが、これも続編の為に残しておきたい伏線なのかも。まあ続編があればの話ですけどね。

主題歌について

今作の主題歌はずっと真夜中でいいのに。「正しくなれない」

以前YouTubeで「秒針を噛む」を聴いてからちょこちょこ聴くようになったアーティスト。「正しくなれない」でも白い服や歌詞にも「知らない方が幸せだって」など約束のネバーランドっぽい部分もあります。

すごく良い歌なので是非聴いてみてはいかかでしょうか。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる