Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『パプリカ』あらすじ後半ネタバレ解説!独特の世界観に吸い込まれるような感覚

ソニー・ピクチャーズ 公式サイト

2006年11月25日公開の映画『パプリカ

今敏監督のアニメーション作品。筒井康隆のSF小説「パプリカ」を原作としており、林原めぐみや山寺宏一、大塚明夫や古谷徹などが声優として参加しています。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

精神医療研究所が開発した、他人の夢を共有できる画期的テクノロジーDCミニが盗まれた。

それを機に研究員たちは次々に奇怪な夢を見るようになり、精神を冒されていく。」謎の解明に挑む美人セラピスト千葉敦子は、極秘のセラピーを行うため、性格も容姿もまったく別人の夢探偵パプリカに姿を変え、クライアントの夢の中へと入り込む。

しかし、狂ったイメージに汚染された夢の中では、おぞましい罠がパプリカを待ち受けていた…。

パプリカ 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 独特の世界観
  2. 夢の中という設定
  3. 豪華なキャスト陣

感想・解説(ネタバレあり)

4.0

評価基準について

良かった点・気になった点

以前から気になってはいたものの、観れていなかったので、ようやく鑑賞。独特の世界観が凄く、2006年にこれほどの映画があった事に驚き。

私はクリストファー・ノーラン監督が大好きなので、彼の作品を多く観てきましたが『インセプション』に非常に似ているなと感じました。

まあそういった意見の人も多いようですが『インセプション』は、今作をよりエンターテインメント性を増やして、大衆に受けるような作品に昇華させていると感じます。

夢の中という設定は同じなので、似ていると感じるのは普通だと思います。しかしそれぞれ違った良さがあると思いますし、たぶんどっちかが好きな人はもう片方も好きになると思います。

それくらい僕たちをワクワクさせてくれるような映画になっています。

まあしかし内容は普通の映画よりは複雑なので、訳が分からんと言った人も多いかもしれませんが、私はそこまで難しいとは感じませんでした。

ノーラン監督の『メメント』『テネット』などを観てきたせいか…頭がおかしくなっているのかも。

夢に入る事が出来る装置を開発しますが、その装置を何者かに奪われ、悪用されます。その装置を使えば他人の夢に侵入する事が出来、実際に盗まれた際には、敦子(パプリカ)の夢に侵入を許しました。

しかし通常は眠っている状態でなければ夢に入る事はできません。しかしそれを可能にした犯人。この犯人を捜す為に夢の中のもう一人の自分であるパプリカが活躍するといったストーリー。

不気味な人形や冷蔵庫やカエルの行進。あれはなかなかの雰囲気だったと思いますよ。何とも言えない不思議な気持ち悪い感覚。しかしそこがこの作品の醍醐味でもあります。

そして夢の中から脱出したと思ったらまだ夢の中。これはインセプションでも似たような感覚になりました。夢って不思議ですし、普通に毎晩何気なく観ていますが、すぐに忘れたりと…謎が多い部分でもあります。

まあストーリーが進んでいく中で犯人は一番怪しかった理事長でしたが、彼の下っ端である小山内と共に人間の崇高な部分である夢を科学の力で犯されない為に、夢に入る装置を盗み開発を中止するよう企んでいました。

さらにその装置を使って自分たちも夢の世界。つまり何でもできる永遠の世界を作り出そうとしており、その暴走を止めるべくパプリカや刑事さんが奮闘します。

まあ最後は何とかやっつけましたが、その辺の設定的な部分に関しては、やや曖昧な所があります。まあそれも監督の狙いかもしれません。

そして夢の世界と並行して描かれる刑事の過去の話。彼は以前映画監督を目指しており、映画が嫌いといったのはおそらく親友がいなくなってしまったから。

彼と共に作った映画は未完成。しかし小山内との争いの中でトラウマを克服し、彼を撃ちます。それにより映画は完成。彼の心残りも解消する事ができました。

劇中では刑事の友人である分身が《あいつ》と呼ばれており、あいつは彼が作り出したもう一人の自分だったのです。なるほど。しかし声優はナレーションやアニメでおなじみ田中秀幸。

なぜパプリカと敦子は同じ声優なのに、二人は違う声優なのでしょうか。まあ同じだっらネタバレになりますし、もう一人の青年は大塚明夫だとクセが強いかも知れませんね。

今作はパプリカの明るい感じがこの世界観にあってる気がしますし、林原めぐみさんの大人の女性って感じの声がまた良い。キャストも豪華で第一線で活躍している人たちばかり。

古谷徹さんがあの太っている時田の声だと分かった時は少し驚きましたが。今やコナンの安室さん(バーボン)などイケメンキャラのイメージが強いですよね。

そういった声優さんが誰?なども楽しめる作品になっています。

映画自体も謎めいた独特の世界観がありながらも、夢の中と言う面白い設定。SFテイストの雰囲気が好きな方には是非見ていただきたい映画だと感じました。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:今敏
  • 原作:筒井康隆「パプリカ」
  • 音楽:平沢進

キャスト

千葉敦子/パプリカ
林原めぐみ
サイコセラピスト
夢探偵
乾精次郎
守徹
理事長
島寅太郎
堀勝之祐
所長
時田浩作
古谷徹
DCミニを
開発する
粉川利美
大塚明夫
刑事
小山内守雄
山寺宏一
所員
あいつ
田中秀幸
あいつ
氷室啓
阪口大助
敦子の同僚
時田の親友
玖珂
筒井康隆
バーテンダー
陣内
今敏
バーテンダー

出演作

阪口大助
  • 劇場版銀魂 新訳紅桜篇
  • 劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
  • 銀魂 THE FINAL

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる