Readmore...
ふぃる
社会人として働きながらおすすめ映画や映画のロケ地などを紹介しています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

ライブ・フェスシーンがあるバンド映画5選!盛り上がりたい人や歌いたくなる作品も

・ライブシーンで盛り上がりたい!
・あのアーティストの歌を聴きたい
・青春と音楽は最高!

そんなあなたにおすすめのライブ・フェスシーンのあるバンド映画を5作品選びました。盛り上がる事間違いないですし、次の日に車で観た映画の音楽を聴くと思います。

簡単な自己紹介
  • 20代後半社会人男
  • 好きなジャンルはSF・アクション
  • 詐欺・泥棒系やギャンブル系も
  • 非日常を映画で味わいたい

記事を見るにあたっての参考にしていただけたらなと思います。

Contents

おすすめ映画5選

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ 公式Twitter
公開日2018年11月9日
監督ブライアン・シンガー
興行収入9.03億ドル
上映時間134分

2018年公開の伝記映画。クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーに焦点を当てた作品になっており、劇中では様々なクイーンの曲を聴くことができます。

こういったアーティストの伝記映画は多くありますが、ここまで作りこまれた作品はないでしょう。それに加えみんな知っているような曲もあり、すべての世代に楽しめます。

映画館でも声出しや拍手が可能な応援上映をやっていたくらいなので、往年のファンや若い世代も口ずさんだりしたくなるような内容になっていると感じました。

特に最後のライブ・エイドでのシーンは鳥肌もの。「Bohemian Rhapsody」はもちろんの事「We Are The Champions」なども聞くことが出来ます。

内容も素晴らしく、音楽も素晴らしい。クイーン好きな方やそうではない方にも、是非見てもらいたい作品。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

サヨナラまでの30分

サヨナラまでの30分 公式Twitter
公開日2020年1月24日
監督萩原健太郎
興行収入1億円
上映時間114分

2020年公開の北村匠海と新田真剣佑主演の映画。死んでしまったアキ(新田真剣佑)と颯太(北村匠海)が入れ替わりながら音楽活動をするといったストーリー。

若干のSF要素を含む斬新な展開。それに加え真剣佑や北村匠海の演技も良く、入れ替わる事で誰かと音楽をやる喜びを見出してく流れや、もどかしさを表現した演出も良いです。

主演の二人以外にも清原翔や葉山奨之・上杉柊平など豪華な若手俳優たちも出演しており、バンドのシーンは本人たちが必死に練習して演奏しているそうです。

今作は長野県でロケが行われ、情緒あふれる街並みも見どころ。フェスの会場は自然が豊かで緑の森と明るい太陽の光が差し込むフェスのシーンも行きたくなるようなロケーションです。

そして多くのアーティストが楽曲を提供しており、andropの内澤崇仁も「風と星」を提供。

劇中歌
  • 瞬間
  • もう二度と
  • 星と風
  • 目を覚ましてよ
  • stand by me
  • 真昼の星座

特に「瞬間」はおすすめ!爽快なロックナンバーになっています。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

小さな恋のうた

小さな恋のうた 公式Twitter
公開日2019年5月24日
監督橋本光二郎
興行収入ーーーー
上映時間123分

2019年公開の佐野勇斗主演の青春音楽映画。MONGOL800の「小さな恋のうた」を元に描かれている映画で、他の作品とはまた少し違ったような展開のストーリーです。

やっぱり青春と音楽は相性がいいですね。バンドのメンバーには山田杏奈や眞栄田郷敦、森永悠希や鈴木仁など、これからを担う若手俳優が出演。

学園者でバンドを組む作品はそう多くなく、青春的な要素もありつつ、異国情緒の雰囲気もあります。沖縄は日本ですがアメリカの基地もあり、なんだか邦画を観ている感じがしません。

タイトルにもあるように、もちろん劇中で「小さな恋のうた」を披露しています。他にも「あなたに」などを歌っており、しっかりとモンパチの楽曲を聴くことが出来ます。

映画で組んだバンド「小さな恋のうたバンド」でCDデビューもしており、佐野勇斗の低い歌声も、また違った感じがしていいです。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

イエスタデイ

イエスタデイ 公式Twitter
公開日2019年10月11日
監督ダニー・ボイル
興行収入1.45億ドル
上映時間116分

2019年公開のヒメーシュ・パテル主演の、ビートルズがこの世から消えて主人公しか知らないという設定の作品で、アーティストに焦点に当てた映画としては珍しいコメディ感がある映画。

劇中で多くのビートルズの楽曲が使用されており、世代じゃない人でも知ってるような曲がたくさんあります

途中や最後にライブシーンがあり、もちろん全部ビートルズの曲。知っている人は歌いたくなりますし、若い人でも知ってる曲も歌ってくれていました。

最初の方で「Yesterday」を歌ったシーンや、ピアノで「Let It Be」を演奏するシーンは印象に残っています。若干のコメディ感もありますが。

映画にはエド・シーランが本人役で出演しており、彼のおちゃめさやいじられてる感じも見る事が出来る貴重な映画になっています。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた 公式Twitter
公開日2016年7月9日
監督ジョン・カーニー
興行収入960万ドル
上映時間105分

2016年公開の音楽青春映画。『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督作品で、一目惚れした女の子を落とす為にバンドを組むと言ったストーリー。

学生の恋愛や青春の部分も多く描いており、『はじまりのうた』の大人な雰囲気よりは、楽しいって感じの映画になっています。

今作は監督の自伝的な要素を含んでおり、実際にシング・ストリートの学校にいっていたそう。まあどこまでフィクションかはわかりませんが。

劇中で披露している楽曲「Drive It Like You Stole It」は、映像と相まってとてもいい曲。あのプロムでのシーンは好きなんですよね。兄さんかっこいいいな…

バンドのメンバーもオーディションでアイルランドの若い人から選ばれたそうで、ボーカルの人は声も良いし、本当にバンドを組んだら人気がでそうですね。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

関連記事

あなたは今どんな気分ですか?

旅に出たくなる映画が観たいな…
平日の夜に観れる映画ないかな…
雨だから雨にちなんだ作品を観たい

それぞれの気分やシチュエーションに合わせたおすすめ映画を紹介しています。
詳しくはこちらから

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる