Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『レディ・バード』あらすじネタバレなし感想!日常の中に潜むあるある感が良い

レディ・バード 公式Twitter

2018年6月1日公開の映画『レディ・バード

映画『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/私の若草物語』などに出演しているシアーシャ・ローナンが主演を務め、彼女の学園生活を描いた青春作品になっています。

記事前半はネタバレなしであらすじ映画に対する評価感想などを解説。後半はおすすめポイントやキャストについて紹介

Contents

あらすじ

レディ・バードと名乗り、周囲にもそう呼ばせているクリスティン(シアーシャ・ローナン)。高校生最後の年に看護師の母マリオン(ローリー・メトカーフ)と進学先を決めるために大学見学に行くが、帰りの車中で地元のカリフォルニア州サクラメントから離れて都市部の大学に進みたいと言ったことから大げんかになる。それ以来、母と衝突を重ねる一方、親友のジュリー(ビーニー・フェルドスタイン)とも疎遠になってしまう。

Yahoo!映画

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 青春の日常感
  2. 性や恋人、家族、親友の悩み
  3. 親子喧嘩はあるある

みんなの感想はこちら(Filmarks)

感想・解説(ネタバレなし)

3.8

評価基準について

良かった点・気になった点

青春って感じです。ストーリー自体は普通ですが、そこに詰まっている様々な要素が、おそらく経験した事があるだろうと思えるくらい、何気ないシーンがリアルです。

家族の問題。友人との問題。そして恋人との問題や性の問題。いろんな出来事を多感な学生時代に体験する事で、これからの人生が決まって来る。そういった部分を表現していたと感じました。

時間も約93分と見やすい時間。これだけの内容だとそこまで時間をかけすぎても、少し退屈に感じてしまうかもしれないので、短くしたことは良かったと思います。

かなり評価が高かったらしく、アメリカのレビューサイトでは批評家からのレビューが150件過ぎても100点だったらしく、評論家の間ではなかなかの数字ですが、まあそれだけ評価が高ければ普通に面白いですよね。

好き嫌いがあると思うので、落ち着いた展開の映画は好きじゃない人もいますから、人それぞれですが、私はアクションとかSFが好きなので、そこまで高評価と言うわけではないですが…

それでも変な部分など悪い所が見当たらないのは多くの人が見ていてもわかると思います。

それに加えどこにでもあるような日常や、人との繋がなどをしっかりと表現していたので、青春映画が好きな方にはおすすめできる作品になっていると思います。

私が気になったのは2つ。まずは主人公のレディ・バードの兄の彼女の名前がシェリーなのですが、あれは完全に日本のタレントであるシェリーに似ていますね。まじでそっくりです。

そして演劇を練習しているシーンでは面白いおじさんが指導してくれるのですが、彼は日本でいう佐藤二朗的ポジションの人みたいでした。動きとか面白いです。

見どころを紹介

甘酸っぱい青春

学園生活に欠かせないのはやっぱり勉強…ではなく恋ですよね。まあ勉強も大事ですが。主人公の恋愛観はザ・女子って感じがして、共感できるかもしれません。

性的な悩みや現実。そして初めての経験など、恋愛的な部分は見どころの一つと言っていいでしょう。やり取りもリアルでクスッと笑えます。

母親との対立

今作では娘と母親が口喧嘩をするシーンがあるのですが、その様子がかなり日常感半端ないので、あるあるを味わえます。車でのシーンなんか最後は少しやりすぎましたが、それでも内容はどこにでもあるような感じ。

思春期なのでもちろん口論などはあるかと思いますが、その中でも本当は「相手に認められたい」や「自分を見てほしい」などの感情もあるかと思います。それを上手く伝えられてないだけです。

そういった親子間の問題も取り上げています。

高校を出て大学に行く。離れ離れになる。そうなる事で気が付かなかった何かも見えてくるかも。そんな気持ちになれる映画になっているかもしれません。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:グレタ・ガーウィグ

キャスト

クリスティン・
“レディ・バード”
・マクファーソン
シアーシャ・ローナン
主人公
女子高生
マリオン・マクファーソン
ローリー・メトカーフ
クリスティンの
ラリー・マクファーソン
トレイシー・レッツ
クリスティンの
ダニー・オニール
ルーカス・ヘッジズ
演劇部の
若い男
カイル・シャイブル
ティモシー・シャラメ
クールな男
いつも一人
ジュリアン “ジュリー”・
ステファンズ
ビーニー・フェルドスタイン
クリスティンの
親友
リバイアッチ神父
スティーヴン・マッキンリー・
ヘンダーソン
神父
シスター・サラ・ジョアン
ロイス・スミス
シスター
ジェナ・ウォルトン
オデイア・ラッシュ
可愛い女の子
クール
ミゲル・マクファーソン
ジョーダン・ロドリゲス
クリスティンの
シェリー・ユハン
マリエル・スコット
ミゲルの
彼女
ミズ・ステファンズ
クリステン・クローク
ジュリーの
母親

キャストについて

主人公のレディ・バードを演じたのはシアーシャ・ローナン。彼女はアイルランドの女優で『グランド・プダペスト・ホテル』や『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/私の若草物語』などに出演しています。

クリスティンの母を演じたのはローリー・メトカーフ。彼女はアメリカの女優で『トイ・ストーリー』シリーズでアンディの母の声を担当。

クリスティンの父を演じたのはトレイシー・レッツ。彼はアメリカの俳優で『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『フォードvsフェラーリ』『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/私の若草物語』などに出演。

演劇部の青年を演じたのはルーカス・ヘッジズ。彼はアメリカの俳優で『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『スリー・ビルボード』『WAVES/ウェイブス』などに出演。

クールなイケメンであるカイルを演じたのはティモシー・シャラメ。彼はアメリカの俳優で『君の名前で僕を呼んで』『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』『インターステラー』などに出演。

クリスティンの親友ジュリーを演じたのはビーニー・フェルドスタイン。彼女はアメリカの女優で『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』に出演しています。

この映画を観る直前に『ブックスマート』を観たのでちょっと驚きました。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる