Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』感想・評価【後半ネタバレ解説】謎解きが秀逸

ナイブズ・アウト 公式Twitter

2020年1月31日に公開された映画「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」

ダニエル・クレイグクリス・エヴァンスなど豪華なキャストと、予想がつかない展開が話題の今作。

一体どんな結末が待ち受けているのでしょうか・・。

Contents

評価

3.9

評価基準について

最後にどんでん返しがあり度肝を抜かれます。騙されたと思って一回見てください。

評価も高く、早くも続編の噂があるみたいです。

あらすじ

NY郊外の館で、巨大な出版社の創設者ハーラン・スロンビーが85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見される。

名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになる。

パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者。

調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく―。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

監督:ライアン・ジョンソン

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」などの監督をしています。

その時はいろいろと批判の声などありましたが、今作はかなり練りこまれた構成と展開で持ち直した感じはありました。

キャスト

ブノワ・ブラン
ダニエル・クレイグ
探偵
ランサム・ドライズデール
クリス・エヴァンス
リンダとリチャードの
息子
マルタ・カブレラ
アナ・デ・アルマス
看護師
嘘をつくと吐く
リンダ・ドライズデール
ジェイミー・リー・カーティス
ハーランの長女
リチャードの妻
ウォルト・スロンビー
マイケル・シャノン
ハーランの次男
ドナの夫
リチャード・ドライズデール
ドン・ジョンソン
リンダの夫
浮気してる
ジョニ・スロンビー
トニ・コレット
故ニールの妻
金銭を騙し取る
エリオット警部補
ラキース・スタンフィールド
刑事
メグ・スロンビー
キャサリン・ラングフォード
ジョニの娘
ジェイコブ・スロンビー
ジェイデン・マーテル
ウォルトとドナの息子
アラン・スティーブンス
フランク・オズ
ハーランの弁護士
ドナ・スロンビー
リキ・リンドホーム
ウォルトの妻
フラン
エディ・パターソン
家政婦
遺体の第一発見者
ワネット・ナナ・スロンビー
K・カラン
ハーランの母親
年齢不詳
ワグナー巡査
ノア・セーガン
警官
ハーランのファン
ハードロック
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
探偵
カメオ出演(声のみ)

映画を観るなら…

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は以下の動画配信サービスで配信されています。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

感想

良かった点・気になった点

まったく情報がない中で見ましたが、単純に謎解き映画として気軽に見れるいい作品だと思います。

ダニエル・クレイグクリス・エヴァンスなど豪華なキャストと、しっかりとした演技がうまくマッチしていて良かったです。

僕が思ってたストーリー展開とはちょっと違って、犯人が途中で明かされます。というか、けっこう序盤のほうだった思います。

普通は最後まで犯人がわからずに、最後の謎解きのシーンが一番盛り上がる所だと思うのですが、そうではなく犯人がわかっている状態で物語が進んでいきます。

ただそんな単純な構成ではありません。

最初は「本当にこんな感じでいいのか?」と思いながら見ていたのですが、予想しない結末とうまく練られて展開が凄かったです。

犯人も最初に明かされるといいましたが、ミスリードというか、本当の悪はまた違う人物だったりと、どんでん返しがあるような読めないストーリーでした。

犯人は誰かを予想するという一般的な構成ではなく、違う意味で楽しめるちょっと変わった新しい謎解き映画だと感じました。

途中ちょっと展開的に一辺倒な感じで危うく寝そうになりましたが(寝不足のせい)、最後に一気に盛り上げてくれたので、トータルで見ると良い映画だったと思います。

館の家主のハーラン・スロンビーが殺されて、それを謎の依頼人から依頼を受けて調査しにきたのが、名探偵のブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)です。

時折探偵のようなセリフ「実に興味深い」や「私のメソッドが真実に到達した」?など、それっぽいことを言っているシーンもあるのですが、

この探偵本当に名探偵か?というくらい物語後半まで特に活躍の場がありません。

警察と一緒に推理をしていますが、なにか見つけたとか、日本の某名探偵みたいに、変な所に気づいたりすることもありません。

てっきり最後まで見せ場なしかと思いましたが、最後はきっちりと仕事をしてくれました。

でもマルタ(アナ・デ・アルマス)の靴に付いていた血は最初からわかっていたみたいなので、一応名探偵なのだと思います。

殺されたハーランが当日家族で誕生日パーティをしていたので、容疑者は現場にいた親族なのですが、そのメンバーも個性豊かで、そこも楽しめる見どころの一つです。

特に目立っていたのはハーランの長女であるリンダと結婚相手のリチャードの息子である、ランサムです。

ランサムを演じたのはクリス・エヴァンスです。

彼の有名作「キャプテン・アメリカ」のキャラとは違った悪口ばかり言うキャラです。

作中にめちゃくちゃ「Shit!」(日本語でくそ!とか、ちくしょう!みたいな意味)と言うシーンがあるのですが、途中ほぼその言葉しか使わないシーンがあったので、家族からは嫌われています。

そしてハーランの母親である、誰も年齢を把握していないワネッタ

ものすごくおばあちゃんで、ほとんど動いていません。ずっと一人でどこか見ているような感じなのですが、物語の重要な鍵を握っていると言っても過言ではありません。

ハーランの次男ウォルトは、ハーランから継いだ会社のことで、言い争いになってクビになりかけたり、

ハーランの長男の妻のジョニは、ハーランを騙してお金をくすねてたりといろいろ問題のある家族です。

そんな個性豊かな家族ですが、やはり、がめついというか自分本位な所があります。

途中で死んだハーランの財産分与の話になり、彼が書いた遺言書を読み上げるのですが、そこには看護師のマルタに全財産を譲ると書いてありました。

これには当然家族から不満の声があがります。

マルタはただの雇われた看護師なので、ハーランと血の繋がりは一切ありません。

しかし、日ごろから献身的に支えたことが決め手になったのかと思います。

この展開はよくあるパターンですよね。家政婦とかが一生懸命にサポートして、家族の人はみんなほったらかしにして、いざ死んだら金目当てに集まってくる。

ですが今回の場合、そんなにほったらかしというわけでもなく、ランサムなんかは囲碁をしていたりと、決して仲が悪い家族ではないのです。

お金が絡むと人間の本性が出ますよね。

それにしても途中から財産分与の話で盛り上がってうるさかったので、もうそういう映画にストーリー転換したのかと思いました。

それくらい序盤から中盤は何もしていない、そんな印象だったからです。

ですがまあそこも一応犯人の動機に絡んでくる所なので、そういうシーンがあっても良かったかなと思います。

ちなみにタイトルの「ナイブズ・アウト」。原題は「Knives Out」ですが、このKnivesは日本語でナイフの複数形という意味で、ストーリーの所々でナイフが重要な役割を果たします。

最初もナイフで始まって、最後もナイフで終わる。そんな映画になっていると思います。

豪華なキャスト

主演のブノワ・ブランを演じるのは007でおなじみダニエル・クレイグです。

説明する必要もないですが、6代目ジェームズ・ボンドであり、2006年に公開された映画「007 カジノ・ロワイヤル」で一躍ボンドの座を確固たるものにしました。

私生活では、サッカーが好きでよくリヴァプールの試合を観戦しているそうですが、カメラにダニエル・クレイグが応援している姿が度々映るそうです。

そしてランサムを演じたのはクリス・エヴァンスです。

「アベンジャーズ」シリーズのキャプテン・アメリカ役で有名ですが、2019年の映画「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」で引退することが発表されています。

非常に寂しいことですが、今までとは違った新たなクリス・エヴァンスを見れるのはとても楽しみです。

ヒロイン役?のマルタを演じたのは、アナ・デ・アルマス。彼女はキューバとスペインの国籍を持つ女優です。

「ブレードランナー 2049」などに出演しており、2020年4月公開の「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」ではダニエル・クレイグと共演する予定です。

次男のウォルトを演じるマイケル・シャノンは、「マン・オブ・スティール」や「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」で、ゾッド将軍役で出演していました。

他にもジョニの娘であるメグを演じたキャサリン・ラングフォード

実は「アベンジャーズ/エンド・ゲーム」で、成長したモーガン・スターク(トニーの娘)役で出演していたそうですが、劇場版ではカットされているそうです。

ポスターでも、キャプテン・アメリカの横に並んでいるので、MCUファンにとっては胸アツな展開ですよね。

コメント

コメントする

Contents
閉じる