Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

『キングスマン:ファースト・エージェント』あらすじなどを解説!キングスマン誕生を描く

キングスマン 公式Facebook

スパイ×アクション映画でおなじみのキングスマンシリーズ。その最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』が2021年2月13日に全米公開されます。

日本での公開は2021年2月11日に決定!

2015年の『キングスマン』2017年の『キングスマン ゴールデン・サークル』に続き3作目となる今作はキングスマンの誕生を描く前日譚。ストーリーやキャストなど、まとめていきたいと思います。

Contents

あらすじ

詳しい内容についてはまだ公式ホームページにも公開されていません。You Tubeに本予告が公開されています。

予告を見るだけでもわくわくしてきます!キングスマンはキレキレのアクションが一つの売りですが、それを期待させるような感じが。

ポスターにも書いてある通り「始まりも、超過激」ということで…かなり期待できる作品になるのではないでしょうか。

前日譚ということで時代設定もかなり前です。

予告に出ている二人組。おじさんと若い青年がおそらくキングスマンでいう所のハリーとエグジーになるかと思います。

サヴィル・ロウにあるキングスマンの店も出てきたりと、おなじみの光景も。さらには傘の代わりに杖を巧みに使い戦闘するシーンも垣間見えます。

2014年の『キングスマン』でもパラシュートで飛び降りるシーンがありましたが今作ではパラシュートの起源?の映像も映しだされており、どのような展開になるのか楽しみです。

スタッフ・キャスト

スタッフ

監督:マシュー・ヴォーン

キャスト

オックスフォード公爵
レイフ・ファインズ
コンラッド
ハリス・ディキンソン
ショーラ
ジャイモン・フンスー

ダニエル・ブリュール
グリゴリー・ラスプーチン
リス・エヴァンス
ポリー
ジェマ・アータートン
アーサー
チャールズ・ダンス
トリスタン
マシュー・グッド
ジョージ5世・ウィルヘルム2世・ニコライ2世
トム・ホランダー
リー・アンウィン
アーロン・テイラー=ジョンソン

スタンリー・トゥッチ

アレクサンドラ・マリアララ

キャストについて

オックスフォード公爵を演じるのはレイフ・ファインズ

レイフ・ファインズといえば、世界中の人が知っている、いや、知らない人はいないんじゃないかというくらい有名な映画シリーズに出演されています。

それは『ハリーポッター』シリーズのヴォルデモート

ヴォルデモートはメイクをしているので、すぐにわかる人はいないかもしれません。他にも『007』シリーズのMを演じています。

コンラッドを演じるのはハリス・ディキンソン

彼はイングランド出身の俳優で、2017年公開の『ブルックリンの片隅で』や2019年公開の『マレフィセント2』などに出演されています。

ショーラを演じるのはジャイモン・フンスー

彼はベナン出身の俳優・ダンサーで、多くの有名作に出演しているのですが、イマイチ知名度が上がらない俳優。出演作は…

・ワイルド・スピード SKY MISSION
・キャプテン・マーベル
シャザム!
アクアマン
チャーリーズ・エンジェル
・ターザン:REBORN

2015年『ワイルド・スピード SKY MISSION』ではヘリから攻撃しようとするもやらっれぱなしのジャカンディ。2020年の『チャーリーズ・エンジェル』ではボスレーを演じています。

現時点では役名がわかっていないダニエル・ブリュール

彼はドイツの俳優で『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のジモ役が有名です。

ラスプーチンを演じるのはリス・エヴァンス

彼は『ハリー・ポッター』シリーズのルーナの父親役や、『アメイジング・スパイダーマン』のコナーズ博士を演じています。

ポリーを演じるのはジェマ・アータートン

彼女は『007 慰めの報酬』のヒロイン役を演じたイギリスの女優です。

アーサーを演じるのはチャールズ・ダンス。キングスマンのリーダーであるアーサーの最初の人物なのでしょうか?彼らのコードネームは襲名制なので…

彼はイギリスの俳優で、2016年版『ゴーズト・バスターズ』や『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』などに出演しています。

トリスタンを演じるのはマシュー・グッド

彼はイギリス出身の俳優でDC映画『ウォッチメン』や、アメリカのドラマ『グッド・ワイフ』などに出演。

ジョージ5世、ウィルヘルム2世、ニコライ2世を演じるのはトム・ホランダー。まさかの三役を演じるとは…みんな似ているのでしょうか。この三人は実在する人物です。

彼は『パイレーツ・オブ・カリビアン』のベケット卿や『ミッション:インポッシブル /ローグ・ネーション』の英国首相…

さらに『ボヘミアン・ラプソディ』ではジム・ビーチを演じました。ちなみに『スパイダーマン』で有名なイギリスの俳優:トム・ホランドとは名前が凄く似ています。

リー・アンウィンを演じるのはアーロン・テイラー=ジョンソン

リー・アンウィンというのはエグジーの父親の名前ですが、時代設定を考えると出演するのはちょっと不自然な気もしますが…Wikipediaに載っていたので。

彼はイギリスの俳優で『キック・アス』シリーズの主人公や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のクイックシルバー役で出演しています。

役名がわからないスタンリー・トゥッチ

彼は『プラダを着た悪魔』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』『ハンガー・ゲーム』シリーズや『美女と野獣』などに出演。

キングスマンのメンバーであるマーリンを演じるマーク・ストロングと非常に似ており、もしかしたらマーリンの先祖の役かもしれません

前作との繋がりを予想

一作目『キングスマン』ではハリーが…

1919年の第一次世界大戦の時に、浮いた資産を善行の為に使うようにと作られた独立諜報機関がキングスマンだ

と話をしています。その辺の事も詳しく語られるかと。

ヒールに電話も内蔵

一作目『キングスマン』でハリーとエグジーが武器庫で話をしています。その中で先端から刃が出てくる靴の事について語っており「昔はヒールに電話も内蔵していた」と。

もしかしたらその場面が登場するかも…。

肖像画

同じく一作目『キングスマン』でアーサーとエグジーがブランデーを飲んでいるシーンの部屋に三人の肖像画が飾ってあります。

その三人はキングスマンの創立メンバーで、スーツの男が二人。そして真ん中にはベージュのジャケットを着た男が。

今作『キングスマン:ファースト・エージェント』のレイフ・ファインズ演じるオックスフォード公爵の服装となんとなく似ているような気がします。

さらにキングスマンの店に飾られている服も肖像画の服と同じです

もしかしたらその人物がオックスフォード公爵なのかもしれません。

創立メンバーが言った

二作目『ゴールデン・サークル』の最後の結婚式のシーンで、ハリーが言ったセリフで(口には出していないですが)

キングスマンの創立メンバーが言った。これは終わりではない。終わりの始まりでもない。だがこれは始まりの終わりかもしれない。

なんだか意味深な発言ですね。創立メンバーということは、今作に出てくる人物の可能性があります。このセリフも誰かが言ったりするのかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる