Readmore...

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

『カイジ2 人生奪回ゲーム』感想・評価【後半ネタバレ解説】人気の沼やオリジナルゲーム

2020 7/09

カイジ2 人生奪回ゲーム 公式サイト

2011年11月5日に公開された映画「カイジ2 人生奪回ゲーム」

前作から2年が経ち、新たなゲームやキャストを加え、パワーアップして帰ってきました!今回もどのようにしてカイジが戦いに勝利するのか見どころです。

Contents

評価

3.8

評価基準について

前作とはまた違った内容で面白いです。しかしEカードの戦いが好きなので今作は3.8にしました。前作との繋がりもあるので、前作『人生逆転ゲーム』から見ることをおすすめします。

あらすじ

数々の命懸けのゲームに勝利し、多額の借金を帳消しにした伊藤カイジ(藤原竜也)。まさに人生の逆転を果たしたと思いきや、1年も経たないうちに、またしても借金まみれの「負け組」に。

再逆転を目指すカイジが今回挑むのは、当たれば10億円以上を稼げるモンスターマシーン、通称“沼”。

ただでさえ難攻不落の“沼”を、更に100%攻略不可能なようにコントロールしているのは、裏カジノの若き支配人・一条聖也(伊勢谷友介)。しかも、一条とカイジの間には、驚愕の因縁があった。

地上300mの超高層ビルの間に渡された細い鉄骨を渡るという、まさに命懸けのゲームに挑戦して渡り切った男は、一条とカイジの二人だけだったのだ――

そんな、カイジにとって最大最強のライバル・一条が支配する“沼”を攻略するため、今回カイジは、同じ「負け組」の石田裕美(吉高由里子)、坂崎孝太郎(生瀬勝久)、そして前作でカイジの行く手を阻み続けていた利根川幸雄(香川照之)とまで手を組む。

それぞれの理由でドン底の人生を送る「負け組」4人が、希望ある人生を奪回するため、またしても命を賭けた数々の究極のゲームに挑む!!

カイジ 2 人生奪回ゲーム 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:佐藤東弥
  • 原作:福本伸行

キャスト

伊藤カイジ
藤原竜也
主人公
石田裕美
吉高由里子
石田のおっさんの娘
利根川幸雄
香川照之
帝愛の元幹部
大槻太郎
松尾スズキ
カイジの元班長
船井譲次
山本太郎
姫と奴隷の
ボタンを押す人
一条聖也
伊勢谷友介
裏カジノの支配人
坂崎孝太郎
生瀬勝久
カイジと協力する
おっちゃん
村上保
柿澤勇人
一条の部下
黒崎義裕
嶋田久作
帝愛の幹部
三好智広
白石隼也
地下の仲間
鐘森
山本浩司
沼に敗れた男

無料で映画を観るなら…

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』は以下の動画配信サービスで配信されています。

無料トライアル期間を使えば、無料で映画を視聴することができます。

カイジ2 人生奪回ゲーム

配信状況により無料でない場合があります

感想・解説

前作のカイジ 人生逆転ゲームがとても面白かったので、今作も期待していました。

今作のメインとなるゲーム・・・それは”沼”です。

沼は巨大なパチンコで、当たれば、かなりの金額を手にすることができるゲームです。そのゲームにカイジたちは挑んでいきます。

沼以外にもチンチロ、姫と奴隷など様々なゲームが出てくるので、ひとつづつ紹介していこうと思います。

POINT

原作と多少ゲームの内容等違うところがありますが、あくまでも映画版のルールで解説していきます。

チンチロ

えー、ルールは難しいので割愛します(笑)

冒頭のシーンでいきなりカイジとその仲間たちがチンチロをしていますね。

班長(大槻)と戦って、イカサマを暴くところから物語はスタートします。

カイジは前作で見事戦いに勝利し、地下労働施設から脱出しましたが、なぜまた地下にいるのでしょうか?

あいかわらず賭け事で負けているのだと思います。

そして地上に出るときに黒崎と会話するシーンがあります。

黒崎はカイジに何もできやしないと言いますが、カイジは「勝ってやるよ、必ず」といって地上にいきます。

利根川との再会

地上にでたカイジは寝泊まりができるところ探して、宿泊所にいきます。

そこで以前聞いたことのあるセリフ「勝たなきゃ、ゴミだ」が聞こえてきます。そう!あの利根川です。

前作のEカードで勝負し、カイジに負けてから地下送りになりましたが、どうしてここにいるのでしょうか?

そして利根川と勝負することになり、その最中にとても重要なシーン・セリフがあります。

これは後の”姫と奴隷”で役にたつことなので、ぜひそれも確かめていただければと思います。

今作から仲間になるメンバーも個性豊かで面白いです。利根川の他に

  • 坂崎孝太郎:生瀬勝久
MEMO

利根川に紹介された裏カジノで出会った元気なおっちゃん。一発逆転を夢見て”沼”の攻略法を研究しています。カイジと出会い協力して沼に挑戦します。

  • 石田裕美:吉高由里子
MEMO

前作のラストで少し登場した石田のおっさんの娘。父が死んだのをずっとカイジのせいだと思っていて、カイジたちを裏切ろうとするが・・・

姫と奴隷

今作にでてくる”姫と奴隷”は映画オリジナルゲームです。

一条が支配人を務める裏カジノで行われていて、新ブレイブメン・ロードと言われています。

ルール

  • 奴隷(負債を背負った挑戦者)は、3ケ所の檻の前で足枷で繋がれている状態
  • 奴隷は3個のボタンの1つだけ押すことができる。
  • ボタンを押すとそれに連動した檻が開く。
  • 姫(挑戦者の仲間)が入った檻を赤れば賞金3000万円を獲得し、解放される。
  • それ以外はライオンが入っており、開けると襲われて死ぬ。

どのボタンが当たりかはその場で姫に通知され、それを奴隷に教えることもできる。

POINT

一見簡単な勝負に見えるが、姫は奴隷が死ねば300万が手に入るため、必ずしも正解を教えてくれるとは限らない。

実際は奴隷が3000万を手に入れても、借金返済でほぼなくなってしまうので、姫としては確実に300万もらえるほうを選ぶ可能性もあるということである。

まったく惨いゲームを考えますね、福本先生も(笑)

カイジが奴隷として挑戦し、姫は石田のおっさんの娘です。

果たしてどうなるのか・・そして利根川が言ってた重要なヒントも攻略の重要なカギとなります。

人間の醜い部分が出る面白いゲームですね。

ちなみに船井が出てきますが・・・憐です(笑)

いよいよ”沼”の攻略です。沼は複雑なルールはなく、基本はパチンコと同じです。

5つの穴のあるレーンが3段あり、そこをすべて通ればクリア、賞金が手に入ります。

最初はビールの缶の中に磁石を入れて、手前にある当たり穴にパチンコ玉を引き寄せて入れるという作戦で挑みましたが、一条に対策されていました。

総力戦で迎えた2回目で、あっと驚くような大胆な方法で”沼”を攻略しようとするのです!

しかし一条も命懸けなので、ありとあらゆる手段で阻止しようとしてきます。

もうこれが卑怯です(笑)まったくあいつらは・・・

ですが幾度となる攻防で裏切ったり、裏切られたりと非常におもしろい展開となっています。

今作の敵、一条は元々地下で働いていて、ブレイブメン・ロードを渡りきった人物でもあります。

這い上がってここまできたのですから、かなりの強敵です。

最後のEカード

最後のシーンで利根川がカイジにEカードで勝負を挑みます。

今回は利根川が奴隷側です。

しかし途中で車が燃えて爆発してしまいます。カイジは地下の仲間に配ろうとしていたのにと
落胆します。

ですが本当にお金は燃えてしまったんでしょうか?利根川・・友達欲しかったのか・・・

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる