Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

映画『ジョゼと虎と魚たち』ネタバレ感想解説!綺麗で温かな恋愛ストーリー!見取り図も?

ジョゼと虎と魚たち 公式Twitter

2020年12月25日公開の『ジョゼと虎と魚たち

田辺聖子さんの短編小説を元にしたアニメーション作品。足の悪いジョゼと大学生の恒夫の恋愛ストーリーで、中川大志と清原果耶が声優として参加しています。

記事前半はおすすめポイントやあらすじ・キャストについて紹介。後半はネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説

Contents

あらすじ

趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。

海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。

そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。

そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。

ジョゼと虎と魚たち 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:タムラコータロー
  • 原作:田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」
  • 主題歌:Eve「蒼のワルツ」
  • 挿入歌:Eve「心海」

キャスト

鈴川恒夫
中川大志
大学生
海洋学を専攻
ジョゼ
清原果耶
車いす生活
祖母と二人暮らし
二ノ宮舞
宮本侑芽
恒夫の
バイト先の後輩
松浦隼人
興津和幸
恒夫の
バイト先の友人
岸本花菜
Lynn
図書館の司書
ジョゼと仲良くなる
山村チヅ
松寺千恵美
ジョゼの祖母
西田店長
盛山晋太郎
恒夫のバイト先の
店長
駅員
リリー
恒夫がジョゼの
事を聞いた駅員

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 外の世界を知るジョゼ
  2. Eveの挿入歌
  3. 恒夫とジョゼの恋模様

感想・解説(ネタバレあり)

3.9

評価基準について

良かった点・気になった点

今作の原作である田辺聖子さん。お名前は聞いたことありますが実際どんな人かもわからず、さらにジョゼが妻夫木聡主演で実写化していたことも知りませんでした。

その中でジョゼと恒夫が織りなす青春や恋愛模様は本当に美しく、しっかりと作りこまれていた感じがとても良かったです。

原作というか小説はもっとエロティックな感じらしく、実写化された時はベッドシーンがありました。実写化は割と原作に近いですが、アニメーション映画のジョゼは結構違います。

エロは一切なく、良い部分だけを残したような、綺麗なストーリーになっており、子供から大人まで見る事が出来る優しい青春恋愛映画です。

実写の方や小説を見たことがないので、個人的に今作は良かったですが、原作を好きな人はどう捉えるか難しい所かもしれません。設定を借りた別の映画って感じに捉えられる可能性もあります。

ですが自分はこっちの穏やかなテイストの方が好きなので、結果的に満足しています。

ジョゼと恒夫(中川大志)が二人で出かけるシーンがあるのですが、砂浜での場面は本当に神々しさというか、アニメーションの美しさも相まって、非常に良かった。

さらに途中流れる挿入歌が映画をより盛り上げており、Eveの透き通るような歌声もマッチしていて、見入ってしまいました。彼の声は本当に綺麗なんですよね。

それに加えジョゼ(ヒロイン)が車いすで生活をしているので、いかに車いすの生活が大変か。周りに変な目で見られてるかなど…そういった部分も表現されていました。

実際に車いすの人の気持ちを本当に理解するのは大変ですし、やっぱり実際にそういう立場になってみないと、理解したとは言い難いのかもしれません。

物語の展開的には恋愛映画という事もあり、起伏が少なかった感じですが、後半は映画らしく様々な出来事が起こったりと…しっかり作られた部分が良い作品に繋がったのかなと感じます。

上映時間も約1時間40分と見やすい長さになっており、それも含めおすすめできる作品です。今作には中川大志や清原果耶に加え、ゲスト声優としてあの人気芸人が登場。M-1残念でしたね…。

ジョゼ

映画冒頭からいきなりどこかで聞いた声が…。お笑いファンならわかると思いますが…そう見取り図の盛山です。いきなり聞こえてきたのでびっくりしましたが、前情報として知ってなければたぶん聞き逃すと思います。まあその後も普通に出てくるので大丈夫ですけどね。

ある少女が夜に坂道を車いすで全速力で駆けています。てか駆けているというか下り坂を落ちています。止まれず困っているジョゼ(清原果耶)。車いすから飛んで絶体絶命…そこに男がいて偶然にもキャッチし事なきをえます。

それが恒夫とジョゼの出会いでした。ジョゼと祖母と恒夫でジョゼの家にいき、そこで祖母からバイトを紹介されます。そのバイトとはジョゼの世話をする事。

時給もいいですし、とある夢の為お金を貯めている恒夫にとってはまたとないおいしい話。口が悪いジョゼですが、お金の為と…ジョゼの元で働くことを決めたのです。

それにしてもご飯を食べるシーンでは、ガスを着火する場面がなんだか最近のアニメーション映画に多いような気がします。みんなやりたいんですかね。確かに料理は美味しそうに見えますが。君の名はとかでも見た気がしますね…

ジョゼの無茶なお願い

こうして恒夫はジョゼのお世話をする為にジョゼの家に行きます。彼女は車いす生活なので、自分でできない事もあり、誰かが見守ってないといけない状況。

祖母が彼を雇ったのは、少しでも負担を減らしたいのかと思いましたが、まさかのパチンコに行きたいから。これは一種のユーモアですけどね。

恒夫はさっそくジョゼの元で働きますが、ジョゼは恒夫を敵視しており、全然喋ってくれません。ずっと正座してろ!や畳の目を数えてろ!だったり、四葉のクローバーを探してこいなど、多くの無茶を言い渡します。

しかしそれもジョゼの願いなので、断るわけにもいかず、金が良いのでやめるわけにもいかず…グチグチいいながらもなんとか続けていました。

その頃恒夫の大学での論文をメキシコシティ大学の教授がえらく気に入ったらしく、メキシコに留学できるとの通達が。あとは奨学金をどうするかですが…彼はその為のお金を貯めていたのです。留学にもえらい金がかかりますからね。

彼の夢の為にジョゼとの日々を過ごしていきます。そのあたりでジョゼがラジカセで音楽を流して海の中を人魚になって泳ぐシーンがありますが、とても綺麗で見入ってしまいました。そのシーンはお気に入りのシーンの一つ。

海に行くジョゼと恒夫

そんな日常を過ごしていましたが、ある日突然ジョゼが家出。車いすで事故りそうになった一件で祖母から外出禁止令が下っていたのが原因だと思われます。探す恒夫と祖母。踏切近くで恒夫がジョゼを発見。

帰るように諭す恒夫ですが、ジョゼが海を見たいという願いをし、海を見に行く事に。恒夫もジョゼが絵を描いているのを発見し、彼女の気持ちに気づいていたので、その気持ちを尊重し、海を目指します。

まずは電車に乗るので切符を買おうとするのですが、恒夫は祖母に電話しておりジョゼ一人。周りは誰も助けてくれず、終いには車いすにぶつかってきた人に文句を言われる始末。

まあそいつはその後ぶつかったオバさんにめちゃ文句言われて平謝りしてましたけどね。急にスカッとジャパン感。

外に出るのが久しぶりなのか、電車に乗ったことがないのか、窓から外の景色をずっと眺めていました。まるで小学生のように。そんなこんなで海に着く二人ですが、ジョゼは久しぶりに見る海に大興奮。

彼女の死んだ父親に以前連れてきてもらったのですが、その時に「海の水はどんな味か」というクイズを出されており、今回それを確かめるという目的でもあったのです。

初めて感じる海のしょっぱい味。そこでの二人はなんだか青春でしたね。羨ましい。神々しいとても良いシーンです。

グリコの看板

その後も度々家を抜け出してはいろんな所に行く二人。海の一件で祖母に叱られた二人でしたが、1時~3時は祖母が昼寝をしており、その隙を狙って観覧車を体験したり、絵を描く為の道具を見に行ったり、公園に行ったり、水族館や映画など…多くの事をジョゼは知っていきます。

てか映画は二時間じゃ帰ってこれないだろと思いましたが、細かいことを言うのはやめましょう。

その頃祖母は市の職員らしき人とカフェで会話をしており、その人はジョゼの自立を促そうと祖母に相談をしていました。家に籠りっぱなしは良くないと言う職員に対し祖母は「最近はどこか出かけている」と言います。

やっぱりバレていましたか。しかしそれが祖母にとっては嬉しい事でもあったのです。ジョゼを道頓堀のグリコの看板みたいと例えます。今にも走り出しそうなくらい楽しいジョゼをさりげなく応援する。いい祖母ですね。

図書館で仲良くなる

ジョゼと恒夫が図書館に行くのですが、そこで図書館の司書として働く岸本さんと仲良くなります。ジョゼが好きな本で意気投合したのです。その本からジョゼという名前を取ったほど。いろんな出会いで友達もでき成長していくジョゼ。

さらに恒夫のバイト先にも足を運び、恒夫の友人である松浦とジョゼが顔合わせをするのですが、彼はジョゼにゾッコン。どストライクと言いながらラインを交換しようとしますが、携帯を持ってないと断られます。

まあ本当に持ってないからしょうがない。でも持ってるのにそう言われたら諦めた方が良いですね。

しかしそこでジョゼと恒夫は喧嘩をしてしまい、少しの間仲違いになります。そんな矢先恒夫はメキシコ留学の奨学金が出る事が決まり、念願の夢が叶います。

一方ジョゼは図書館で岸本さんと話をしており、ひょんな事で子供達に絵本を読み聞かせる事に。慣れないながらも絵本を読んでいくジョゼですが、彼女の話がつまらないのか、子供たちはどこかへ行ってしまいます。

唯一残った女の子に絵を描くように言われ、それがとんでもなく上手い絵なので、岸本さんも思わずびっくり。絵を仕事にするよう勧めますがジョゼは恥ずかしがってる様子です。

祖母が…

その後仲直りをする為に光る魚を持ってジョゼの元まで恒夫がやってきます。凄く綺麗なその魚はクラリオン・エンゼルという名前。恒夫が幼い頃お店でその魚を見てから興味をもち、いつか会いたいと思っていました。

その魚はメキシコにしか生息しておらず、メキシコに行く目的もその魚を観る事でした。仲直りした二人は動物園に行く事に。ジョゼは虎を見たがっていました。虎は一番怖いものらしく、タイトルにも入っていますね。

外にいる人を虎とも例えており、車いすで生活する彼女にとっては、変な目で見てくる他人は怖い存在なのです。その辺は恒夫とジョゼは結構いい感じ。このまま上手く行くのかなと思った矢先。

まさかの祖母が亡くなってしまいます。衝撃でしたね。以前から心臓が悪かったみたい。

またもや家族を失ったジョゼはふさぎ込んでしまいます。お金もないジョゼはもう管理人(恒夫)は雇えないと。そして恒夫は最後の願いとしてジョゼと共にもう一度海に行きます。

恒夫が…

海に着いた二人ですが、ジョゼは今まで手を伸ばしても何にも届かなかった自分に、絵の仕事をやっていける訳ないと自暴自棄になり、そのまま一人で飛び出していきます。

後を追う恒夫でしたが、ジョゼの車いすの車輪が道路の真ん中で動かなくなり車に轢かれそうに。

助けに入った恒夫が車に轢かれます。大事故。けっこうふっとびましたね。

ジョゼは自分のせいで恒夫が事故にあってしまったと思い…悲しみます。幸い恒夫は命に別状はないですが、解放骨折(骨が外に飛び出る)をしており手術をし、問題はなかったですが、リハビリが必要で最悪の場合足が動かない可能性があると言われます。

それによりメキシコ留学の話は無しに。まさに天国と地獄とはこのことを言うのですね。

もう無気力になってしまった恒夫。病院にはバイト先の後輩の女の子がお見舞いにやってきますが、恒夫がスペイン語の参考書を捨ててるのを見ます。外に出て話をしますが、思いを隠し切れなかったのか…突然告白

彼女はずっと恒夫に想いを寄せていました。振られる事はわかっての告白でしたが、やはり告白は勇気がいるものですね。

ジョゼの絵本

そんな後輩ですが、恒夫の為を思いジョゼに会いに行き、ふさぎ込んでる彼女をやる気にさせます。恒夫にしてあげられる事はなにか考え…絵本を作る事に。それを図書館で子供達と恒夫に読み聞かせします。

その絵本は人魚が主人公の絵本。

海に出る事が許された人魚は、魔法の貝殻を使い、二つある願いのどちらかを叶えることが可能。別の願いをすると泡になって消えてしまいます。彼女は「人間にして」という願いをしするのですが、そこに虎が現れます。

逃げる人魚。崖の所で足を滑らせ絶体絶命のピンチ。しかしそこで青年が彼女を助けました。その青年の夢は遠くにある光る海に行く事。そんな青年と人魚はいろんな所に出かけるのですが、またもやそこに虎が現れます。

なんとか人魚を助ける青年ですが力尽きそうになります。

人魚は泡になってしまう二つのお願いとは別のお願いするのです。それは青年を助けて!というお願い。青年は何とか助かりますが背中に生えた立派な羽は治らないまま。

しかし彼には心の翼が生えていました。どこにでも飛んで行ける心の翼が。

こうして諦めなかった青年は見事光る海にたどり着きます。しかし人魚は違う願い事をしたので泡になるかと思いきや…その願いは人を助ける願いだからと、消えずに生き残ります。こうして人魚は海の底に戻っていったのです。という内容。

これは完全に今までの恒夫とジョゼの事を表わしていますね。そこに彼への諦めないでというメッセージを込めたとても素晴らしい絵本でした。それに感化された恒夫はリハビリにも耐え、なんとか杖をついて歩けるまでに快復するのです。

ジョゼがいなくなる

恒夫が退院する12月24日。その日はジョゼが病院まで迎えにくる予定でしたが、一向に来ません。携帯も繋がらない。しょうがなくジョゼの家に行きますが…そこには彼女の姿はありません。

しかも荷物は整理され、まるで引っ越しするような感じ。彼女はどこに行ってしまったのか。必死に探す恒夫や図書館の岸本さん、さらには恒夫の友人の二ノ宮や松浦まで総出で彼女を探します。

ちなみにそこで恒夫が駅員に、車いすの女性が通ったか聞くのですが、その駅員は見取り図のリリーです。

その後動物園に行く恒夫ですが、そこで車いすの車輪の跡が雪にくっきり残ってるのを発見。跡を辿りますが途中で途切れており、まるでどこへ行ったかわからない状況に。先程の絵本にもあった通り、最後人魚は海に戻っていきました。

つまりそれはジョゼが恒夫の前からいなくなる事を暗示していたのです。

留学する恒夫の為を思っての行動ですが、ジョゼも悲しんでいる様子。一人で彷徨っているジョゼですが男の人にぶつかり、車いすが坂を猛スピードで下ります。やばいと思ったその時…まさかの恒夫が。

そして再びジョゼをキャッチ。これは一番最初のシーンをここでもう一回出してきましたね。なかなかの演出。そこで恒夫は「ジョゼが好きだ」と。ジョゼも「恒夫が好きだ」と。こうして二人は結ばれる事になるのです。

エンドロール

映画はハッピーエンドで終わりましたが、今作はエンドクレジットシーンがありました。

エンドロール中には、ジョゼや岸本さんや恒夫の友人がメキシコに行く恒夫をを空港で送るシーンが描かれていましたが、エンドロールが終わった後、桜の木の下で座って絵を描いているジョゼが。そこに突然恒夫がやってきます。

彼は春休みを利用して帰ってきていたのです。驚くジョゼ。しかもその桜の場所は、劇中でジョゼが紅葉の下で「春になると満開の桜が咲く」と言っていた場所。なんとも粋な演出ですね。

主題歌と挿入歌

リハビリシーンで流れたのはEveの「心海」

ずっと聴いていた曲でもありますし、てっきりこの曲が主題歌だと思っていたので、まさか挿入歌だとは思いませんでした。だって予告はこの歌でしたからね。でも主題歌もいいですよ。

主題歌はEveの「蒼のワルツ」

心海に比べて若干落ち着いた感じの歌になっています。今回の主題歌を担当したのは顔を出さないで音楽活動をするシンガーソングライターのEve。最近YouTubeでよく聴いてるんですよね。

2020年10月から放送のアニメ「呪術廻戦」のオープニングを担当。廻廻奇譚(かいかいきたん)というタイトルで、凄く良い歌。2020年で一番聴いた歌かもしれません。

彼の透き通るような歌声は聴いてて心地よいですので、一度聴いてみてください。

コメント

コメントする

Contents
閉じる