Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『花束みたいな恋をした』ネタバレ感想解説!二人の恋模様をリアルに描いた作品

花束みたいな恋をした 公式サイト

2021年1月29日公開の映画『花束みたいな恋をした

菅田将暉と有村架純主演の恋愛映画。「東京ラブストーリー」や「カルテット」などを手掛けた坂元裕二が脚本を担当したオリジナルストーリーになっています。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った 山音麦(菅田将暉)と 八谷絹 (有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが…。まばゆいほどの煌めきと、胸を締め付ける切なさに包まれた〈恋する月日のすべて〉を、唯一無二の言葉で紡ぐ忘れられない5年間。最高峰のスタッフとキャストが贈る、不滅のラブストーリー誕生!──これはきっと、私たちの物語。

花束みたいな恋をした 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 二人だけの世界観で進むストーリー
  2. 時事ネタを多く挟む
  3. ベッドシーンも

感想・解説(ネタバレあり)

3.9

評価基準について

良かった点・気になった点

久々に純粋な恋愛映画を見た気がします。しかしただ純粋ではなく、普通の一般的な生活や暮らし、喧嘩したり仲直りしたりなど…非常にリアルで良かったと思います

映画自体はほぼ菅田将暉と有村架純の二人のシーンが続くので、他の人はちょい役程度。ライバルになる女性や三角関係などは一切なく、二人の世界観で物語は進みます。

菅田将暉と有村架純の両方とも好き!っていう人は天国のような映画かもしれません。

しかし恋愛とは生易しいものではありません。一緒に暮らせば様々な事が起こりますし、肉体関係も生まれます。普通にいちゃいちゃしているシーンも多く、ベッドシーンや一緒にお風呂に入るシーンもありました。

結構その辺もリアルに描いており、そんなシーンは見たくないと言う方もいるかもしれませんね。

最初は純粋な恋愛で進んでいくのかと思いましたが、より深い部分まで表現されていたので、シンプルに二人以外を無駄に登場させないのは良かったと思います。そうする事で二人のシーンは際立ちますからね。

それにしても偶然出会った割には趣味会いすぎだろ。

好きな本や作家、さらには天竺鼠のライブにお互い行き損ねたり…その辺はちょっと大げさに演出されていましたが、まあ恋愛ってそんな感じで始まっていくんですよね。

お互い話が盛り上がって、気づいたらたくさん話していたり、帰ろうとしたらまた別の話で盛り上がる。気づいたらお互いの事を想いあってる。それが恋というものかもしれません。

そういったシーンも劇中には多く散りばめられており、あるある!のような部分も共感できるシーンもあります。

喧嘩もリアルで「じゃあ」と言わないでとか、仕事だからしょうがないとか、たぶんそんな喧嘩日本全国でやってますよね。些細な事で喧嘩して落ち込んだりと…怖いくらい日常を切り取ったシーンがあります。

部屋も質素で生活感があったりと、そういう部分にもこだわって作られたんだなと感じました。

二人が過ごしていく時間が流れ、お互いすれ違っていく感じになるのですが、昔はおそろいのスニーカーだったのが、徐々に変わっていく描写がとても印象的。

言葉には表さないけど、人生何が起きるかわからない。人間も変わっていくという事を表現していたのかもしれません。

しかし最後のシーンはなかなか感動します。てか昔の自分たちを投影するような若いカップルがファミレスに来るのですが、まさかの清原果耶と細田佳央太が演じており、これまた贅沢に使っていましたね。

初々しいシーンは好きでしたね。表現の仕方を変える事で、また違ったエンディングになっていると思います。

今作では2016年から2020年までの二人の恋愛を描くストーリーになっており、所々で時事ネタが出てきます。菅田将暉がパズドラをやっていたり、君の名はやシンゴジラなどの名前が出てきました。

カラオケでもSEKAI NO OWARIの「RPG」やGReeeeNの「キセキ」が歌われていたり…まあこの二曲は現在でも歌っている人はいると思いますが。

そして押井守が押井守役で出演。『機動警察パトレイバー』シリーズや『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』などを手掛ける世界的に有名な映画監督です。本人役で出てるとは驚き。

さらにファミレスのウェイター役で「Awesome City Club」という音楽グループのPORIN(ぽりん)が出演。実在するバンドだと知ってびっくりしましたが、スマホで流してた曲はなかなかいい曲です。まあイントロしか流れませんでしたが。

劇中でも挿入歌を担当しています。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:土井裕泰
  • 脚本:坂元裕二

キャスト

山音麦
菅田将暉
主人公
絹と出会う
八谷絹
有村架純
主人公
麦と出会う
羽田凜
清原果耶
ファミレスにいた
女性
水埜亘
細田佳央太
ファミレスにいた
男性
川岸菜那
韓英恵
絹の友人
卯内日菜子
八木アリサ
麦の同級生
ラブホのおじさん
宇野祥平
ラブホの入り口に
いたおじさん
ラブホの女性
佐藤玲
ラブホの入り口に
いた女性
加持航平
オダギリジョー
絹の会社の
社長
押井守
押井守
押井守
土志田美帆
Awesome City Club
(PORIN)
ファミレスの
ウェイター
富小路翔真
佐藤寛太
絹とデート
していた男
八谷早智子
戸田恵子
絹の母親
広告代理店
八谷芳明
岩松了
絹の父親
広告代理店
山音広太郎
小林薫
麦の父親
新潟に住む

出演作

宇野祥平
小林薫
  • キセキ-あの日のソビト-

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる