Readmore...
ふぃる
社会人として働きながらおすすめ映画の紹介などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『銀魂』あらすじネタバレ解説!実写化で紅桜編を描く!新八のツッコミは健在

銀魂 公式Twitter

2017年7月14日公開の映画『銀魂

ジャンプで連載されていた空知英秋先生の漫画「銀魂」の実写化作品。2017年の実写映画ではNo.1の興行収入を記録し、大ヒット。小栗旬の銀さんはぴったりだと思います。

本記事はあらすじやおすすめポイント、ネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

侍の国…この国がそう呼ばれたのも今は昔の話。江戸時代末期、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途をたどっていた。かつて攘夷志士として天人と最後まで戦い「白夜叉」と恐れられた坂田銀時も、今は腰の刀を木刀に持ち替え、かぶき町の便利屋<万事屋(よろずや)銀ちゃん>を呑気に営む日々。そんな彼の元に、かつての同志である桂小太郎が消息不明になり、高杉晋助が挙兵し幕府の転覆を企んでいるという知らせが入る。事件の調査に乗り出した万事屋メンバーの新八、神楽の身に危険が迫ったとき、銀時は再び剣をとる。進む道、戦う意味を違えたかつての同志と対峙し、己の魂と大切な仲間を護るためにー。

銀魂 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 銀魂の世界観を再現
  2. かっこいい銀さん
  3. 福田組の面白演技

感想・解説(ネタバレあり)

良かった点・気になった点

やっぱり銀魂は面白いですね。それに加え今作は原作の《カブト狩り》《紅桜編》をベースに作られており、紅桜編は映画化するにあたってはもってこいのエピソードですよね。

銀魂2でもベースは《真選組動乱篇》なので、まさに両方とも映画化するならこれ!っていうエピソードだと思います。

銀魂ならではの独特のふざけた感じはもちろん、たまにやるまじめなストーリーも良かった。銀魂ってたまにああいうちゃんとした奴やるから面白いんです。

さらにこの映画を福田雄一が監督を務めるという適材適所。おなじみムロツヨシや佐藤二朗などのふざけた演技。

そして小栗旬や菅田将暉、橋本環奈のしっかりとしたキャストがちゃんと再現してくれたことで、より一層良い映画へと変わっていたんじゃないかと思います。

2017年の実写映画ではNo.1の興行収入といいましたが、それも納得の出来。漫画の実写って批判はつきものなので、もちろん気に食わない人もいるかもしれませんが、実写化では成功の部類だと感じます

実写化向きの作品と不向きの作品がありますが、ジャンプ漫画としては良かったのではないでしょうか。まあギャグメインなのでジャンプ漫画と言えるかどうかわかりませんが…

しかし船での戦闘シーンなんかは、セット感が強く、ちょっと画面に違和感がありました、船だとしょうがないのかもしれませんが、あれは誰が見てもセットだと感じるはずです。

こういったコメディテイストの作品だからこそ、そこは許される部分なのかもしれません。

正直な所私今まで銀魂を見たことがありませんでした。2020年1月にアニメ映画『銀魂 THE FINAL』が上映される事を知り、その予習にアニメを見始めました。

まだ途中なので全てを把握しているわけではありませんが、一応今回のベースとなるカブト狩りと紅桜編は見ました。紅桜編は何週にもわたって放送されており、ちょっと感動もしました。

いつもふざけた奴がたまにまじになると、かっこよく見える現象ですね。

これは銀魂のアニメでも《不良がちょっといい事するとすごくいい事したように見える》と銀さんも言っており、似ている所がありますね。

そしてまじでふざけすぎです。アニメでも他の作品を平気でパクったりとやりたい放題でしたが、映画でもやりたい放題。区カウントダウンTVのパクリは大丈夫なのか?と思っていましたが…

最近YouTubeでアニメ銀魂の歴代OP・EDをまとめた動画があり(公式動画です)、ちゃんと許可を貰っているみたいですが。まあ映画の時はわかりませんけどね。

思いっきり他局ですが。そして私の住んでいる地域はテレ東が見れない。残念です。

期間限定の配信らしく2021年3月31日まで。

こういったふざけたゆるい感じも銀魂の魅力の一つだと思います。

ざっくりストーリーを解説

ストーリーはお決まりの説明シーンから始まります。これはアニメでも第一話で紹介されていた映像とほぼ同じです。アニメでは一周年や二周年の時に過去を振り返る時に流されており、新八が「何回やるんだよ」と突っ込んでしました。

てか関係ない話ですが、新八のツッコミはちゃんと的確に突っ込んでて好きです

最近銀魂を見すぎているせいか、他のアニメを見た時、なぜここで突っ込まねえんだよと思うシーンがあったのですが、よくよく考えたらそれが普通なんだと。

銀魂が異常なんだと気づきました。これからは適切な間隔でアニメを見ようと思います。

それはさておきまずはカブト狩り編。アニメでは沖田と神楽がカブトムシで戦ったりするのですが、そこはなかったです。今先は紅桜編がメインなおので、オマケみたいな感じですね。

相変わらず近藤さんはおかしいですし、お妙さんをストーカーしていました。

お妙さんの長澤まさみはまじで適役。

アニメを見ていてお妙さんは実写だと長澤まさみって感じだな~と思っていたのですが、本当に長澤まさみでびっくりしました。気の強い感じもぴったりだと思います。

カブト狩りはすぐ終わり人斬りに桂が斬られます。桂が襲われたことをエリザベスが万事屋の面々に伝えに。こうして桂を探しに行くのですが、銀さんが人斬りである似蔵にやられます。

新八や神楽は単独で船に乗り込み、桂を探すのですが、そこで敵と遭遇し交戦に。

新八が一人で来た時のシーンはマジで笑いました。変平太(佐藤二朗)と会話するのですが、独特のコメディ感溢れるやりとりで、思わず菜々緒が笑っていました

しかもそのシーンを使うという暴挙。さすが福田雄一監督。銀魂らしい。

新八がボタンを開け閉めし、それを佐藤二朗にツッコまれるシーンはヤバイです。「ボタンのぱちって音していい奴なの?映画的に」の会話は本当に笑うからやめてくれって感じです。

しかしそんなふざけたシーンばっかではなく、怪我していた銀さんが帰ってきた時は、やっぱジャンプ漫画だなと思いました。銀さんは頼りになりますね。

敵であり昔寺子屋で一緒に勉学に励んだ仲間でもある高杉と対決。結構アクションもしっかりとやっていたのですが、今までのシーンの反動で良く見えたのかも。

まあそれでも実写『るろうに剣心』には敵いませんが。あれはもう頭おかしいです。そのくらいアクションは最高です。

敵を退けた銀さんたちですが、いずれ鬼兵隊の面々も出てくるでしょう。すいません。まだアニメが追い付いてないのでわかりません。

こういったコメディで明るい映画にしたことが、ヒットの要因の一つだと考えます。子供も楽しめますし、大人も笑える作品。幅広い世代が見ることのできるちょうどいい映画だと感じました

続編も楽しみですな。

みんなの感想はこちら(Filmarks)
動画配信状況もチェックできます

関連記事

あなたは今どんな気分ですか?

旅に出たくなる映画が観たいな…
平日の夜に観れる映画ないかな…
雨だから雨にちなんだ作品を観たい

それぞれの気分やシチュエーションに合わせたおすすめ映画を紹介しています。
詳しくはこちらから

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる