Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

『アナと雪の女王2』感想・評価【後半ネタバレ解説】オラフとクリストフが目立っていた

アナと雪の女王2 公式Twitter

2019年11月22日に公開した映画『アナと雪の女王2』

前作が大ヒットし、やっと今年続編が公開されました。

日本語版声優も神田沙也加さんや松たか子さんが続投されるとの事で、どのような内容になるのか、解説していこうと思います。

Contents

評価

3.9

評価基準について

前作に引き続きとてもいい映画でした。クリストフやオラフのシーンなど、コメディ要素が強くなってるなと思いました。

子供たちも笑って楽しく見れるいい作品です。

あらすじ

かつて、真実の愛によって姉妹の絆を取り戻したエルサとアナ。

3年の歳月が過ぎ、アレンデール王国の女王となったエルサは、アナ、クリストフ、そしてオラフと共に幸せな日々を過ごしていた。

だが、エルサにしか聞こえない不思議な“歌声”に導かれ、姉妹はクリストフとオラフを伴い、アレンデール王国を離れて未知なる世界へ。

それは、エルサの“魔法の力”の秘密を解き明かす、驚くべき旅の始まりだった…。

アナと雪の女王2 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:クリス・バック
  • 監督:ジェニファー・リー

キャスト

アナ
クリステン・ベル
第二王女
エルサの妹
エルサ
イディナ・メンゼル
第一王女
アナの姉
クリストフ
ジョナサン・グロフ
青年
いいやつ
オラフ
ジョシュ・ギャッド
雪だるま
スヴェン
(声優なし)
トナカイ
アグナル
モーリス・ラマルシェ
エルサの父
国王
イドゥナ
ジェニファー・リー
エルサの母
王妃
マティアス中尉
スターリング・K・ブラウン
髭をはやした男
イエレナ
マーサ・プリンプトン
ノーサルドルの
リーダー
ライダー
ジェイソン・リッター
ノーサルドラの
青年
ハニーマレン
レイチェル・マシューズ
ライダーの妹
ルナード国王
ジェレミー・シスト
エルサ・アナの
祖父
パピー
キーラン・ハインズ
トロールの
長老
ハンス王子
サンティノ・フォンタナ
サザンアイルズ
第13王子
ヴェーゼルトン公爵
アラン・テュディック
ちいさい
おっさん

映画を観るなら…

映画『アナと雪の女王2』は以下の動画配信サービスで配信されています。

感想・解説

とてもいい映画でした。

前作の「アナと雪の女王」よりも、より姉妹の絆だったり、クリストフとアナの恋の模様だったりを描いていて大人から子供まで楽しめる映画だったと思います。

別の記事にも書きましたが、監督のコメントで

「『アナと雪の女王』と『アナと雪の女王2』は2作で1つの完成された物語だ」

というコメントをしていましたが、確かに「アナと雪の女王」で語られなかった秘密などが、今作で分かったりと、完成された物語の意味がわかったような気がします。

今作の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」は「アナと雪の女王」で大ヒットした「Let it go」に負けないくらい歌声と映像がマッチしている素晴らしい歌だったと思います。

映画の結構序盤で歌っていたので

「あれ?こんな早くに歌っちゃうんだ」と思いましたが、その後もいい歌がたくさん出てきたので、入りとしては良かったと思います。

僕は吹き替えを見に行ったので、エンドソングは、中元みずきさんの「イントゥ・ジ・アンノウン」でしたが

字幕だとエンドソングはPanic! At The Discoの「Into the unknown」なので、そちらのバージョンも違った感じで聞き比べてみてもいいかもしれません。

すごい高音で綺麗な声ですね!中元みずきさんも力強い歌声ですが、同じくらい素晴らしい歌声だと思います。

劇中では、オラフやクリストフなどがそれぞれ単独で歌うシーンがあったのですが・・

ちょっと笑いそうになりました(失礼)

劇場で見られた方はわかるかもしれませんが、オラフが魔法の森で先住民たちに、今までの出来事を説明するシーンは、最初から最後まで面白かったです。

勢いで押し切ったような迫力があって、名シーンの一つです(笑)

あとはなんと言ってもクリストフ。

クリストフがアナに向けて歌った「恋の迷い子」

歌はめちゃくちゃいい歌なんですよ!毎日聴きたいくらいに・・・

映像が・・(笑)

映像を見た時は、こちらも少し笑いそうになりました(すいません)

最初はいいのですが、だんだんと「あれ?」となってきて、最後の方にはスヴェン(トナカイ)が4つに分かれて顔のアップになる映像などがあったので、「何だ?これは」と思った方も多かったのではないでしょうか。

Queenの「ボヘミアンラプソディー」を一瞬思い浮かべました(笑)

みなさん同じことを思ってますね。

しかし映像の美しさや、クライマックスのシーンで、エルサが津波?を止めるシーンなど、見どころ満載で引き込まれるような感覚でした。

映像に音楽も合わさって、ずっと見ていられるようなそんな映画だったと思います。

途中のシーンで、エルサ達が魔法の森の中を彷徨っていて、火の妖精が襲ってくるシーンがあったのですが、

竜巻の中で巻き込まれないように氷を出しながら抑えてるシーンは

「あれ?ジャンプ漫画をみているのかな?」と思いました(笑)

エルサめちゃ強いです。

コメント

コメントする

Contents
閉じる