Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃる
社会人として働きながらおすすめ映画の紹介などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『ファイト・クラブ』あらすじネタバレなし感想!なぜあれで喋れるんですか?

映画.com 公式Twitter

1999年12月11日公開の『ファイト・クラブ

カルト的な人気を誇る今作。鬼才デヴィッド・フィンチャー監督作品で、若かりし頃のブラッド・ピットなどが出演しています。一体どんな映画なのか?気になりますよね。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレなしで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャックは、謎の男テイラーに導かれるまま、謎の秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになる。そこは鍛え抜かれた男達が己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった。

Yahoo!映画

このあらすじだけ見るとなんのこっちゃですが、ジャックは主人公。エドワード・ノートンが演じています。便宜上名前が明かされないので、ジャックと呼ぶ場面があります。

テイラーに導かれるままメンバーになると言うのも、なんか違和感があります。実際は二人でつくったようなもんです。このあらすじは前半部分ですね。後半はもっと面白い事になりますよ。

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 予想だにしない展開
  2. 殴り合いの熱い戦い
  3. 謎の雰囲気に満ちた作品

みんなの感想はこちら(Filmarks)

感想・解説(ネタバレなし)

3.9

評価基準について

良かった点・気になった点

なんだか凄いと聞いてはいましたが、いつまで経っても観てこなかった映画。ようやく鑑賞しましたが、何が凄いのか表現するのが難しい。悪い意味ではなくいい意味です。

終始謎に満ちた雰囲気は映画に入り込めましたし、最初はずっとこのまま進むんじゃないかと思いました。しかし途中から展開が変化。しっかりと期待通りに驚かしてくれました。

それを知った時に、前のシーンを振り返ってみると、たぶん「なるほど」と思えるようなシーンがあったでしょう。若干不可解な設定もありますが、起伏が少ないながらも飽きなかったです。

平坦に進んでいくストーリーは、途中で飽きてしまう人もいるかもしれません。しかし今作は謎に満ちた感じと、これから何か起こるんじゃないかと言う期待感で、全然長いと感じなかった。

個人的にはこういう驚きの展開の映画は好きですし、いろんな考えや考察が出来るので、楽しいです。

ブラピもかっこいい。公開は1999年なのでそれでも36歳くらいですが、感覚的にはもっと若く見えます。どんな髪形でもイケメンはイケメンなのだという事を、改めて思い知らされました。

そしてヘレナ・ボナム=カーターのヘレナ・ボナム=カーター感は半端ない。生まれた時からあんな感じなんじゃないかと思うくらい、ずっとあの印象。ほとんどの役があんな感じだと思います。

有名なのは『ハリー・ポッター』シリーズのレストレンジ役かなと思いますが、レストレンジの時も同じような容姿ですよね。まあ同じ人物ですから同じなのは普通なのですが…

彼女に至ってはいつまで経ってもヘレナ・ボナム=カーターです。

ちなみに『スーサイド・スクワッド』などのDCEU版ジョーカーを演じているジャレット・レトも出ていましたが、お気づきになられたでしょうか。好きな人はすぐにわかるかもですが、あの顔じゃ判別は難しいかと。

今活躍しているキャストの若い頃も見れるのが、昔の映画の良い所ですよね。

今作に関しては内容こそそこまで難しくはないですが、細かい部分まで掘りさげていくと、演出の仕方に驚いたり、こだわりを感じ取れます。

そういった部分は鬼才デヴィッド・フィンチャーですし、カルト的人気があるのにも頷けます。彼は『セブン』やFacebookの創業者マーク・ザッカーバーグを描いた『ソーシャル・ネットワーク』などの監督です。

凄い監督とブラピなどの俳優。さらには謎に満ちた展開や雰囲気。ゴミ溜めのような所で過ごす底辺の男たち。そんな泥臭さや驚きの展開を楽しめる。そんな映画になっていると感じました。

それにしても殴り合いは痛そうです。殴り合って楽しいのかなと思いますが、人にはそれぞれストレスを発散できる方法や、自分の居場所を見つけられる何かがあるのでしょう。それが殴りあいなのかもしれません。

ただ殴り合ってるわけじゃないので恐ろしい。ブラピ怖い。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:デヴィッド・フィンチャー

キャスト

タイラー・ダーデン
ブラッド・ピット
謎の男
ケンカが強い
ナレーター
エドワード・ノートン
語り手
さえない人物
マーラ・シンガー
ヘレナ・ボナム=カーター
自助グループに通う
タイラーの家に来る
ロバート・ポールセン
ミート・ローフ
睾丸ガンの男
太ってる
エンジェル・フェイス
ジャレット・レト
クラブのメンバー
金髪
リッキー
アイオン・ベイリー
外にずっと
立ってた奴

関連記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる