Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『小さな恋のうた』あらすじ後半ネタバレ感想!ちゃんとライブシーンでは歌ってる

小さな恋のうた 公式Twitter

2019年5月24日公開の映画『小さな恋のうた

佐野勇斗主演の青春音楽映画。音楽やバンドを通じて仲間や友情を描くストーリーになっており、MONGOL800の「小さな恋のうた」を元に作られています。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。

小さな恋のうた 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 予想外の展開
  2. バンドを通しての絆
  3. MONGOL800の歌が聞ける

感想・解説(ネタバレあり)

3.9

評価基準について

良かった点・気になった点

内容はほとんど知らずに見たのですが、予想とは違った展開でびっくりしました。

しかしそれは悪い意味ではなく、むしろそういった展開になったことで、よりストーリーや細かな描写に深みがましたと思います。

そしてまじで青春。恋愛的な要素はほとんどなく、純粋な青春と音楽が混じったような感じ

しかし最初の出来事には驚きました。でもあれがなかったら物語は始まっていませんし、映画を観た後にモンパチの曲を聴くと、違った捉え方が出来るのかもしれません。

国境を超えて出会った人との絆や沖縄ならではの問題も描いており、なかなかの出来だと思います。

キャストに関しても良かったと思いますし、主演の佐野勇人の低音の歌声もあれはあれでありかなと。実際に劇中で組んでいたバンドが「小さの恋のうたバンド」としてデビューしていますし、最近はそういった流れが多いですよね。

まぁいい歌なら全然問題ないですけどね。モンパチの歌も聞けて大満足の映画です。鈴木仁の件だけはハッピーエンド的な展開になると思っていたのでびっくりしていますが…

主題歌

今作の主題歌はMONGOL800の「小さな恋のうた」ですが、劇中でバンドを組んでいた四人が「小さな恋のうたバンド」としてデビューしています。

原曲ももちろん良いですが、佐野勇斗の低音や曲のアレンジもいいですよね。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:橋本光二郎
  • 主題歌:MONGOL800「小さな恋のうた」

キャスト

真栄城亮多
佐野勇斗
バンドの
ボーカル担当
池原航太郎
森永悠希
バンドの
ドラム担当
譜久村慎司
眞栄田郷敦
バンドの
ギター担当
新里大輝
鈴木仁
バンドの
ベース担当
譜久村舞
山田杏奈
慎司の妹
ギター担当
リサ
トミコクレア
アメリカ軍基地
の女の子
池原昌盛
金山一彦
航太郎の父親
譜久村一幸
佐藤貢三
慎司の父親
譜久村静代
中島ひろ子
慎司の母親
真栄城慶子
清水美沙
亮多の母親
根間敏弘
世良公則
クラブハウスの
オーナー

出演作

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる