Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『ボヘミアンラプソディ』あらすじ後半ネタバレ感想!ライブエイドのシーンは圧巻

ボヘミアンラプソディ 公式Twitter

2018年11月9日公開の映画『ボヘミアン・ラプソディ

QUEENのボーカルであるフレディ・マーキュリーに焦点を当てた伝記映画になっており、ライブ・エイドでのパフォーマンスは最高です。

本記事ではあらすじキャスト、おすすめポイントやネタバレありで映画に対する評価や感想などを解説しています。

Contents

あらすじ

1970年、ロンドン。ライブ・ハウスに通っていた若者フレディ・マーキュリーは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り自らを売り込む。二人はフレディの歌声に心を奪われ共にバンド活動をし、1年後、ベーシストのジョン・ディーコンが加入。バンド名は<クイーン>に決まり、4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、その後もヒット曲が次々に生み出され、フレディは“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し孤独を深めていくのだった…。

ボヘミアン・ラプソディ 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. フレディの生涯
  2. 名曲の誕生秘話
  3. ライブ・エイドでのシーン

感想・解説(ネタバレあり)

4.2

評価基準について

良かった点・気になった点

クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーに焦点を当てた伝記映画ですが、やっぱりクイーンは最高ですね!

今作はもちろんライブシーンもたくさんありますが、過去の栄光と挫折を描いたシーンを重点的にしっかりと再現しています。

その為ゲイだった時の辛さや恋人との別れなど、細かな部分まで知ることができたのは、詳しくない私でも楽しめる要因だと思います。

ライブでも割と知っている曲をやってくれたので、世代ではないですがよかったです。

フレディを演じたラミ・マレックもかなりビジュアルが似ており、ほかのメンバーも似ているので、映画に入り込めたのかもしれません。

最後のライブ・エイドのパフォーマンスは凄く盛り上がりますし、映画館で歌いたくなるような感じです。本当におすすめできる音楽映画です。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:ブライアン・シンガー
  • 製作:ロバート・デニーロ
  • 製作:ブライアン・メイ
  • 製作:ロジャー・テイラー

制作にはクイーンのギタリストであるブライアン・メイやドラマーのロジャー・テイラーなどが参加しています。

キャスト

フレディ・マーキュリー
ラミ・マレック
クイーンの
ボーカル
ブライアン・メイ
グウィリム・リー
クイーンの
ギタリスト
ロジャー・テイラー
ベン・ハーディ
クイーンの
ドラマー
ジョン・ディーコン
ジョゼフ・マゼロ
クイーンの
ベーシスト
メアリー・オースティン
ルーシー・ボイントン
フレディの
彼女・友人
ジョン・リード
エイダン・ギレン
クイーンを
発掘する
ポール・プレンター
アレン・リーチ
クイーンの
マネージャー
ジム・ビーチ
トム・ホランダー
クイーンの
弁護士・マネージャー
レイ・フォスター
マイク・マイヤーズ
EMIの重役
クイーンと反発する
ジム・ハットン
マーロン・マカスカー
フレディの恋人
ゲイ
ジャー・バルサラ
メネカ・ダス
フレディの
母親
ボミ・バルサラ
エース・バティ
フレディの
父親
カシミラ・バルサラ
プリヤ・ブラックバーン
フレディの
ボブ・ゲルドフ
ダーモット・マーフィ
ライブ・エイドの
主催者
デヴィッド
マックス・ベネット
メアリーの
恋人
ケニー・エヴェレット
ディッキー・ボウ
ボヘミアン・
ラプソディを流す
ティム・スタッフェル
ジャック・ロス
クイーンの前身
バンドのボーカル
RT・ベイカー
ティム・プレスター
クイーンの曲を
レコーディングする

キャストについて

フレディ・マーキュリーを演じたのはラミ・マレック。彼はアメリカの俳優で『ナイト・ミュージアム』シリーズや『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』などに出演しています。フレディと見た目がとても似ていますよね。

ベースのロジャー・テイラーを演じたのはベン・ハーディ。彼はイギリスの俳優で『X-MEN:アポカリプス』やNetflixの映画『6アンダーグラウンド』などに出演。

顔立ちがイケメンですよね。

メアリーを演じたのはルーシー・ボイントン。彼女はイギリスの俳優で『オリエント急行殺人事件』などに出演。共演したラミ・マレックとは国際映画祭で交際している事を認めました。

ジム・ビーチを演じたのはトム・ホランダー。彼はイギリスの俳優で『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』『キングスマン:ファースト・エージェント』などに出演。

スパイダーマン役で知られるトム・ホランドと名前が似ていますね

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる