Readmore...

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

『バッドボーイズ2バッド』感想・評価【後半ネタバレ解説】映像のこだわりやカーチェイス

2020 7/09

バッドボーイズ 公式Facebook

2003年11月29日に公開された映画「バッドボーイズ2バッド」

前作よりかなりパワーアップしたアクションカーチェイスなど見どころ満載です。

Contents

評価

3.8

評価基準について

見ごたえのある迫力の映像が見ていて楽しいです。カーチェイスのシーンなど、お金がかかっているなと感じました。

あらすじ

マイアミ市警きっての敏腕刑事コンビ、マイクマーカスは合成麻薬エクスタシーを大量にさばいている巨大シンジケートの情報を入手し、

潜入捜査に乗り込むが決定的な証拠をつかむには至らない。

一方、マイクの恋人であり、マーカスの妹でもあるDEA【連邦麻薬捜査局】捜査官シドも正体不明の麻薬王に接近していた。

だが、潜入捜査官であることがばれてしまい、シドはキューバへ拉致されてしまう。

愛するものを助けるためキューバに乗り込む彼等が目にしたものは!?

バッドボーイズ2バッド 公式サイト

スタッフ・キャスト

スタッフ

監督:マイケル・ベイ

製作:ジェリー・ブラッカイマー

製作を担当したジェリー・ブラッカイマーですが、キューバのタピア邸の銃撃シーンの撮影日に誕生日だった為、棺桶に入ったケーキで祝福されたそうです。

キャスト

マーカス・バーネット
マーティン・ローレンス
刑事
マイク・ラーリー
ウィル・スミス
刑事
シド
ガブリエル・ユニオン
マーカスの妹
潜入捜査員
ハワード警部
ジョー・パントリアーノ
マーカスと
マイクの上司
ジョニー・タピア
ジョルディ・モリャ
麻薬王
アレクセイ
ピーター・ストーメア
ロシアの
マフィア
ジョセフ
オレッグ・タクタロフ
アレクセイの
部下
テレサ・バーネット
テレサ・ランドル
マーカスの妻
カルロス
オットー・サンチェス
タピアの部下
No.2
ロベルト
ジョン・セダ
タピアの部下
No.3
レイエス刑事
ユール・ヴァスケス
救急車に
乗ってた一人
バーガス刑事
ジェイソン・マニュエル・オラバザール
救急車に
乗ってた一人
ファヌーチ刑事
ゲイリー・ニケンズ
葬儀屋の前で
傘を差していた
フレッチャー
ジョン・サリー
捜査官
長身のハッカー
フロイド・ポティート
マイケル・シャノン
冒頭で
耳撃たれた人

映画を観るなら…

映画『バッドボーイズ2バッド』は以下の動画配信サービスで配信されています。

バッドボーイズ2バッド

感想

良かった点・気になった点

もうとにかく最初からアクション全開で、怒涛の展開がずっと続く映画です。

マイケル・ベイ監督の映画はとんでもない映画が多いです。

最近「6アンダーグラウンド」という、マイケル・ベイ監督のアクション映画を観たのですが、それと同じくらいずっと盛り上がる内容になっていました。

爆発で屋敷が吹っ飛んだり、人間が簡単に吹っ飛んだり真っ二つになったりと、何でもありのとんでもない映画です。CGも90%使ってないとのことなので、リアル感が凄いです。

内容が複雑ではないので、そこもアクションシーンに集中できる要因の一つだと思います。

カーチェイスのシーンなんか、一つ一つが長いのに、3回くらいやるので、全部がクライマックスみたいな緊張感でした。

特に2回目の橋の上で車をよけるカーチェイスは、もうこれで映画終わりだろっていうくらいの、ハラハラドキドキのシーンでした。

ドリフトもかっこいいし、何だかワイルドスピードを見ている錯覚に陥りました。

途中でマーカスがガタイのいい人に文句で「何とかディーゼルの・・」と言っていたので、これはワイスピのヴィン・ディーゼルの事ですね(笑)

スタイリッシュなシーンも多く、マーカスとマイクが麻薬取引の場所に潜入して銃撃戦になるのですが、その時にマイクが横っ飛びしながら両手で銃を撃っていました。

一瞬「フライト・ゲーム」のリーアム・ニーソンの銃を撃つシーンを思い出しました。

まあそれにしても「バッドボーイズ」のコンビ、最高ですね。

相変わらず息ぴったりのやりとりですが、喧嘩したり、仲直りしたり、いろんな事を乗り越えながら共に成長していきます。

マーカスはだんだんとぽっちゃりしてきましたね。前作の公開から約8年が経っているので、続投しているキャストも少し変わっているのですが、マーカスが一番変わっています。

ウィル・スミスは相変わらずかっこいいです。大人の魅力が増している気がします。

そして前作で囚人だった背の高いメガネの人が、警察で働いていたことはびっくりしました。

コンピューターに詳しかったので、今は科学捜査班の一員として働いています。

映像のこだわり

映像にもすごくこだわっていて、描写が独特です。

前作にもありましたが、360度回転しながら役者を映すカメラワークは、マイケル・ベイ監督の独自の演出方法でもあります。

今となってはそのようなシーンは多くの映画で見られますが、かなり画期的な印象深いシーンです。

それともう一つ、自分が映画の世界に入り込んだような映像のシーンは衝撃的でした。

2回目のカーチェイスのシーンで、車で運んでいた小型ボートが落ちて、後ろを走っていた車に衝突する場面があるのですが、数秒の間、車の運転席からの視線になり、ぶつかる瞬間までその描写でした。

一瞬のけぞってしまったくらい、リアルで驚きました。

吹替が逆?

僕はこの映画を吹替で観たのですが、ウィル・スミスの吹替を菅原正志、マーティン・ローレンスの吹替を山寺宏一が担当しました。

ん?なんかおかしい?と思っていたら、ウィル・スミスの吹替が山寺宏一ではない事が原因でした。

僕の中では山寺宏一=ウィル・スミスなので、なんか変な感じがしました。

画面を見ずに音だけ聞いていると、マーティン・ローレンスのセリフをウィル・スミスが言ってるみたいに聞こえてややこしかったです。

邦題について

それにしてもなぜ邦題が「バッドボーイズ2バッド」なのか疑問に思う所です。

原題は「BadboysⅡ」なので、邦題を付けた人がおかしなネーミングセンスの持ち主なのは確かです。

しかし今となってバッドが二回も出てきている状況がよくわかるくらい、いい意味でおかしな映画だと感じました。

そんだけなんでもありのトンデモ映画に仕上がっています。

ゲイに間違われるシーン

今作のみどころの一つとして、ユーモア溢れる笑えるシーンがあります。

特に好きだったのは、マイクとマーカスがゲイに間違われる所です。

捜査の為家電屋に来ていたマイクとマーカスが、マイクの撃った銃弾がマーカスの尻をかすめた話をしていたのですが、その映像が店のテレビに流れていて、店にいる人全員から軽蔑の目で見られていました。

話は勘違いでしたが、笑ってしまったシーンの一つです。

他にも、ネズミ駆除業者のふりをして、タピアの家に入り込んだマイクとマーカス。マーカスがネズミの種類を聞かれとっさに「ピンクマザーファッカー」と言っていたのには笑いました。

ピンクマザーファッカーって(笑)しかしなんとかその場をしのぎました。

R15指定なのでグロいシーンも

リアルな描写が多いマイケル・ベイ監督ですが、グロいシーンもはっきりと描かれています。

というかめちゃくちゃです。

首は取れるは、電車に轢かれ跡形もなくなるは、ドラム缶にバラバラの遺体が詰められるは・・・

しまいには地雷を踏んで上半身が吹っ飛びます

ちょっと想像しただけで残酷なシーンがいくつもありますが、ただ残酷に表現しているのではなく、そこにユーモアを加える事によって、見やすくなっていると思います。

死体が車の中からどんどん落ちていく場面は、残酷ではありますが、どこかシュールな感じがします。

日本ではR15ではなく、いくつかのシーンをカットした上で、PG12指定にしてより多くの観客の方たちに見てもらおうとしました。

まあそのようなグロいシーンが苦手な人は、少し目を塞いでおいた方がいいかもしれません。

キャストについて

前作に引き続き、ウィル・スミスやマーティン・ローレンス、2人の上司ハワード警部などが出演しています。

そしてハッカーの腕前は超一流の囚人だったフレッチャー。演じているのはジョン・サリーです。

彼は元NBAの選手であり、身長が2m10cmあります。

作中でマイクに捜査の協力を求められ、代わりに「ロサンゼルス・レイカーズ」vs「マイアミ・ヒート」の最前列の観戦チケットを要求します。

実はジョン・サリーはこの2チームに在籍していました。なんとも皮肉が聞いた演出ですね。

ロシアのマフィア、アレクセイを演じたのはピーター・ストーメア

彼は映画「アルマゲドン」や、アメリカの大ヒットドラマ「プリズンブレイク」にも出演していました。

海外ドラマで一番好きなドラマがプリズンブレイクなので、久しぶりに見ることが出来て良かったです。

他にも物語冒頭に登場するマフィアのフロイド・ポティート

名前がフライドポテトみたいですが、2020年公開の映画「ナイブズ・アウト」や、スーパーマンシリーズのゾッド将軍役で有名です。

マイケル・ベイ監督のカメオ出演

今作にはなんとマイケル・ベイ監督がカメオ出演しています。

マーカスとマイクが死体の入った車を追いかけようと、一般市民から車を借りようとします。

その時に最初に借りようとして中古の車に乗っていた男の人が、マイケル・ベイ監督です。

本来ならスタントマンが運転手役を演じる予定でしたが、撮影に来なかったので急遽、監督自ら出演されたそうです。

ちなみにマーカス役のマーティン・ローレンスは、運転手がマイケル・ベイ監督とは知らずに撮影していたので、最初はすごく驚いたそうです。

ただ実際に使われた映像は、驚いた映像ではないみたいです。

その後に借りた車に乗っていたのは、アメリカの有名なアメフト選手ダン・マリーノで、本人役で出演していました。

『バッドボーイズ フォー・ライフ』のタイトルについて

2020年に公開される最新作「バッドボーイズ フォー・ライフ」。

そのタイトル「フォー・ライフ」ですが、バッドボーイズ2のあるシーンからとったのではないかと、考えました。

マイクがマーカスの家で卒業アルバムを見ているのですが、その卒アルに書いてある言葉の中に

We ride together We die together,BAD Boys for life

という言葉があります。

日本語に訳すと「共に生き、共に死ぬ。俺たちは生涯の悪友」という意味です。作中でもこのセリフを言うシーンがありますよね。

最新作「バッドボーイズ フォー・ライフ」でもこのセリフが聞けるかもしれないので、公開が楽しみです。

コメント

コメントする

Contents
閉じる