Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
\シチュエーションや気分ごとにおすすめ映画を紹介/

映画『アルマゲドン』あらすじネタバレなし感想!世界を救うのはハゲのおっさん

music.jp 公式Twitter

1998年12月12日公開の映画『アルマゲドン

ブルース・ウィルスやベン・アフレックが出演しているSF映画。知らない人はいないですよね。エアロスミスの主題歌も日本人にとってはお馴染みのものになりました。

記事前半はネタバレなしであらすじ映画に対する評価感想などを解説。後半はおすすめポイントやキャストについて紹介

Contents

あらすじ

テキサス州と同じ大きさの巨大アステロイド(小惑星)が、時速35,000キロのスピードで地球に接近していた。衝突すれば確実に地球は全滅する。人類が生き残る方法は唯ひとつ。小惑星の地下深くで核爆発を起こし、その軌道を変えるのだ。このミッション遂行のため選ばれたのは、6人の宇宙飛行士と、8人の石油採掘のプロフェッショナル達だった…。

ディズニー 公式サイト

おすすめポイント

おすすめポイント
  1. 掘削のプロが世界を救う
  2. 家族や友人との絆
  3. やっぱり最後は感動します

感想・解説(ネタバレなし)

4.1

評価基準について

良かった点・気になった点

何度でも観たくなる映画。たくさん映画を観てきましたがやっぱりここに帰ってきたくなります。壮大なスケールと世界中を巻き込んだストーリー。宇宙映画でこれを超えるものはあるでしょうか。いやないです。

そのくらい好きな作品でもありますし、感動します。

最後のシーンは号泣しましたし、何度見ても良いシーン。世界を救った感をここまで出せる映画はそうないと思います。

まあ設定は多少無理やりな感じはありますが、そんな事はどうでもいい。むしろそのくらいの方がマイケル・ベイ監督らしいと言えます。彼の魅力が詰まっていましたし、なんでもかんでも爆破させるのは彼の真骨頂。

まず掘削のプロしか地球を救えないという設定はなかなか。他に適役いないのかよと思いますが、そんな事いってたら映画が始まりません。あくまでもこれは映画なので、細かい事は気にしないで下さい。

映画の序盤でみんなが集まるシーンも好きですし、ヒーローが集まった感じがして良い。割と訓練が長めですが、それぞれの個人的な背景も描かれており、人間の尊さを実感します。

ですがそんな事はさておき、とにかくスケールのでかく、爆破や宇宙でのシーンは見もの。観やすく作っているのも、これだけ愛される要因だと思います。

日本でも100億を超える興行収入があり、世界的にも大ヒット。やはり何か心を動かされる部分があるのだと確信しています。ついつい見入ってしまう…そんな映画になってると感じました。

そして欠かせないのはエアロスミスの主題歌。ま有名ですよね。途中流れるシーンもあるのですが、あのシーンは個人的に好きです。クッキーのシーンです。

何度YouTubeでこの曲を聞いた事か。もう英語の歌詞も大体は覚えました。そのくらい好きですし、この歌があったからこそ映画を好きになれたと言っても過言ではありません。

世界の人々が祈っていたり、家族で過ごしていたりと…まさに現実で起きても何ら不思議ではないですよね。もし小惑星が地球に追突しようとしていたら、誰かアルマゲドンのようにやってほしいです。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:マイケル・ベイ
  • 脚本:J・J・エイブラムス
  • 主題歌:エアロスミス「I Don’t Want to Miss a Thing」

キャスト

ハリー・スタンパー
ブルース・ウィルス
主人公
掘削のプロ
A・J・フロスト
ベン・アフレック
ハリーの部下
グレースの恋人
グレース・スタンパー
リヴ・タイラー
ハリーの娘
A・Jの恋人
チック”チャールズ・チャップル
ウィル・パットン
ハリーの右腕
ギャンブラー
ロックハウンド
スティーヴ・ブシェミ
天才
少しイカれてる
ジャイティス・カーリーン
マイケル・クラーク・ダンカン
黒人の男
不健康
オスカー・チョイ
オーウェン・ウィルソン
カウボーイの
マックス・レンナート
ケン・キャンベル
肥満体型
母が好き
フレディ・ヌーナン
クラーク・ブローリー
喧嘩っ早い
性格
ダン・トルーマン
ビリー・ボブ・ソーントン
NASAの
総指揮官
ロナルド・クインシー
ジェイソン・アイザックス
天才科学者
ウォルター・クラーク
クリス・エリス
トルーマンの
部下
ウィリアム・シャープ
ウィリアム・フィクナー
フリーダムの
機長
ジェニファー・ワッツ
ジェシカ・スティーン
フリーダムの
副操縦士
レヴ・アンドロボフ
ピーター・ストーメア
ロシアの
宇宙飛行士
観光客
松田聖子
観光客

キャストについて

主人公のハリーを演じたのはブルース・ウィルス。彼はアメリカの俳優で『ダイ・ハード』シリーズや『RED』『エクスペンダブルズ』シリーズなどに出演。もはや説明するまでもないです。

A・Jを演じたのはベン・アフレック。彼はアメリカの俳優で『バットマン』シリーズのバットマン役が有名。他にも『ゴーン・ガール』や『アルゴ』などにも出演しています。

ハリーの娘であるグレイスを演じたのはリヴ・タイラー。彼はアメリカの女優で『ロード・オブ・ザ・リング』などに出演しています。彼女は今作で主題歌を担当したエアロスミスのボーカル:スティーブン・タイラーの実の娘です。

2019年公開の『ジョーカー』の主人公ジョーカー役を演じたホアキン・フェニックスと付き合っていた過去も。

巨漢の黒人の男ジャイティスを演じたのはマイケル・クラーク・ダンカン。彼はアメリカの俳優で『グリーンマイル』が有名です。どっかで見たことあると思ったら、グリーン・マイルでした。

カウボーイの男オスカー・チョイを演じたのはオーウェン・ウィルソン。彼はアメリカの俳優で『ミッドナイト・イン・パリ』や『ワンダー 君は太陽』などに出演しています。

ロシアの宇宙飛行士を演じたピーター・ストーメアや、機長を演じたウィリアム・ファクナーはアメリカのドラマ「プリズンブレイク」で共演しています。

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる