Readmore...
プロフィール背景画像
ふぃるの画像
ふぃる
社会人として働きながら趣味の映画の感想や考察などを書いています。洋画や邦画など様々なジャンルの映画を見ます。

サイトで使用中のテーマ
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
おすすめの動画配信サービスまとめ!料金などを徹底解説

WOWOWドラマ『太陽は動かない-THE ECLIPSE-』内容やあらすじを解説!

WOWOW 公式Facebook

2021年公開予定の映画『太陽は動かない』に連動して、映画版とは全く違ったオリジナルストーリーをWOWOWで全6話配信。

WOWOWには加入していないけど、映画を楽しむ為に内容を知っておきたい人に向けてあらすじや内容等…

さらには映画版ドラマ版両方の見どころなどを解説したいと思います。

2020年8月9日(日)午後5時15分からドラマ全6話を一挙放送!第一話は無料で放送する予定です。

期間限定
Contents

『太陽は動かない』の概要

吉田修一さん原作の『太陽は動かない』の実写化。彼は『悪人』や『怒り』などの小説を書く人気小説家です。

そんな待望の実写化で主人公に抜擢されたのは『カイジ』『デスノート』などでおなじみ、何かと巻き込まれる俳優:藤原竜也

もう一人の主人公は、ドラマ『テセウスの船』や『名探偵ピカチュウ』などに出演する若手俳優:竹内涼真

二人の心臓に爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るサスペンスアクションです。

元々映画の公開日が2020年5月15日で、ドラマ版の初回放送が5月24日だったので、映画が公開してからドラマが放送されるといった流れでした。

しかし新型コロナウイルスの影響で映画の公開が延期になり、ドラマ版の方が映画より先に公開される事に。公開も2021年春に延期になりました。

通常だったらドラマ版から映画に繋がるストーリーなどで、視聴者を映画に誘導する流れが一般的です。

このやり方だと不満を持つ方がたくさん出てくる可能性があり、逆に映画を見る意欲がうせてしまう事だってあるかもしれません。

一応映画とドラマ版の繋がりは多少あるみたいですが、ドラマを見ていないから映画が楽しめないなんて事にはならないと思います。

映画の公開が延期になった事により、結果的にドラマ→映画に繋がる展開になっています。

全く別のオリジナルストーリーなのと、映画の方が先に公開する予定でしたので、むしろ二重に楽しめる良い事だらけだと感じます。

ドラマ版も凄く面白く、WOWOWの作るドラマは本格的で個人的にかなり好きです。

この後ストーリーについて解説していきますが民放などで放送してるドラマより断然面白いと思いますし、ドラマを見て映画。映画を見てからドラマを見るでも全然ありです。

私自身WOWOWに長年加入しており、映画やドラマといったコンテンツはもちろん、テニスや音楽など幅広く楽しめます。

もし気になっている方は、WOWOWに加入するメリットやデメリットなどをまとめた記事も書いていますので、是非そちらも読んでいただきたいです。

ドラマ版『太陽は動かない』概要

ここからは映画に先駆けて放送されている『太陽は動かない-THE ECLIPSE-』について解説していきたいと思います。

ドラマ版の方は映画とは違い、タイトルに副題が付いています。映画と混同しない為にあえてそうしたのかもしれません。

ちなみに副題の【ECLIPSE】と言うのは日本語で「日食・月食」といった…ある天体が他の天体によって姿が隠れる現象の事を指します。

他にもギリシャ語で「姿を消す」「力を失う」などの意味も。

今作のタイトル『太陽は動かない』に掛けての副題だと思われますが…

日食は太陽が月に覆われて見えなくなる現象。つまり太陽は主人公たちであり、影で活躍する彼らを表現しているのではないでしょうか。

まあだいぶ勝手な憶測ですが…そんな話はさておき、ドラマ版の方ストーリーを解説していきたいと思います。

第一話

ここからはネタバレになります

第一話のおおまかなストーリーは…

3年後に開催される国際都市博覧会の会場が何者かに爆破され、それを突き止める為にAN通信のエージェントの鷹野(藤原竜也)と、新人エージェントの田岡(竹内涼真)が暗躍。爆弾を解除するのですが…仕掛けられていた別の爆弾が爆発。さらには謎の中国企業や、死んだはずの人間までもが介入してきて…

見どころ
  • 緊迫した爆弾解除のシーン
  • 鷹野と田岡の出会い
  • 竹内涼真のシャワーシーン

爆弾を解除する二人のシーンは息を呑むような緊迫感が。さらには第一話という事で主人公の二人が初めて出会うシーンなどがあります。

映画版では最初から出会った状態で物語が始まるのか?それとも同じように出会いのシーンから始まるのかわかりませんが、一層早く映画が見たくなりました。

ここからはストーリーを解説していきます

初っ端から爆発した現場のシーンから始まります。東京消防庁の消防服を着た主人公の鷹野が爆発現場を彷徨っています。

この時の映像はドローンで撮影されており、空から全体が見え、なかなか面白い映像になっています。

爆発の原因を調べる為消防隊員になりすましそこで何かを拾います。それは爆弾の起爆装置の一部でした。

その事実を元副総理で政界のフィクサーである中尊寺(石橋蓮司)に報告。彼から首謀者を特定するよう依頼されます。

こうして物語はスタートしていきます。オープニングもどこかレトロな感じがしてかっこいいですよね。

爆破をテロと睨むNPO法人「みなと人権センター」の職員である落合(多部未華子)は中尊寺が爆破に関わっていると思い、自宅に向かいます。門前払いされますが。

都市博覧会の開催地として候補に挙がっていたのが、現在決まっている「西東京」と、中尊寺が推し進めていた「湾岸案」の二つ。

決まっていた「西東京」の建設予定地が爆破されれば、もう一つの候補地である「湾岸案」になり、中尊寺の思う壺。

実際に爆発が起きたことにより、爆発自体が中尊寺の策略だと思い込む落合。そして調べていく内に裏工作や情報の売買を行う組織がいる事を耳にします。

その名は【AN通信

アジアなどの各国でニュースを配信会社は表向き。裏では情報の売買などを行っています。

80年代にアジアのCNNを作るというGMN構想があり、アメリカはアメリカの放送局、ヨーロッパはヨーロッパの放送局。

そしてアジアのニュースは日本が集め、毎日それぞれ8時間放送するというものです。

ちなみにGMNは「Global Media Network」の略。CNNは1980年に世界で初めて作られた24時間放送されるニュース専門チャンネルです。

しかし昭和という時代が終わったことで、計画自体が消えてしまい、その時作られた企業名義の海外の隠し口座に莫大な国家予算が流れ、AN通信が作られました

アジアの各国で集めた情報を、大衆に向けて発信するのではなく、権力者のような人物に売買する方向に軌道修正されます。

今では世界を股にかけ活躍している諜報部隊…いわゆる産業スパイなのです。

そんな中尊寺とは18年前からの付き合いだそうです。18年前に何かあったのでしょうか?もしかしたらどこかで明かされるかもしれません。

暴力団の会長である佐々木という人物にあう鷹野。佐々木を裏切った密入国者のスパイにより、佐々木の身内に逮捕者が。

裏切り者の情報と引き換えに、爆発事故の首謀者を探ろうとします

その後鷹野の上司である風間と会話し、新人を付けられる事に。そこにエージェントの田岡(竹内涼真)がやってきます。

鷹野の車が建物に入ってく所を外から見ていた田岡ですが、鷹野にはバレていました。

そしてみどころの一つ?である竹内涼真のシャワーシーン…肉体美が素晴らしいです。

それはさておき、田岡が鷹野に「35歳で起爆装置が外され大金を貰って自由になれるって本当ですか?」と聞きます。

鷹野は「昔見たことがある。8年前に俺の目の前で爆発した」と。

その人物が後に物語の重大な鍵を握ります

中尊寺に会いにきた鷹野たちですが不在と言われ、中尊寺の部下である第一秘書の永島と話をします。

「西東京」と「湾岸案」を巡る争いは、中尊寺の息のかかった反社会勢力がガス漏れ事故を装い爆発したと。

しかし協力していた大手ゼネコンが情報漏洩を危惧し、爆発計画は凍結。そしてその計画が何者かに乗っ取られ実行されてしまいました

元々の首謀者である中尊寺に疑いがかかるのは時間の問題。中尊寺が疑われる前に首謀者を突き止めるのが今回のミッションだと。

永島と話しをしていく中で鷹野が「ゼネコンが怖気づくような情報を誰かが与えたとしたら」といった仮説を言います。そして爆破計画に対して反対だった永島を疑い始めます。

しかし裏切るなら18年前に裏切っていたと。またもや謎の過去が登場。早く明かしてほしいですね。

そして最初の爆破がダミーだと気づいた鷹野たちはメイン・パビリオンに爆弾を探しに向かいます。

今作の一番の見どころである爆弾解除。宙づりで解除している姿はミッション・インポッシブルのトム・クルーズを彷彿とさせます。

外にいた犯人らしき男が爆弾を起動させます。三分で爆発って…時間全然ねーじゃん。時間が経つにつれて緊張感が増していく展開。

あんだけコードがあるのにどれを切っていいかわかる田岡も凄いですが…

途中鷹野が「昔転校生と滝に行った」と発言していますが、おそらく映画で描かれる鷹野の高校時代の話に出てくる人物だと思われます。

こういった細かな所で映画と連動しているのでこだわりようが半端ないです。

そして爆弾の結び方に気づいた鷹野ですが…別の爆弾が爆発し、メインパビリオンがぶっ飛んでしまいます

犯人に爆弾解除の瞬間をカメラで捉えられており、謎の中国系企業が永島にその写真を渡します。。最後にはAN通信の山下(市原隼人)の姿も…

いや~面白いですね。長々と語っていましたが第一話は無料で放送されているので、楽しんでもらえればと思います。

第一話登場のキャスト

鷹野一彦(藤原竜也)

AN通信の優秀なエージェント。両親に捨てられ弟を亡くし孤独に生きている。

田岡亮一(竹内涼真)

AN通信の新人エージェント。かつて山下の元にいたが、鷹野の相棒となる。

風間武(佐藤浩市)

鷹野と田岡の上司。車いすで生活しており、かつて「GMN構想」を追っていた新聞記者だった過去も。記事には「死亡か!?」とも書かれていたので、非常に謎が多い人物。

中尊寺信孝(石橋蓮司)

元副総理にして政界のフィクサー。都市博覧会建設の「湾岸案」を推し進める人物でもあり、今回の爆破の首謀者でもあったが、何者かに乗っ取られた。

永島徹(吉田鋼太郎)

中尊寺の第一秘書。野心家で鷹野たちを敵視している。

周宇睿 (酒向芳)

謎の中国系企業の男。鷹野たちの写真を持っていたりと怪しい人物。

落合香(多部未華子)

NPO法人「みなと人権センター」の職員。中尊寺に固執しており、さらには風間との因縁も?

桐野研次郎 (柿澤勇人)

衆議院議員で元総理の息子。エリートで、中尊寺からは目の敵にされている。

期間限定

第二話

5月28日夜10時から放送。第二話のおおまかなストーリーは…

拉致された鷹野と田岡。香港で潜入しているエージェント山下も潜入先で疑われ…さらに胸の爆弾が軌道。5分以内に解除しないと爆発してしまう。二人は解除する事が出来るのか?さらには最後に鷹野の元相棒である桜井も登場。

見どころ
  • ボスとの会食シーン
  • 胸の爆弾の解除
  • フォークリフトとの対決
  • 桜井の登場

起爆装置の結び方を見ながら鷹野と田岡が会話をしています。こんな結び方をする人間を一人知っていると。そしてそれが8年前に死んだはずの鷹野の元相棒:桜井修であると…

場面は変わり、中国系企業の男と永島が会話。鷹野と田岡が写っている写真を見ながら、親しくしたいと申し出ます。怪しいな…

鷹野と田岡は、8年前に桜井が死んだ現場を訪れ、死んだ時の過去の映像がフラッシュバックします。桜井の腕が爆発によって取れており、ちょっとだけグロいシーンです

鷹野たちと中尊寺の第一秘書である永島と会う約束を取り付け、鷹野たちの上司である風間と中尊寺も会う約束をし、それぞれが話をしに行きます。

さらに元総理の息子である桐野と永島も会話をします。なんだか永島が動き始めましたね。だんだんと怪しくなる彼。

中尊寺の家に行く落合ですが、そこで車に乗っている風間に遭遇。何かある様子で、風間を尾行します。結局撒かれてしまいますが…

風間も落合に対してあの子か…と言っていたので、何か因縁があるのでしょう。

第一話でも少しだけ登場したAN通信のエージェントである山下(市原隼人)が登場。香港でマフィアのボスらしき男の元に潜入します

山下の情報によると今回の爆破の実行犯はフクモトという男。さらには中国の裏組織が送り込んだ人物であると。そしてその裏組織に情報提供者を得たので、ボスに会いに行く山下。

その後鷹野と田岡が駐車場で何者かに襲われます。あっけなくやられてしましますが、おそらく敵の情報を集める為にわざと捕まったのだと思います。

そして見どころの一つ。裏組織のボスと潜入した山下が食事をするシーン。まあ山下はシバタという偽名を使っていますが。

ボスは変声器みたいなものを使っており、おそらく声を知られない為だと思われます。かなり斬新ですが。

捕まった鷹野と田岡は、裏組織のボスと映像が繋がっており「山下を知っているか?」と聞かれます。

最初は楽しそうに食事をしていましたが、殺されそうになる山下。それに耐えきれない田岡。情報を教えれば山下の命だけは救うと言う拉致した奴ら。

AN通信なら胸に爆弾を埋めこんだ傷があると言い確かめます。

しかし服を開けると胸の傷がない!しかしその直前に耐え切れなくなって情報を言ってしまった田岡のせいでAN通信だとバレ、銃撃戦に。

さらにはその隙に拘束を解いた鷹野が拉致した奴らと戦い、フォークリフトに追いかけられます。顔に突き刺さりそうになるシーンがあったりなど、迫力あるシーンです。

その時鷹野と田岡の胸の爆弾が発動。5分以内に解除しないと爆発する仕組みです。

縛られている田岡の前に覆面をした謎の男がやってきて、胸の爆弾の解除コードを入力するように指示します。

なんとか解除に成功する田岡。しかし追いかけられている鷹野はまだ解除できていません。覆面の男を追いかけようとする鷹野ですが、まずは胸の爆弾を解除します。

なんとか逃げ切った山下ですが、田岡のせいで作戦が台無しになった事もあり「田岡を厄介払いして正解だった」と口にします。

ただ助けたかった田岡ですが、作戦を台無しにしてしまった後悔や、AN通信に対しての葛藤だったりをうまく表現していたと思います。

そして桜井の登場。覆面の男は桜井でした。なぜ助けたのかいろいろと疑問が残ります…

第二話登場のキャスト

桜井修(安藤政信)

8年前に死んだはずの鷹野の元相棒で、かつての鷹野の教育係。爆弾処理のプロ。

山下竜二(市原隼人)

AN通信のエージェント。香港に潜入しており、以前田岡と組んでいた。

期間限定

第三話

6月7日夜10時から放送。第三話のおおまかなストーリーは…

香港で山下が得た情報を元に、爆破事件の真相が明らかになっていきます。そんな中人権センターの職員である落合(多部未華子)が風間の家にやってきて、田岡と共に行動する事に。鷹野は一人フクモトを追いかけます。そしてようやくフクモトと再会を…

見どころ
  • 爆破事件の真相が明かされる
  • 落合の過去
  • 竹内涼真のシャワーシーン
  • 鷹野と桜井の再会

中国系企業の男と永島が電話をしています。フクモトに逃げられたと。フクモトと言うのは桜井の偽名です。

そして二人の仲も鷹野の上司である風間にバレており、中尊寺にも報告していると。現状維持で飼い殺しの状態になってしまい可哀想です。

そんな最中人権センターの職員である落合の携帯に、何者かから「18年前の件」というメッセージが。

場面は移り、風間宅で鷹野と風間が会話をしています。今回の爆破事件の真の目的は、都市博誘致ではなく、カジノ利権が絡んだ出来事だったのです。

カジノ誘致候補として挙がっていた「湾岸案」ですが、土壇場になって都市博開催地が西東京に決まってしまいます。

それを阻止するためにリスクを背負ってまで湾岸案に戻そうとしていたのです。その計画をカジノ利権に絡んでいた中国企業に乗っ取られ、今回の爆破事件が起こりました

鷹野と田岡が爆弾処理をしている場面の写真を撮影したのはフクモト。つまり桜井です。彼が爆発を実行し、中尊寺たちに事態の処理をさせます。

それは囮で…第二の現場を爆発しそのすべてをAN通信の仕業に仕立て上げようとしていました

それがフクモトのミッションでしたが、なぜか中国企業を裏切り、覆面の男たちに紛れ込み鷹野と田岡を助けました。

そのせいもあり中国企業は今回の顛末をすべてフクモトになすりつけようと。彼は死んでいる男なのですから。

この件はこれで終わりと言う風間に対して、いたたまれない感情に苛まれる鷹野。桜井は鷹野の師匠でもあり、共に戦った仲間なのです。

場面は変わり、めちゃくちゃ食う鷹野。若干揉める鷹野と田岡。一人でフクモトを探しに行く鷹野。桜井との日々を思い出し感傷に浸っています。

そんな中例の中国企業の手下たちに捕まるフクモト。

田岡は裸でずぶ濡れになる夢を見ます。一体なんなのでしょうか。過去の記憶なのかもしれません。そしてシャワーシーン。

何回竹内涼真のシャワーシーンやるんだよ。

経団連の総会パーティに顔を出せと言われる中尊寺の第二秘書。徐々に見切りを付けられていく可哀想な永島。

そんな彼は政界のプリンスである桐野と話をします。カジノ利権の発案は桐野の父親である元総理大臣だと。そしていまだに父のおかげでカジノ利権の情報が入ってくると

どうやら桐野には永島の行動がバレている様子。桐野はこれからは良い顔をするのはやめると。そう言って立ち去ります。

そして風間宅に入ってきた落合を捕える田岡。車中で18年前の出来事について話をします。

18年前医療従事者としてイラク戦争にボランティアで単身乗り込み、武装勢力に拉致されました。彼らの目的は自衛隊の撤退です。

その時対応に当たっていたのが中尊寺。部下の永島も落合親子を励ましていました。

しかし中尊寺が「自業自得」と言っている場面を目撃してしまい、父は見捨てられ、二人には周りから酷いバッシングを受けました。

石が投げられたりと酷い有様。精神を患い自殺を図ろうとします。しかし寸前の所で風間に助けられます。

彼は「ただ一日だけ生きてみなさい。そうして一日が過ぎたら次の一日を試してみなさい。生きてみなさい」と。

そして「家に帰りなさい。父が待ってる」と言います。

家に帰ると父の遺骨が。風間が置いていったのです。しかし風間は死亡していると世間からは思われており、今になってようやく彼がAN通信の人間だと知ります

あの時救われたことを凄く感謝しており命の恩人だと。風間と使用人の女性が外でお茶しています。落合にメールを送ったのは風間でした。田岡と落合を引き合わせる為に。

そして捕まっているフクモトを助ける鷹野。なんとか逃げ切った二人は会話をします。久しぶりの再会ですが、いずれ鷹野に桜井殺害の命令を下さなければならない時が来ると風間が。

今回はアクションシーンはなかったです。物語の中間点という事もあったのでしょう。謎が解明されるシーンが多く、落ち着いた展開でした。

期間限定

第四話

6月14日夜10時から放送。第四話の大まかなストーリーは…

久しぶりに再会した鷹野と桜井。二人の出逢いから今に至るまでを回想で振り返ります。鷹野と桜井は別れを告げるのですが、その直後桜井が何者かに攫われます。中国企業は桜井を消す為にチーヨウという謎の刺客を日本に向かわせます。

見どころ
  • 2980円の腕時計
  • いきなり藤原竜也
  • チーヨウの登場

今回はいきなり過去の話から始まります。14年前の南蘭島という島にいた鷹野ですが、正式なエージェントになる為に桜井のもとに。これが二人の出逢いです

若い鷹野を演じているのは藤原竜也ではなく俳優の日向亘彼は映画版でも藤原竜也の青年期を演じています

二人で服を買いにいくのですが、桜井が「建物に入る前に誰がいた?」と以前鷹野が田岡に聞いたこと同じことを言います。

他にも食事のマナーや、誰も見てない所では汚い食い方をするなど、桜井の影響を多く受けている鷹野。まるで本物の兄弟みたいです。

ショッピングモールに行く二人。「そこにいる女性の保育士にプレゼントするつもりでなんか買ってこい」と言う桜井。鷹野が買ってきたのが…

まさかの2980円の腕時計。しかも機能性重視の普通の腕時計。

あれはさすがに笑いましたね。相手がどう思うかが大切と言う桜井。

発電所に爆弾を設置する二人。爆弾はアートであり、美しくないといけないと。これは一話の爆弾解除のシーンにも繋がってきますね。

爆弾の配線の結び方。ダミーは水引本命は結びきり。ここでもあの時と同じ結び方をしています。これが桜井の特徴です。

そんなこんなで訓練をしながら月日は経ち…青年期の俳優がいきなり藤原竜也になります。いきなり成長しすぎじゃね?と感じましたが、そこは多めに見ましょう。

訓練中に以前買った腕時計が出てきます。記念にとその腕時計を付ける桜井。あの腕時計にはこんなエピソードがあったんですね。

桜井が鷹野に「これが俺の最後の仕事」と言います。いつもいるロッカーの前で佇む桜井。

実は彼はそのロッカーに捨てられていたのです

桜井は「お前の笑った顔は一度も見たことはないぞ」と。確かに彼は笑わないです。そして家をおまえにやると言い残して去っていく桜井。

その後桜井と連絡がとれなくなる鷹野。例の桜井が爆発した建物に急行します。この後の展開は以前回想シーンでもやった通り、桜井の胸の爆弾が爆発し腕が取れ…

思い出の腕時計を大事にとっておく鷹野でしたが…桜井は胸の爆弾を液体窒素で部分的に凍らせて、一気に回路を焼き切りました

そのおかげで胸の爆弾が爆発しないようになったのです。35歳で胸のチップが取れるのは嘘であり、いつまでも組織が監視し続けます。

場面は変わり、田岡と人権センターの職員である落合がどこかで会話をしています。以前雨の中で裸になり叫んでいた夢を見ていましたが…

あれは子供の頃の田岡が、母親の男にシャワーを浴びせられ真冬のベランダに放り出された過去を描写している夢でした。

誰も助けてくれず、母親は男に抱かれており田岡は意識を失って死にかけました。体中に殴られた痕があり、痩せこけ、施設ではしゃべれなくなっていました。

そんな中上司である風間がやってきて田岡にこう言います。「お前は生きてていいんだ」と。

彼は初めて自分が生まれてきた事を肯定してもらった気分になり、すごく嬉しかったそうです。

落合は「どうして自分に話してくれたの?」と言います。田岡は「同じ匂いがした」と。これは以前落合が田岡に言ったセリフと同じです。

場面は鷹野と桜井の方に。桜井はこの計画を鷹野が来た時から考えていたと。そんな話をしていると先程のチンピラが追ってきて銃撃戦が始まります。

敵は鷹野と桜井がいると思い込んでいますが、実際は爆竹でごまかして逃走していました。敵のボス的な?やつを倒す鷹野と桜井。

桜井と別れる鷹野。もう二度と俺の前に現れないでくださいと鷹野が言います。そして桜井は「たまには笑えよ」と。いいシーンですね。

その直後桜井が何者かに攫われます。どうやら中国の工作員の仕業ではないようです。あの片言の中国人も必死に探してる様子。香港にいた声を変な機械で変えている男に連絡をします。

フクモト(桜井)が生きていると中尊寺にとってもリスクがありますし、中国勢力もフクモトの存在を公にしては都合が悪いのです。爆破事件を彼のせいに仕立てあげていたから

声を変な機械で帰る男が「チーヨウ」という謎の殺し屋に「日本に行け!」と命令をします。どうやらこの男が鷹野たちの前に立ちはだかる最強の敵らしいです。

例のコインロッカーの前にいる鷹野。撤去されるという貼り紙が。悲しいですね。

その頃政界のプリンスと言われている桐野が「予定通りでお願いします」という謎の電話を誰かとしています。そして桜井を拉致した人物とは…

今回も目立ったアクションシーンはなく、鷹野と桜井の過去を描いた展開でした。

期間限定

第五話

6月21日夜10時から放送。第5話の大まかなストーリーは…

拉致された桜井を探す鷹野や中国勢力。桜井は米軍に拉致されており、湾岸案を横浜にする為メモリアルタワーを爆破しようと計画。その爆破を桜井が担当することに。果たしてどうなるのか…

見どころ
  • チーヨウの無双ぶり
  • 永島の裏切り
  • 硬いラーメンを食べる桜井

日本に送り込まれた殺し屋チーヨウ。凄腕の殺し屋みたいですが、存在は公にされておらず噂だけが広まっています。

とある場所にやってきた彼は身体検査をされ至る所から武器が出てきます。そんなに体に仕舞えるかといわんばかりに大量の武器が。

依頼主からフクモト(桜井)を殺すように命令されます

一方桜井を拉致された鷹野は居場所を突き止めようとします。そして横浜の高架下で車を発見しますが、乗り捨てられていました。

そこに誰かがやってきて車を処理しようとします。その人物を辿るとヤクザの事務所に辿りつきます。

ヤクザの事務所についた鷹野は情報を交換するように提案。しかし話す事はできないと言い鷹野に銃を向けるチンピラたち。

一体フクモトはどこに?日本に巨大な組織があるのか?そしてそれは米軍補給基地。なんとアメリカが絡んでいたのです。

中尊寺が中国勢力と組んだから恨みを買ったのか?謎は深まるばかり。そして今度はあの殺し屋チーヨウが事務所に。

チンピラたちを皆殺しに。描写がリアルでちょっと怖い映像です。部屋にいた奴らも皆殺し。さっきの組長らしき人物を脅します。

議員事務所では酒浸りで文句を言っている永島が。中尊寺から飼い殺しにされており可哀想です。その永島が18年前のイラク戦争で落合の父が拉致された件をしゃべり始めます。

必死に救出しようと動いていた永島ですが、なんと中尊寺がそれを邪魔していたとのこと。中尊寺は忖度していたのです。いつまでもだらだらと文句を言っています。

そして今回も竹内涼真のシャワーシーン。どんだけ竹内涼真を推してくるんだ。それにしてもいい肉体美です。

報道番組に出る中尊寺と桐野。「お前はまだ早い」と言われる桐野。それに対し桐野も「早く引退してください」と。

そして米軍から出てきた車。桜井とソフトバンクのCMでお馴染みの黒人の方が一緒にどこかへ行こうと。

アメリカは中尊寺を見限りその代わりに桐野を使おうとします。都市博の候補地とし湾岸案の他に横浜案もあったそうです。

その横浜案にしようと、現在進められている湾岸案の会場の爆破を計画。その爆破の実行を任されたのが桜井という訳です。

そして中尊寺失脚の為に桐野に協力したのが永島です。まだ牙が残っていました。中尊寺の不正の証拠を桐野に渡します。

怪しい車を追う鷹野。必死にまこうとするアメリカ軍。しかしトラックに邪魔されて見失います。彼らは一体どこに行ったのか?

それは現在道は出来ているが供用されていない湾岸方面へ抜けるトンネルでした。

都市博会場のメモリアルタワーを爆破しようと計画。さらに土壌汚染を仕掛け、中尊寺を失脚させようと計画します。

桜井達を追いかける鷹野。メモリアルタワーから帰る米軍をチーヨウが襲います。車は爆発。桜井の写真を燃やし桜井の元へ向かいます。

そして鷹野は今回の事件の証拠をすべて消すように風間に指示されます。すなわち桜井を消せという事です。現場に向かう鷹野。

久しぶりに事務所にやってきた落合。そこには誰かが…。現場に向かう田岡。愛人の元に向かう永島。永島に貰った中尊寺の不正の証拠を確認する桐野。

硬いラーメンを食べる桜井。再会した二人は一体どうなるのか…次回いよいよ最終話です。予告にもありましたが衝撃の展開が。

期間限定

最終話

6月28日夜10時放送。最終話の大まかなストーリーは…

爆弾をセットした桜井に会いに行く鷹野。そこに殺し屋のチーヨウがやってきて戦いに。しかも爆弾はすでに起動されてる。果たしてチーヨウを倒し、爆弾を解除する事が出来るのか…

見どころ
  • 爆弾解除
  • ドラム缶
  • チーヨウとの決戦

ついに最終決戦!桜井と鷹野が対面します。カップラーメンを食べる桜井ですが、そこにあの殺し屋チーヨウがやってきます。怖いですね~

コツコツと聞こえる足音。最強の敵が近づいてきます。銃をぶっ放すチーヨウはマジでやばいです。鷹野と桜井は二人で彼を追い詰めようとしますが…

鷹野が撃たれそうになったのを助けた桜井が負傷。そこに田岡がやってきて応戦します。三人がかりでもかなりしんどいですが、何とか電流を浴びせ…

固まってないコンクリートの中に沈みます。さすがにこれは倒した?

負傷した桜井ですが、彼がこの世界に戻ってきた理由。それは…

自分の生まれた場所がなくなってしまう事を知り、それを見たかったからです。

コインロッカーに捨てられていた桜井。

海外にいた彼は日本に戻ってくる為に米軍の仕事を請け負い、守ってもらおうとしました。AN通信を裏切った桜井が日本にいるとなると組織が黙ってないからです。

しかしすでに爆弾を仕掛け終えていた桜井。一体どうなるのか…

場面は変わり、桐野が永島から貰ったデータをパソコンでチェックしています。そこにAN通信の風間がやってきて、桜井を匿っていたのが米軍補給基地だと告げます。

しかし桐野は知らないふりをします。

桐野は理想を語ります。アメリカにしっぽをふるつもりは微塵もないという事を。中国の参加が決定しているカジノ誘致。次第に韓国、ロシアを巻き込み拠点を拡大するつもりだと。

アメリカ一国に支配させない政治的干渉地帯にしたいと。日本が各国に利権を配るディーラーになると語ります。そして日本を再び大国にのし上げる事になると

会話を終え帰る風間。再びパソコンを開き永島に貰った極秘情報を確認しようとする桐野。しかしデータがすべて消えていました。

誰かこなかったか?と聞く永島。実は風間は会話をしながら桐野のデータを遠隔操作で抜き取ったのです。怒り狂う永島。二人の野望はついえたのです。

そしてコンクリートに沈んでいたチーヨウが復活。まじかよ。ガスバーナーを両手に持って襲ってきます。対峙する鷹野と田岡。鉄パイプや鉄筋が積んである台を倒しチーヨウに突き刺します。

ちょっとグロいシーンです。

体に鉄筋が刺さってもなお不敵な笑みを浮かべるチーヨウ。そのままガラスを突きやぶり落下。やっと倒す事に成功しました。

それにしても結構あっけなくやられた感は否めない気がしますが

負傷し自分の生まれた場所に行く桜井。起動している爆弾を解除する為に鷹野と田岡が奮闘します。第一話ぶりの爆弾解除です。コンクリートに映し出されるカウントダウン。

カウントダウンと共に桜井の映像も流れます。どうやら女性と仲良くしてる映像みたいです。先程桜井が言っていたマニラで出会った女性なのか?そこまではわかりませんが。

爆弾を解除していく中で、コードが二つあることに気づきます。どちらを解除するか迷う鷹野。両方とも結びきりなのでどっちを切ったらいいのか?

そして鷹野は裏の配線を切ります。すると…無事に爆弾が解除されました。安堵する二人。田岡になぜ裏の配線を切ったか聞かれる鷹野。すると彼は…

今日は緑の気分なんだよ

裏の配線の板は緑色。桜井が食べていたカップラーメンの色はでした。いつもは赤を食べる桜井ですが、それをヒントに無事爆弾を解除する事ができました。

コインロッカーにやってくる桜井。その場所を見ながら倒れこみます。おそらくもう彼は助からないでしょう。

中尊寺の依頼である「爆破計画の情報を抹消」することに成功した風間。そして目論見の失敗した中国企業の男は桐野を脅します。そこになんと鷹野がやってきます。

鷹野は中尊寺が企てた西東京案にする為の爆破計画のデータを持参。桐野に情報を売ろうとします。これがあれば桐野は殺されずに済みます。情報量は高額ですが…

中尊寺と風間が電話で会話。桐野がデータを持っていると…。風間は知らぬ存ぜぬで「狙われている桐野を守ってあげるのはどうですか?」と提案します。

アメリカ側の怒りを収められるのは中尊寺しかいないと発言。その代わりデータを桐野から貰う事で、取引し手を組むように仕向けます。

そしてその交渉をAN通信が引き受けると。まじで恐ろしいですね。桐野からも中尊寺からも金を巻き上げる…まさに一石二鳥です。

そして衝撃的なニュースが流れてきます。それは人権センターの職員である落合が富士の樹海で遺体で発見されたと。一体どういう事なの?

中尊寺の秘書から電話が掛かてくる永島。埠頭あたりに向かうとそこには…中国企業の男が。横にはコンクリートとドラム缶が…まじで怖いからやめてくれ。

場面は変わり、風間に話しかけたのは何と…死んだはずの落合でした

死は偽造されていたのです。

落合は「エージェント同士の恋愛はよくないでしょ」と田岡に言います。彼女はAN通信に所属し風間の秘書として生きていくことに決めたのです。

桐野と中尊寺が報道番組に出演。それに文句を言っている田岡。食い方が汚い田岡に「食事のマナーを教えてやる」と鷹野が言います。

桜井が生まれたコインロッカーの前に佇む鷹野。その中に桜井に貰った腕時計を置き「ロマンチックじゃないですか」と一言。こうして物語は幕を閉じます。

その後エージェントである山下の消息が絶った…との事で、ブルガリアに行けと命令が。映画に繋がる展開ですね。マンションに向かう鷹野ですが…

エンディング映像ではマンションで戦う山下と鷹野が映っています。この映像は新しい映像なのか?それとも映画の映像の一部なのか?答えは劇場で確かめることにしましょう。

期間限定

関連記事

コメント

コメントする

Contents
閉じる